2007年6月23日土曜日

2007チャレンジ富士五湖 (100km)



2007年4月29日 100kmの部

2度目のウルトラマラソンは、4月29日富士五湖が舞台でした。
今回は、走遊会の方の山中湖の貸別荘でお世話になり、スタート当日を迎えました。 朝3時に起きて、4時半に会場に到着、5時にスタートしました。氷点下近く寒かったですが、その分、富士山は綺麗に見えて写真をとりながらのスタートでした。

前半は無理をしないように走りましたが、その分、思うようにスピードに乗れずスローな展開、山中湖を周ってペースが若干上がりましたが、この頃から暑くなり出して、またペースを抑えることに。河口湖に入って、車も人通りもにぎやかになり、声援も大きくなってきました。そろそろ足の動きが鈍くなってきたのを感じはじめました。

50kmの中間地点6時間25分で通過、初ウルトラより5分ほど早いタイムでした。しかし、今回は制限時間は14時間、後半の落ち込みを考えるともう一踏ん張りが必要と感じながら、つかの間の休憩をしました。

今回は、走遊会の方の応援が所々であり、大きな励みになり、50km以降も、足取りは鈍くなったものの着実に走れています。3つ目の西湖、4つ目の精進湖を通過し、このあたりから折り返しのランナーと頻繁にすれ違いはじめました。かなり後方の順位ということが分かり少々焦り気味の中、折返し(兼関門閉鎖)の本栖湖68.3kmに近づいてきました。

関門閉鎖の時間をチェックしていなかったのですが、ここは14:30、時計を見たら残り2分少々ギリギリセーフでした。 (ここの関門だけ厳しかったようで、まだまだ元気という人も関門閉鎖でリタイアした人が多かったです。)

命拾いしたという反面、次の関門は駄目ではないかという気持ちもあり、70kmからの数キロはとてもきつく、ここで何度か歩いてしまいました。しかし、携帯で走遊会の方から次の関門の80kmまではまだまだ余裕があるので頑張ってとのメールが入り、再び元気を取り戻してペースが上がってきました。

80kmの関門を通過し、ゆっくりながら走り続けています。しかし、92.7kmの最終関門の18:20はとても微妙に、耐えながら走っていきましたが、徐々に歩くようなスピードに、さらには河口湖からの上り坂が追い討ちをかける状態に、無情にも時間は18:20を過ぎてしまいました。今まで動いていた足も、完走できないと分かると全く動かなくなってしまいました。今回の挑戦は92.7km「ビジネスホテル登り坂」の前で終わりました。 (珍しい名前ですが、本当に登り坂に苦しめられました。)

今回は、前回のウルトラよりも内容としてはよくなっているので、結果は出ませんでしたが、ある程度満足しています。鍛え直してまた、いつか再挑戦したいと思います。







0 件のコメント:

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)