2008年4月29日火曜日

2008とくしまマラソン(その1)

2008年4月27日 フルマラソン

週末は、第1回とくしまマラソンに参加してきました。

・2週連続でフルマラソンを走ること
・徳島県に行くこと
・とくしまマラソンの開催
今回は、初めてづくしで、どのようになるか楽しみでした。

まず、レースの話から
スタート地点は、徳島駅から歩いて5分の徳島中央公園で、受付も前日・当日と駅近くの市立体育館で非常に便利でした。







先週4時間1分で、今週は自己ベストと意気込んでいたのですが、火曜日あたりから喉が痛く、軽い風邪の症状、当日はたいしたことはないのですが鼻水・咳が出る状態でした。

天気は晴れ、しかし朝から強風が吹きつけていました。
朝9時、初の大会でランナーも、関係者もワクワク感が伝わってくる中、スタートしました。コースは徳島市内の中心を流れる吉野川沿いを走るコースで、スタートして間もなく吉野川大橋を渡るのですが、荒川や多摩川以上の川幅で、スケールの大きさに驚かされます。

普段と同じペースで走っているつもりが、10km過ぎから多くのランナーに抜かされ、スピードが上がらず、足が思うように動いていないのを実感しました。ここからは、記録をあきらめ、完走目標に切り替えました。

川沿いのコースですが、応援は絶えることなく、エイドもそば米粉汁、フィッシュかつ、ミニトマト、梅干など徳島名物を食べることができ、とても充実していました。阿波踊りの応援(ランナーもいました)も、いくつかの場所で見られました。

またゲストランナーが豪華で(弘山選手、増田さん、金さん、市橋さん)とハイタッチすることもできました。

後半は、給水・給食後に咳が止まらなくなるなど、かなり苦しく、足もウルトラマラソンの後半を走ってるのではないかと思うほど重く、大変でしたが、何とか4時間37分でゴールしました。

ゴール後も、荷物の受け渡し、駅までのシャトルバスもスムーズで、うどんのサービスなどもあり、第1回の大会でしたが運営・サポートは素晴らしかったです。



コースは記録を狙うには、風が強く、暑く、単調で厳しいかもしれませんが、制限時間7時間で、初マラソンを走る人にとってはとてもいい大会だと思いました。(初マラソンの人は若葉マークをゼッケンに貼る仕組みになっていました。)

参加賞・完走賞:Tシャツ、ハンカチ、藍染、うちわ、わかめ、すだち(2個)、マンマローザ(菓子)、アミノバリュー、うどんサービス、はずれなしお楽しみ抽選会あり 
つづく

0 件のコメント:

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)