2012年9月23日日曜日

2012信越五岳トレイルランニングレース(その3)

つづきです。

2A(23.9km地点)を過ぎると、再び、緩やかではありますが、上り坂が始まりました。ボディーブローのように、徐々に足に来始めます。気温も10時近くなり、上昇してきました。

それでも、変化に富んだ景色で、気持ちを紛らしながら、時折、一匹の蜂に何十メートルもまとわりつかれながら、登って行きました。
(昨年は、序盤で、蜂の大群に遭遇して、蜂に刺された人が多数発生したようですが、今年はそのようなトラブルはありませんでした)


30キロ地点を4時間42分で通過、この10キロは1時間57分、上り坂が続きましたが、2時間を切ってここも貯金ができました。


30キロを過ぎると、緩やかな下り坂が続きます。今、思うと、ここが最後の天国ポイント、まだ日陰なので、それほど暑くなく、心地よさを感じながら下っていきました。

ただ、このあたりで、通常のトレイルランの大会の距離、足にも相当負担がきて、スタート時のようなスムーズな走りはできていないなと感じました。

しばらくすると、妙高高原の街中へ、このコースの中で、一番標高の低いポイントにきました。長閑な風景ですが、良すぎる天気に、体力がどんどん消耗していくのを感じました。


第3エイドが近づいて、自動販売機を発見、この先、どこで遭遇するか分からないので、お口直しに、冷たいお茶を購入しました。

ほどなくして、第3エイド(3A)38.5km地点に到着、スタートから5時間52分、午前11時半近くで、暑さが増してきました。ランナーの会話を聞くと、例年より時間がかかっているという人が多く、コンディションはいつもより厳しいようです。


ここでも、エイドの食べ物は食べられるだけ食べて、名物冷やしトマトも丸ごと1個食べて、ハイドレーションに水も十分に補給して、次のエイド(第1関門制限時間10時間)に備えました。


3Aを離れると、関川沿いに上流に向かう砂利道が続きます。わずかな上り坂ですが、日差しを遮るものがなく、暑さが身にしみます。ここで、ほとんどの人が歩きはじめています。40km地点は6時間21分、この10kmは1時間41分で通過しました。


失速している人が続出する中、多少歩きつつ、走っていたら、徐々に順位が上がっていきました。この夏は、奥武蔵ウルトラ、北海道マラソンなど、暑いレースを経験していたので、たまに、川沿いから冷たい風が吹くのも感じて、遅いながらも踏ん張ることができました。


この暑いゾーンでは、途中、かぶり水や、私設エイド(冷やしみそ汁)、キャンプ場の水道があり、そこで頭を冷やして、生き返った気分で、前へと進みました。


長かった川沿いの道が終わり、再び、山の道に入りました。上り坂ではありますが、木陰になり気温が下がり一息つける感じです。



スタート時の元気はなくなりましたが、それでも、何とか上って、下って、途中の沢の水で、頭を冷やしたりして、50km地点を通過しました。8時間10分、この10kmは1時間46分、ここも2時間以内で、今のところ完走に向けた貯金が溜まってきています。


ほどなくして、黒姫高原の第4エイド(4A)第1関門に到着しました。8時間22分で、10時間の制限時間からは1時間38分余裕をもっていますが、体力的には、すでにいっぱいいっぱい、まだ残り半分以上もあると思うと、気が重くなってきました。


つづく

0 件のコメント:

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)