2013年12月12日木曜日

2013青島太平洋マラソン (その1)


2013年12月8日(日) フルマラソン

先週の那覇に続いて、二週連続のフルマラソン。
今年も締めは、宮崎・青島太平洋マラソンでした。

2004年に出場して以来、今年で8回目となります。

マイル予約のため、土曜日の夕方便しかとれず、7日(土)の夜に宮崎入りしました。

宮崎空港は、電車が乗り入れているので、市街地まで10分ほどでいけます。



この日は、南宮崎駅で降りて、マラソンコースの橘橋、橘通 と数十分歩いて市内散策しました。


宮崎市役所前では、イルミネーションが綺麗でした。




そして、ここ数年、フルを走る前に食べるのが、定番となってきた、お菓子の日高のなんじゃこら大福を購入。



夕食は、宮崎名物きっちょううどんを食べました。


そういえば、似顔絵の人は、当日ゲストランナーで登場しました。
2004年から宮崎に来ているので、、たけし軍団、宮崎県知事、衆議院議員と、毎年、毎年、かなり波乱万丈の道を歩んでおられると実感します。



ランナーで賑わう繁華街を通りながら、ホテルにチェックインしました。



2013年12月8日(日) 大会当日

一週間前の那覇とは違い、南国宮崎は寒い朝を迎えました。

夜明け前に朝食を済ませ、マラソンバスで出発、7時半ごろ、会場のサンマリンスタジアムに到着しました。


もう、8回目、新コースになって5回目なので、スタートまでのルーティンが決まっていて、気負いなく望めそうな雰囲気になります。





開会式を少し見学した後は、前日買ったなんじゃこら大福を食べてレースに備えました。
(高カロリーそうなので、フルマラソン走らないと消費できそうにありません)


そして、快晴、微風絶好のコンディションの中、午前9時レースがスタートしました。


青島太平洋マラソンの相性は、抜群によく、今までフルマラソンの自己ベスト更新は9回、そのうち5回がこの大会で出しています。自己ベストを更新できなかった2回も、その年のシーズンベストを出しており、失敗レースがありません。
(長野マラソンは12回参加していますが、1度も自己ベストを出したことがありません。)

一方、2週連続フルマラソンは、過去3回


さすがに疲労の蓄積があり、3回とも、2レース目の方が記録が悪いという結果で、今回は、NAHAマラソンは、ファンランに徹して、疲労を蓄積させない形で、宮崎に向かいました。

果たして、どちらのジンクスが破れるか、大きな期待と少しの不安の中、スタートしていきました。




つづく

0 件のコメント:

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)