2015年10月26日月曜日

2015福岡国際マラソン 招待選手、Aグループ選手 (世界記録保持者キメット選手、川内選手出場) 

リオ五輪選考会の福岡国際マラソンの招待選手が発表されました。
川内優輝選手、小林光二選手、外丸和輝選手 等が出場。
今回は、2時間6分30秒以内で走らない限り、選考会は1回目の成績が対象です。
有力選手は、東京、びわ湖に多数参戦が予定されているので、リオ五輪代表になるには、日本人トップかつ2時間7分台の記録が必要になってきそうです。

海外招待選手では、キメット選手、マカウ選手の新旧世界記録保持者など、2時間2分台から4分台が4人、豪華なメンバーが揃いました。

第69回福岡国際マラソン選手権大会
兼 第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)代表選手選考競技会
兼 第99回日本陸上競技選手権大会 男子マラソン
http://www.fukuoka-marathon.com/index.html

海外招待選手
No.1 デニス・キメット (ケニア)2:02:57
No.2 パトリック・マカウ (ケニア)2:03:38 
No.3 ゲドゥ・フェレケ(エチオピア)2:04:50
No.4 バーナード・コエチ(ケニア)2:04:53
No.5 サムエル・ツェガエ(エリトリア)2:07:28
No.6 アマヌエル・メセル(エリトリア)2:08:17
No.7 セルゲイ・レビッド(ウクライナ)2:08:32
No.8 カットバード・ニャサンゴ(ジンバブエ)2:09:52
No.9 パウロ・パウラ(ブラジル)2:10:23

No.10 ディラン・ワイクス(カナダ)2:10:47

国内招待選手
No.21 
マーティン・マサシ(スズキ浜松AC/ケニア)2:07:16 
No.22 セルオド・バトオチル (NTN/モンゴル)2:08:50
No.23 小林 光二(SUBARU) 2:08:51 欠場
No.24 ジョセフ・ギタウ(JFEスチール)2:06:58欠場
No.25 川内 優輝(埼玉県庁)2:08:14
<福岡国際>
 2013年 2:09:05 3位
 2012年 2:10:29 6位
 2011年 2:09:57 3位

No.26 ガンドゥ・ベンジャミン(モンテローザ)2:09:18 欠場
No.27 高田 千春 (JR東日本)2:10:03
No.28 門田 浩樹(カネボウ)2:10:46

No.29 外丸 和輝(トヨタ自動車)2:11:25
No.30 大塚 良軌(愛知製鋼)2:11:40

海外一般参加
51 クリストファー・トンプソン (イギリス)
52 ユーリ・チェチュン (ロシア)
53 ドミトリー・サフロノフ (ロシア)
54 ホセ・アマド・ガルシア (グアテマラ)
55 ジョナサン・ピータース (オーストラリア)
56 デビッド・カーバー (モーリシャス)
57 ルイス・フェイテイラ (ポルトガル)
58 ソウ ルイヨン (シンガポール)
59 スティーブン・ディンニーン (オーストラリア)

国内一般参加 (Aグループ)

61 佐々木 悟 (旭化成) 2:09:47
62 白石 賢一 (旭化成) 2:10:36
63 松尾 良一 (旭化成) 2:12:11
64 伊藤 太賀 (スズキ浜松AC) 2:11:15
65 山口 祥太 (富士通) 2:13:13
66 原田  誠 (JR東日本) 2:14:40
67 林  昌史 (ヤクルト) 2:09:55
68 筱嵜 昌道 (日立物流) 2:16:15
69 山本 安志 (スズキ浜松AC) 2:15:15
70 岩﨑 喬也 (DeNA)
71 宮田  越 (埼玉陸協)
72 牧野 冴希 (DNPL駅伝部)
73 園田  隼 (黒崎播磨)
74 福田 将治 (東ソー)
75 長谷川清勝 (JR東日本)
76 森 貴樹 (流通経済大学クラブ)
77 和田 壮平 (徳島市陸協)
78 岩山 海渡 (茨城陸協)
79 風見  尚 (愛知陸協)
80 平井  幹 (京都大)
81 利根川裕雄 (アルプスツール)
82 横山 裕樹 (京都大学)
83 岡野 祥大 (山口県庁)
84 川内 鴻輝 (モンテローザ)
85 門出 康孝 (TEAM ITO)
86 石井 健一 (能生陸上クラブ)
87 樽木 将吾 (小田原市役所)
88 前田 洋輔 (パナソニックES)
89 矢島 久樹 (能生陸上クラブ)
90 粟田 貴明 (GRlab)
91 片山 弘之 (徳島市陸協)
92 藤野 浩一 (ヤンボーSC)
93 行場 竹彦 (鳩印G&T川崎)
94 上野裕一郎 (DeNA) 2:22:34
95 岩橋 俊幸 (和歌山RC)
96 東  徹 (大和走友会)
97 土橋 晋也 (北海道大学)
98 磯村 俊祐 (東ソー)
99 兼重 仁彦 (宇部市陸協)
100 中村 高洋 (京セラ鹿児島)
101 森本 幸司 (GGRC熊本)
102 田代 一晃 (南薩東京社)
103 東本 裕斗 (JA三重中央)
104 三輪 真之 (stylish)
105 齋藤 拓也 (小田原NR)
106 藤永 紘基 (三菱重工名古屋)
107 平垣内章久 (呉市陸協)
108 杉枝 真二 (熊本陸協)
109 川崎 健太 (G.F.R)
110 藤原  敏 (湯沢雄勝陸協)
111 河野 陽一 (JP日本郵政グループ東京)
112 阪上 孝輝 (ボッシュ)
113 三野 貴史 (松戸市陸協)
114 福地 宏行 (アイワ商事)
115 金野 人史 (吉崎倶楽部)
116 能城 秀雄 (住友不動産エスフォルタ)
117 村山 知之 (大分陸協)
118 富田誠至郎 (天草マラソンクラブ)
119 田野 昌輝 (アスレックRC)
120 永田  亮 (南薩東京社)
121 大石  賢 (東京陸協)
122 猪瀬 祐輔 (吉本クリエイティブ)
123 澤田 幸治 (日新製鋼)
124 吉田祐太朗 (杵築市陸協)
125 小磯 秀治 (羽生陸協)
126 安田  遊 (ジェイテクト)
127 荒木 孝文 (ウィングAC)
128 大島  伸 (戸上電機製作所)
129 大下  徹 (福山市陸協)
130 髙田 伸昭 (枚方マスターズ)
131 藤原健太郎 (京都陸協)
132 河合 謙一 (千葉陸協)
133 片岡 哲朗 (愛知県庁クラブ)
134 森川 友道 (豊中市役所RC)
135 江口  徹 (宗像市陸協)
136 吹切 洋平 (DREAM)
137 高橋 幸二 (千葉陸協)
138 辻  友寛 (三重陸協)
139 市塚  遊 (さいたま市陸協)
140 清本 芳史 (産業医大RC)
141 中山  歩 (JP日本郵政グループ東京)
142 池脇 信也 (出水市消防本部)
143 関山 直人 (東洋大学)
144 長江 隆行 (SWAC)
145 今田 敦士 (関体協)
146 田坂 和彦 (ENEOS)
147 尾方 亮介 (本城陸上クラブ)
148 七里 雄大 (県下一周鹿児島)
149 樋口 真大 (Y.W.C)
150 小西  亘 (小山向野JC)
151 野坂 伸吾 (千葉陸協)
152 和田 孝司 (陸上競技多摩川クラブ)
153 戸村 浩一 (環境ステーション)
154 髙橋 雅一 (東京陸協)
155 福岡 祐作 (脚膝倶楽部)
156 中村 直樹 (大阪陸協)
157 川原 一起 (筑紫野市役所)
158 藤森  裕 (DREAM)
159 川下 和明 (壱岐陸協)
160 齊藤 友章 (GGRC熊本)
161 大山 研二 (RUNS)
162 斎藤  亮 (山口合同ガス)
163 松原 正典 (浜松ホトニクス)
164 中田 崇志 (関東RC)
165 伊澤  聡 (平塚市役所)
166 中村 卓也 (直鞍クラブ)
167 笹井  卓 (東京陸協)
168 平下  修 (高知県庁RC)
169 山中孝一郎 (東京陸協)
170 榎本 大修 (東京消防庁)
171 大滝 健司 (サンベルクス)
172 小川雄一朗 (NTN)

2014福岡国際マラソン 結果(完走者) http://bit.ly/1DosuUP
2014福岡国際マラソン 結果 (ラップタイム) http://bit.ly/1InoYzB
2013福岡国際マラソン 結果 (ラップタイム) http://bit.ly/187eSE2
2012福岡国際マラソン 結果 (ラップタイム) http://bit.ly/TwrK9Y
2011福岡国際マラソン 結果(ラップタイム) http://bit.ly/1LwlA6w

**********************

第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)マラソン代表選手選考要項
http://www.jaaf.or.jp/athlete/2016daihyo/

◆選考競技会
① 第 15 回世界陸上競技選手権大会(2015/北京)
② 第69回福岡国際マラソン選手権大会(2015/福岡)
③ 東京マラソン 2016(2016/東京)
④ 第71回びわ湖毎日マラソン(2016/大津)

◆選考基準
編成方針に基づき、本大会の参加標準記録を有効期間内に満たした競技者の中から日本代表選手を選考する。

(1)内定条件
選考競技会①の 8 位以内入賞者で、日本選手最上位者各 1 名を内定する。
該当者なし

(2)選考条件
男女選考競技会②~④において日本人 3 位以内の競技者から、下記の 1)から 2)の優先順位で選考する。

1)日本陸連設定記録を有効期間内に満たした競技者。(最大 1 名)
2)各選考競技会での記録、順位、レース展開、タイム差、気象条件等を総合的に勘案し、本大会で活躍が期待されると評価された競技者。

◆参加標準記録及び日本陸連設定記録
参加標準記録 2時間18分00秒
日本陸連設定記録 2時間6分30秒

5.選考方法
(1)選考基準(1)による選考は、即時内定とする。
(2)選考基準(2)による選考は、全選考競技会終了後、編成方針及び選考基準に則り、強化委員会にて選考原案を作成し、原案策定会議で選考し、理事会において決定する。

6.その他
(1)各記録の有効期間
参加標準記録:2015 年1月1日~2016年3月13日
日本陸連設定記録:2014年4月1日~2016年3月13日
(3)代表選手は、編成方針及び選考基準に則って選考されるが、その派遣人数は国際陸上競技連盟が定めるエントリー数の上限の枠を保証するものではない。
(5)選考基準(2)-1)からの選考は、複数回の選考競技会に出場した場合の順位及び記録も評価の対象とする。
(6)選考基準(2)-2)からの選考は、当該選手が出場した初回の選考競技会を評価の対象とする。
(7)天災、その他の理由で選考競技会が中止になった場合は、代替の選考競技会を設定する場合がある。
(8)補欠は選考しない。
(9)本大会までに故障等により、競技力を発揮できない事態が生じた場合は代表を取消すことがある。

0 件のコメント:

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒 ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)