2015年12月22日火曜日

2015青島太平洋マラソン(その1)

2015年12月13日(日)青島太平洋マラソン (宮崎・フルマラソン)

2004年から参加し始めて、2006年と2010年以外は毎年出場して、今年で10回目の青太(AOTAI)です。

2015年12月12日(土)朝、羽田空港、久しぶりバスで飛行機に搭乗。ボーイング787でした。


午前中に宮崎に到着。曇り空で肌寒い天気でした。

宮崎空港でバス市内1日フリー乗車券(500円)ワンコインパスを購入して、宮崎中心街へ。
ここからは、毎年のルーティンとなっているルートを回ります。
お菓子の日高で、翌日のレース前に食べる なんじゃこら大福などを購入。


昼食は、きっちょううどんの天ぷらうどん(さつま揚げを宮崎では天ぷらと言います。)を頂きました。


その後、再び、バスに乗って、フェニックスシーガイアリゾートへ向かいました。
昨年は、サンホテルフェニックスに宿泊したのですが、この夏に閉館してしまいました。今年は、少し奮発してシェラトングランデオーシャンリゾートです。
(マラソンの宿泊パックでは、通常よりお得な料金で泊まれます。)


宮崎県で一番高い43階立てのビル、19階からの部屋の景色も最高です。

ワールドカップで強豪南アフリカを破ったラグビーの日本代表の強化合宿は、宮崎シェラトングランデが拠点で長期間行われていて、ホテル内では、ラグビー日本代表パネル展が開かれていました。等身大の五郎丸選手も。



夜は、再び、宮崎市内中心部に向かいました。

宮崎駅では、昨年なかった自動改札、ICカードが導入され、バスもICカードの利用が可能となり、変化が見られます。


宮崎県庁

夕食は、ラン仲間と橘通りでチキン南蛮と宮崎地鶏、肉巻きおにぎりなどを食べて、翌日に備えました。


明日はコースとなる渋滞中の橘通りを再び、バスを使ってホテルに戻りました。


2015年12月13日(日)大会当日

午前5時半に起きて、朝食バイキングへ、和洋豪華なメニューで食べ過ぎに気をつけながら、美味しく頂きました。


午前7時、送迎バスで会場のサンマリンスタジアムに向かいました。


7時半過ぎに会場に到着。どんよりとした曇り空ですが、例年より気温は高めでした。


球場内の空いているトイレに入り、貴重品を預けて、昨日買ったなんじゃこら大福を食べてと、例年と同じルーティンで、スタートまでの時間を過ごして、スタート地点に並びました。





→その2へつづく

公式HP http://www.aotai.gr.jp/
2014青島太平洋マラソン(その1) http://bit.ly/1DRi8lX
2014青島太平洋マラソン(その2) http://bit.ly/1JyoTK2

0 件のコメント:

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒 ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)