2017年8月7日月曜日

2017世界陸上ロンドン大会 男女マラソン 結果 (ラップタイム) 写真

2017ロンドン世界陸上 
IAAF WORLD CHAMPIONSHIPS LONDON 2017

国内

男子マラソン 結果
Marathon MEN Results
2017年8月6日(日)日本時間18:55スタート

1 Geoffrey Kipkorir KIRUI (KEN) 2:08:27 (3:02.7/km) 
  0-  5km 15:59 (3:11.8/km)
  5-10km 15:37 (3:07.4/km)
10-15km 15:21 (3:04.2/km)
15-20km 15:18 (3:03.6/km)
20-25km 14:28 (2:53.6/km)
25-30km 14:45 (2:57.0/km)
30-35km 14:43 (2:56.6/km)
35-40km 15:25 (3:05.0/km)
40-Finish 06:51 (3:07.2/km)
  
前半 1:05:28 (3:06.2/km)
後半 1:02:59 (2:59.1/km)

2 Tamirat TOLA (ETH) 2:09:49 (3:04.6/km) 
  0-  5km 16:00 (3:12.0/km)
  5-10km 15:38 (3:07.6/km)
10-15km 15:19 (3:03.8/km)
15-20km 15:19 (3:03.8/km)
20-25km 14:27 (2:53.4/km)
25-30km 14:45 (2:57.0/km)
30-35km 14:44 (2:56.8/km)
35-40km 16:16 (3:15.2/km)
40-Finish 07:21 (3:20.9/km)
  
前半 1:05:28 (3:06.2/km)
後半 1:04:21 (3:03.0/km)

3 Alphonce Felix SIMBU (TAN) 2:09:51 (3:04.6/km) 
  0-  5km 15:59 (3:11.8/km)
  5-10km 15:38 (3:07.6/km)
10-15km 15:19 (3:03.8/km)
15-20km 15:20 (3:04.0/km)
20-25km 14:39 (2:55.8/km)
25-30km 15:19 (3:03.8/km)
30-35km 15:08 (3:01.6/km)
35-40km 15:36 (3:07.2/km)
40-Finish 06:53 (3:08.2/km)
  
前半 1:05:31 (3:06.3/km)
後半 1:04:20 (3:03.0/km)

4 Callum HAWKINS (GBR) 2:10:17 (3:05.3/km) PB
  0-  5km 15:59 (3:11.8/km)
  5-10km 15:36 (3:07.2/km)
10-15km 15:22 (3:04.4/km)
15-20km 15:18 (3:03.6/km)
20-25km 14:57 (2:59.4/km)
25-30km 15:22 (3:04.4/km)
30-35km 15:19 (3:03.8/km)
35-40km 15:34 (3:06.8/km)
40-Finish 06:50 (3:06.8/km)
  
前半 1:05:32 (3:06.4/km)
後半 1:04:45 (3:04.1/km)

5 Gideon Kipkemoi KIPKETER (KEN) 2:10:56 (3:06.2/km) 
  0-  5km 15:59 (3:11.8/km)
  5-10km 15:37 (3:07.4/km)
10-15km 15:21 (3:04.2/km)
15-20km 15:18 (3:03.6/km)
20-25km 14:28 (2:53.6/km)
25-30km 15:08 (3:01.6/km)
30-35km 15:31 (3:06.2/km)
35-40km 16:08 (3:13.6/km)
40-Finish 07:26 (3:23.2/km)
  
前半 1:05:28 (3:06.2/km)
後半 1:05:28 (3:06.2/km)

6 Daniele MEUCCI (ITA) 2:10:56 (3:06.2/km) PB 
  0-  5km 15:57 (3:11.4/km)
  5-10km 15:41 (3:08.2/km)
10-15km 15:20 (3:04.0/km)
15-20km 15:20 (3:04.0/km)
20-25km 14:59 (2:59.8/km)
25-30km 15:25 (3:05.0/km)
30-35km 15:11 (3:02.2/km)
35-40km 16:01 (3:12.2/km)
40-Finish 07:02 (3:12.3/km)
  
前半 1:05:35 (3:06.5/km)
後半 1:05:21 (3:05.9/km)

7 Yohanes GHEBREGERGIS (ERI) 2:12:07 (3:07.9/km) 
  0-  5km 15:58 (3:11.6/km)
  5-10km 15:39 (3:07.8/km)
10-15km 15:19 (3:03.8/km)
15-20km 15:20 (3:04.0/km)
20-25km 14:43 (2:56.6/km)
25-30km 15:26 (3:05.2/km)
30-35km 15:51 (3:10.2/km)
35-40km 16:34 (3:18.8/km)
40-Finish 07:17 (3:19.1/km)
  
前半 1:05:32 (3:06.4/km)
後半 1:06:35 (3:09.4/km)

8 Daniel Kinyua WANJIRU (KEN) 2:12:16 (3:08.1/km) 
  0-  5km 15:59 (3:11.8/km)
  5-10km 15:38 (3:07.6/km)
10-15km 15:20 (3:04.0/km)
15-20km 15:19 (3:03.8/km)
20-25km 14:42 (2:56.4/km)
25-30km 15:16 (3:03.2/km)
30-35km 16:05 (3:13.0/km)
35-40km 16:39 (3:19.8/km)
40-Finish 07:18 (3:19.5/km)
  
前半 1:05:30 (3:06.3/km)
後半 1:06:46 (3:09.9/km)

9 川内 優輝(埼玉県庁)2:12:19 (3:08.2/km) 
Yuki KAWAUCHI (JPN) 

  0-  5km 16:01 (3:12.2/km)
  5-10km 15:38 (3:07.6/km)
10-15km 15:19 (3:03.8/km)
15-20km 15:20 (3:04.0/km)
20-25km 15:29 (3:05.8/km)
25-30km 16:02 (3:12.4/km)
30-35km 15:51 (3:10.2/km)
35-40km 15:58 (3:11.6/km)
40-Finish 06:41 (3:02.7/km)
  
前半 1:05:37 (3:06.6/km)
後半 1:06:42 (3:09.7/km) 

10  中本健太郎 (安川電機) 2:12:41 (3:08.7/km) 
Kentaro NAKAMOTO (JPN)
  0-  5km 16:02 (3:12.4/km)
  5-10km 15:36 (3:07.2/km)
10-15km 15:19 (3:03.8/km)
15-20km 15:21 (3:04.2/km)
20-25km 15:05 (3:01.0/km)
25-30km 15:36 (3:07.2/km)
30-35km 15:55 (3:11.0/km)
35-40km 16:27 (3:17.4/km)
40-Finish 07:20 (3:20.5/km)
  
前半 1:05:36 (3:06.6/km)
後半 1:07:05 (3:10.8/km)

11 Munyo Solomon MUTAI (UGA) 2:13:29 (3:09.8/km) 
12 Ezekiel JAFARY (TAN) 2:14:05 (3:10.7/km) 
13 Abdi Hakin ULAD (DEN) 2:14:22 (3:11.1/km) 
14 Kaan Kigen OZBILEN (TUR) 2:14:29 (3:11.2/km) 
15 Shumi DECHASA (BRN) 2:15:08 (3:12.2/km) 
16 Elkanah KIBET (USA) 2:15:14 (3:12.3/km) 
17 Javier GUERRA (ESP) 2:15:22 (3:12.5/km) 
18 Ihor OLEFIRENKO (UKR) 2:15:34 (3:12.8/km) 
19 Tsegaye MEKONNEN (ETH) 2:15:36 (3:12.8/km) 
20 Ernesto Andrés ZAMORA (URU) 2:16:00 (3:13.4/km) PB
21 Desmond MOKGOBU (RSA) 2:16:14 (3:13.7/km) 
22 Mick CLOHISSEY (IRL) 2:16:21 (3:13.9/km) 
23 Valentin PFEIL (AUT) 2:16:28 (3:14.1/km) 
24 Remigijus KANCYS (LTU) 2:16:34 (3:14.2/km) 
25 Derlys AYALA (PAR) 2:16:37 (3:14.3/km) 
26 井上大仁 (MHPS) 2:16:54 (3:14.7/km) 
Hiroto INOUE (JPN) 
  0-  5km 15:58 (3:11.6/km)
  5-10km 15:40 (3:08.0/km)
10-15km 15:19 (3:03.8/km)
15-20km 15:20 (3:04.0/km)
20-25km 15:30 (3:06.0/km)
25-30km 16:10 (3:14.0/km)
30-35km 17:22 (3:28.4/km)
35-40km 17:49 (3:33.8/km)
40-Finish 07:46 (3:32.3/km)

前半 1:05:37 (3:06.6/km)
後半 1:11:17 (3:22.7/km)

27 Ihor RUSS (UKR) 2:17:01 (3:14.8/km) 
28 Thonakal GOPI (IND) 2:17:13 (3:15.1/km) 
29 Mert GIRMALEGESSE (TUR) 2:17:36 (3:15.7/km) 
30 Mohamed Reda EL AARABY (MAR) 2:17:50 (3:16.0/km) 
31 Andrew DAVIES (GBR) 2:17:59 (3:16.2/km) 
32 Mikael EKVALL (SWE) 2:18:12 (3:16.5/km) 
33 Pardon NDHLOVU (ZIM) 2:18:37 (3:17.1/km) 
34 Munkhbayar NARANDULAM (MGL) 2:18:42 (3:17.2/km) PB
35 Namupala REONARD (NAM) 2:18:51 (3:17.4/km) 
36 Yuriy RUSYUK (UKR) 2:18:54 (3:17.5/km) 
37 Paulus IIYAMBO (NAM) 2:19:45 (3:18.7/km) 
38 Stephno Gwandu HUCHE (TAN) 2:20:05 (3:19.2/km) 
39 Josh GRIFFITHS (GBR) 2:20:06 (3:19.2/km) 
40 Tiidrek NURME (EST) 2:20:41 (3:20.0/km) 
41 Ghebrezgiabhier KIBROM (ERI) 2:21:22 (3:21.0/km) 
42 Robert CURTIS (USA) 2:21:22 (3:21.0/km) 
43 Robert CHEMONGES (UGA) 2:21:24 (3:21.1/km) 
44 Happy NDACHA MCHELENJE (MAW) 2:21:39 (3:21.4/km) PB
45 Jack COLREAVY (AUS) 2:21:44 (3:21.5/km) 
46 Byambajav TSEVEENRAVDAN (MGL) 2:21:48 (3:21.6/km) 
47 Millen MATENDE (ZIM) 2:21:52 (3:21.7/km) 
48 Ser-Od BAT-OCHIR (MGL) 2:21:55 (3:21.8/km) 
49 Leslie ENCINA (CHI) 2:22:10 (3:22.2/km) 
50 Hassan CHANI (BRN) 2:22:19 (3:22.4/km) 
51 Ignas BRASEVICIUS (LTU) 2:22:20 (3:22.4/km) 
52 David NILSSON (SWE) 2:22:53 (3:23.2/km) 
53 Roman FOSTI (EST) 2:23:28 (3:24.0/km) 
54 Thomas TOTH (CAN) 2:23:47 (3:24.5/km) 
55 Manuel CABRERA (CHI) 2:24:08 (3:25.0/km) 
56 Daviti KHARAZISHVILI (GEO) 2:24:24 (3:25.3/km) 
57 Segundo JAMI (ECU) 2:24:28 (3:25.4/km) 
58 José Amado GARCÍA (GUA) 2:25:03 (3:26.3/km) 
59 Hyosu KIM (KOR) 2:25:08 (3:26.4/km) 
60 Brad MILOSEVIC (AUS) 2:25:14 (3:26.5/km) 
61 David CARVER (MRI) 2:25:45 (3:27.3/km) 
62 Girmaw AMARE (ISR) 2:26:37 (3:28.5/km) 
63 Sean HEHIR (IRL) 2:27:33 (3:29.8/km) 
64 Seungyeop YU (KOR) 2:29:06 (3:32.0/km) 
65 Kwangsik SHIN (KOR) 2:29:52 (3:33.1/km) 
66 Rok PUHAR (SLO) 2:33:12 (3:37.8/km) 
67 Luis Alberto ORTA (VEN) 2:33:42 (3:38.6/km) 
68 Juan Carlos TRUJILLO (GUA) 2:33:42 (3:38.6/km) 
69 Luis Carlos RIVERO (GUA) 2:41:39 (3:49.9/km) 
70 Ricardo RAMOS (MEX) 2:41:50 (3:50.1/km) 
71 Abraham NIYONKURU (BDI) 2:42:27 (3:51.0/km) 
DNF Jorge CASTELBLANCO (PAN)  
DNF Jean-Pierre CASTRO (PER)  
DNF Anuradha Indrajith COORAY (SRI)  
DNF Nicolás CUESTAS (URU)  
DNF Abdelhadi EL HACHIMI (BEL)  
DNF Iván FERNÁNDEZ (ESP)  
DNF Eric GILLIS (CAN)  
DNF Josh HARRIS (AUS)  
DNF Marius IONESCU (ROU)  
DNF Stefano LA ROSA (ITA)  
DNF Ayad LAMDASSEM (ESP)  
DNF Raúl MACHACUAY (PER)  
DNF Augustus MAIYO (USA)  
DNF Mariano MASTROMARINO (ARG)  
DNF Tsepo MATHIBELLE (LES)  
DNF Amanuel MESEL (ERI)  
DNF Ercan MUSLU (TUR)  
DNF Lebenya NKOKA (LES)  
DNF Cutbert NYASANGO (ZIM)  
DNF Sibusiso NZIMA (RSA)  
DNF Bhumiraj RAI (NEP)  
DNF Ricardo RIBAS (POR)  
DNF Aguelmis ROJAS (URU)  
DNF Maru TEFERI (ISR)  
DNF Yemane TSEGAY (ETH)  
DNF Enzo YÁÑEZ (CHI)  
DNF Valerijs ŽOLNEROVICS (LAT)  
DNS Lusapho APRIL (RSA)  
DNS Mumin GALA (DJI)










2016リオ五輪 男子マラソン 結果 (ラップタイム) http://bit.ly/2b91giE
2015世界陸上北京大会 男子マラソン 結果(ラップタイム) http://bit.ly/1MJsHeH
2013世界陸上モスクワ大会 男子マラソン 結果(ラップタイム) http://bit.ly/173eItQ

2014仁川アジア大会 男子マラソン 結果(ラップタイム) http://bit.ly/YVOWao
2012ロンドン五輪 男子マラソン 結果(ラップタイム)
http://marathon-world.blogspot.jp/2012/08/blog-post.html
2011世界陸上 男子マラソン 結果(ラップタイム)

http://marathon-world.blogspot.jp/2011/09/2011_05.html

ハワイ


女子マラソン 結果
Marathon WOMEN Results

2017年8月6日(日)日本時間22:00スタート
1 Rose CHELIMO (BRN) 2:27:11 (3:29.3/km) 
  0-  5km 18:01 (3:36.2/km)
  5-10km 17:42 (3:32.4/km)
10-15km 17:48 (3:33.6/km)
15-20km 17:34 (3:30.8/km)
20-25km 17:12 (3:26.4/km)
25-30km 17:35 (3:31.0/km)
30-35km 17:55 (3:35.0/km)
35-40km 16:20 (3:16.0/km)
40-Finish 07:04 (3:13.2/km)
  
前半 1:14:53 (3:33.0/km)
後半 1:12:18 (3:25.6/km)

2 Edna Ngeringwony KIPLAGAT (KEN) 2:27:18 (3:29.5/km) 
  0-  5km 18:01 (3:36.2/km)
  5-10km 17:42 (3:32.4/km)
10-15km 17:48 (3:33.6/km)
15-20km 17:34 (3:30.8/km)
20-25km 17:12 (3:26.4/km)
25-30km 17:35 (3:31.0/km)
30-35km 17:55 (3:35.0/km)
35-40km 16:19 (3:15.8/km)
40-Finish 07:12 (3:16.8/km)
  
前半 1:14:52 (3:32.9/km)
後半 1:12:26 (3:26.0/km)

3 Amy CRAGG (USA) 2:27:18 (3:29.5/km)
  0-  5km 18:01 (3:36.2/km)
  5-10km 17:42 (3:32.4/km)
10-15km 17:48 (3:33.6/km)
15-20km 17:35 (3:31.0/km)
20-25km 17:11 (3:26.2/km)
25-30km 17:35 (3:31.0/km)
30-35km 17:55 (3:35.0/km)
35-40km 16:27 (3:17.4/km)
40-Finish 07:04 (3:13.2/km)
  
前半 1:14:52 (3:32.9/km)
後半 1:12:26 (3:26.0/km)
 
4 Flomena Cheyech DANIEL (KEN) 2:27:21 (3:29.5/km) 
  0-  5km 18:01 (3:36.2/km)
  5-10km 17:42 (3:32.4/km)
10-15km 17:48 (3:33.6/km)
15-20km 17:35 (3:31.0/km)
20-25km 17:12 (3:26.4/km)
25-30km 17:35 (3:31.0/km)
30-35km 17:54 (3:34.8/km)
35-40km 16:27 (3:17.4/km)
40-Finish 07:07 (3:14.5/km)
  
前半 1:14:53 (3:33.0/km)
後半 1:12:28 (3:26.1/km)

5 Shure DEMISE (ETH) 2:27:58 (3:30.4/km) 
  0-  5km 18:01 (3:36.2/km)
  5-10km 17:42 (3:32.4/km)
10-15km 17:48 (3:33.6/km)
15-20km 17:35 (3:31.0/km)
20-25km 17:12 (3:26.4/km)
25-30km 17:34 (3:30.8/km)
30-35km 17:55 (3:35.0/km)
35-40km 16:44 (3:20.8/km)
40-Finish 07:27 (3:23.6/km)
  
前半 1:14:53 (3:33.0/km)
後半 1:13:05 (3:27.8/km)

6 Eunice Jepkirui KIRWA (BRN) 2:28:17 (3:30.9/km) 
  0-  5km 18:01 (3:36.2/km)
  5-10km 17:42 (3:32.4/km)
10-15km 17:48 (3:33.6/km)
15-20km 17:34 (3:30.8/km)
20-25km 17:13 (3:26.6/km)
25-30km 17:34 (3:30.8/km)
30-35km 17:55 (3:35.0/km)
35-40km 16:48 (3:21.6/km)
40-Finish 07:42 (3:30.5/km)
  
前半 1:14:52 (3:32.9/km)
後半 1:13:25 (3:28.8/km)

7 Helah Jelagat KIPROP (KEN) 2:28:19 (3:30.9/km) 
  0-  5km 18:02 (3:36.4/km)
  5-10km 17:41 (3:32.2/km)
10-15km 17:48 (3:33.6/km)
15-20km 17:34 (3:30.8/km)
20-25km 17:13 (3:26.6/km)
25-30km 17:35 (3:31.0/km)
30-35km 17:54 (3:34.8/km)
35-40km 16:49 (3:21.8/km)
40-Finish 07:43 (3:30.9/km)
  
前半 1:14:52 (3:32.9/km)
後半 1:13:27 (3:28.9/km)

8 Mare DIBABA (ETH) 2:28:49 (3:31.6/km) 
  0-  5km 18:01 (3:36.2/km)
  5-10km 17:41 (3:32.2/km)
10-15km 17:49 (3:33.8/km)
15-20km 17:34 (3:30.8/km)
20-25km 17:13 (3:26.6/km)
25-30km 17:34 (3:30.8/km)
30-35km 17:55 (3:35.0/km)
35-40km 16:55 (3:23.0/km)
40-Finish 08:07 (3:41.9/km)
  
前半 1:14:53 (3:33.0/km)
後半 1:13:56 (3:30.3/km)

9 Jessica TRENGOVE (AUS) 2:28:59 (3:31.8/km) 
10 Berhane DIBABA (ETH) 2:29:01 (3:31.9/km) 
11 Serena BURLA (USA) 2:29:32 (3:32.6/km) 
12 Aselefech MERGIA (ETH) 2:29:43 (3:32.9/km) 
13 Charlotte PURDUE (GBR) 2:29:48 (3:33.0/km) 
14 Eva VRABCOVÁ NÝVLTOVÁ (CZE) 2:29:56 (3:33.2/km) PB
15 Hye-Gyong KIM (PRK) 2:30:29 (3:34.0/km) 
16 清田 真央 (スズキ浜松AC) 2:30:36 (3:34.1/km) 
Mao KIYOTA (JPN)

  0-  5km 18:03 (3:36.6/km)
  5-10km 17:41 (3:32.2/km)
10-15km 17:47 (3:33.4/km)
15-20km 17:35 (3:31.0/km)
20-25km 17:12 (3:26.4/km)
25-30km 17:35 (3:31.0/km)
30-35km 17:55 (3:35.0/km)
35-40km 18:23 (3:40.6/km)
40-Finish 08:25 (3:50.1/km)
  
前半 1:14:52 (3:32.9/km)
後半 1:15:44 (3:35.4/km)

17 安藤 友香 (スズキ浜松AC) 2:31:31 (3:35.5/km) 
Yuka ANDO (JPN)
  0-  5km 18:02 (3:36.4/km)
  5-10km 17:41 (3:32.2/km)
10-15km 17:48 (3:33.6/km)
15-20km 17:37 (3:31.4/km)
20-25km 17:44 (3:32.8/km)
25-30km 18:00 (3:36.0/km)
30-35km 18:17 (3:39.4/km)
35-40km 18:31 (3:42.2/km)
40-Finish 07:51 (3:34.6/km)
  
前半 1:14:59 (3:33.2/km)
後半 1:16:32 (3:37.7/km)

18 Alyson DIXON (GBR) 2:31:36 (3:35.6/km) 
19 Helalia JOHANNES (NAM) 2:32:01 (3:36.2/km) 
20 Sinead DIVER (AUS) 2:33:26 (3:38.2/km) 
21 Marta ESTEBAN (ESP) 2:33:37 (3:38.4/km) 
22 Fate TOLA (GER) 2:33:39 (3:38.5/km) 
23 Izabela TRZASKALSKA (POL) 2:35:03 (3:40.5/km) 
24 Milly CLARK (AUS) 2:35:27 (3:41.0/km) 
25 Anne-Mari HYRYLÄINEN (FIN) 2:35:33 (3:41.2/km) 
26 Inés MELCHOR (PER) 2:35:34 (3:41.2/km) 
27 重友 梨佐 (天満屋)2:36:03 (3:41.9/km) 
Risa SHIGETOMO (JPN)
  0-  5km 18:02 (3:36.4/km)
  5-10km 17:42 (3:32.4/km)
10-15km 17:48 (3:33.6/km)
15-20km 17:37 (3:31.4/km)
20-25km 17:42 (3:32.4/km)
25-30km 18:30 (3:42.0/km)
30-35km 19:09 (3:49.8/km)
35-40km 20:24 (4:04.8/km)
40-Finish 09:09 (4:10.1/km)
  
前半 1:15:04 (3:33.5/km)
後半 1:20:59 (3:50.3/km)

28 Filomena COSTA (POR) 2:36:42 (3:42.8/km) 
29 Un-Ok JO (PRK) 2:36:46 (3:42.9/km) 
30 Beata NAIGAMBO (NAM) 2:37:24 (3:43.8/km) 
31 Ilona MARHELE (LAT) 2:37:40 (3:44.2/km) PB
32 Rosa CHACHA (ECU) 2:37:50 (3:44.4/km) 
33 Claire MCCARTHY (IRL) 2:38:26 (3:45.3/km) 
34 Kyunghee LIM (KOR) 2:38:38 (3:45.6/km) 
35 Dagmara HANDZLIK (CYP) 2:38:52 (3:45.9/km) NR
36 Katarzyna KOWALSKA (POL) 2:39:39 (3:47.0/km) 
37 Lindsay FLANAGAN (USA) 2:39:47 (3:47.2/km) 
38 Seongeun KIM (KOR) 2:39:52 (3:47.3/km) 
39 Katharina HEINIG (GER) 2:39:59 (3:47.5/km) 
40 Mapaseka MAKHANYA (RSA) 2:40:15 (3:47.9/km) 
41 Lornah Chemtai KORLIMA (ISR) 2:40:22 (3:48.0/km) 
42 Viktoriia POLIUDINA (KGZ) 2:40:28 (3:48.2/km) PB
43 Tracy BARLOW (GBR) 2:41:03 (3:49.0/km) 
44 Darya MYKHAYLOVA (UKR) 2:41:29 (3:49.6/km) 
45 Vaida ŽUSINAITE (LTU) 2:41:44 (3:50.0/km) 
46 Paula GONZÁLEZ (ESP) 2:42:47 (3:51.5/km) 
47 Rutendo Joan NYAHORA (ZIM) 2:42:53 (3:51.6/km) 
48 Tetyana VERNYHOR (UKR) 2:43:12 (3:52.1/km) 
49 Wilma ARIZAPANA (PER) 2:43:13 (3:52.1/km) 
50 Lavinia HAITOPE (NAM) 2:44:02 (3:53.3/km) 
51 Tarah KORIR (CAN) 2:44:30 (3:53.9/km) 
52 Khishigsaikhan GALBADRAKH (MGL) 2:44:48 (3:54.3/km) 
53 Anita KAŽEMAKA (LAT) 2:44:49 (3:54.4/km) 
54 Kyungsun CHOI (KOR) 2:45:46 (3:55.7/km) 
55 Dailín BELMONTE (CUB) 2:46:15 (3:56.4/km) 
56 Sara RAMADHANI (TAN) 2:46:23 (3:56.6/km) 
57 Bojana BJELJAC (CRO) 2:46:46 (3:57.1/km) 
58 Munkhzaya BAYARTSOGT (MGL) 2:46:59 (3:57.4/km) 
59 Jenna Leigh CHALLENOR (RSA) 2:47:22 (3:58.0/km) 
60 Lisa RING (SWE) 2:48:39 (3:59.8/km) 
61 Carmen TOAQUIZA (ECU) 2:48:45 (4:00.0/km) 
62 Rosa GODOY (ARG) 2:49:30 (4:01.0/km) 
63 Maor TIYOURI (ISR) 2:49:45 (4:01.4/km) 
64 Monika ATHARE (IND) 2:49:54 (4:01.6/km) 
65 Qinghong LIU (CHN) 2:52:21 (4:05.1/km) 
66 Iuliia ANDREEVA (KGZ) 2:53:17 (4:06.4/km) 
67 Liliana Maria DRAGOMIR (ROU) 2:53:30 (4:06.7/km) 
68 Mayada SAYYAD (PLE) 2:54:58 (4:08.8/km) 
69 Matea MATOSEVIC (CRO) 2:55:06 (4:09.0/km) 
70 Dayna PIDHORESKY (CAN) 2:56:15 (4:10.6/km) 
71 Gloria PRIVILÉTZIO (GRE) 2:57:06 (4:11.8/km) 
72 Angela BRITO (ECU) 2:58:21 (4:13.6/km) 
73 Yelena NANAZIASHVILI (KAZ) 2:58:32 (4:13.9/km) 
74 Fortunate CHIDZIVO (ZIM) 2:58:51 (4:14.3/km) 
75 Teodora SIMOVIC (SRB) 2:59:01 (4:14.6/km) 
76 Nikolina STEPAN (CRO) 2:59:43 (4:15.6/km) 
77 Maria Grazzia BIANCHI (VEN) 3:04:11 (4:21.9/km) 
78 Marisa CASANUEVA (ESP) 3:05:03 (4:23.1/km) 

DNF Mojie CAO (CHN)  
DNF Fadime ÇELIK (TUR)  
DNF Kenza DAHMANI TIFAHI (ALG)  
DNF Chien-Ho HSIEH (TPE)  
DNF Viktoriya KHAPILINA (UKR)  
DNF Hye-Song KIM (PRK)  
DNF Yolymar PINEDA (VEN)  
DNF Ouranía REBOÚLI (GRE)  
DNF Catarina RIBEIRO (POR)  
DNF Magdalena SHAURI (TAN)  
DNF Paula-Claudia TODORAN (ROU)  
DNF Hiruni Kesara WIJAVARATNE (SRI)  
DNF Louise WIKER (SWE)  
DNS Yelena DOLININ (ISR)













2016リオ五輪 女子マラソン 結果 (ラップタイム) http://bit.ly/2bSoU4q
2015世界陸上北京大会 女子マラソン 結果(ラップタイム) http://bit.ly/1KuqjqB
2013世界陸上モスクワ大会 女子マラソン 結果 (ラップタイム) http://bit.ly/16F3QQT
2014仁川アジア大会 女子マラソン 結果 (ラップタイム) http://bit.ly/1pHdlGO
2012ロンドン五輪 女子マラソン 結果 (ラップタイム)
http://marathon-world.blogspot.jp/2012/08/blog-post_7.html
2011世界陸上テグ大会 女子マラソン 結果 
http://marathon-world.blogspot.jp/2011/08/2011_30.html

2017年8月6日日曜日

2017ロンドン世界陸上 男女マラソン エントリーリスト(自己ベスト順)

2017ロンドン世界陸上 IAAF WORLD CHAMPIONSHIPS LONDON 2017

国内

男子マラソン スタートリスト
Marathon MEN Start List
2017年8月6日(日)日本時間18:55スタート
(自己ベスト順)右の数字はBib No.
1 2:04:11 Tamirat TOLA (ETH) 412
2 2:04:32 Tsegaye MEKONNEN (ETH) 411
3 2:04:48 Yemane TSEGAY (ETH) 413
4 2:05:21 Daniel Kinyua WANJIRU (KEN) 474
5 2:05:51 Gideon Kipkemoi KIPKETER (KEN) 471
6 2:06:10 Kaan Kigen OZBILEN (TUR) 546
7 2:06:27 Geoffrey Kipkorir KIRUI (KEN) 472
8 2:06:43 Shumi DECHASA (BRN) 367
9 2:08:14 Yuki KAWAUCHI (JPN) 463 川内優輝(埼玉県庁)
9 2:08:14 Yohanes GHEBREGERGIS (ERI) 395
11 2:08:17 Amanuel MESEL (ERI) 397
12 2:08:22 Hiroto INOUE (JPN) 462 井上大仁 (MHPS)
13 2:08:32 Lusapho APRIL (RSA) 525
14 2:08:35 Kentaro NAKAMOTO (JPN) 467 中本健太郎 (安川電機)
15 2:08:50 Ser-Od BAT-OCHIR (MGL) 499 セルオド・バトオチル(NTN)
16 2:09:10 Alphonce Felix SIMBU (TAN) 540
17 2:09:28 Ayad LAMDASSEM (ESP) 404
18 2:09:33 Javier GUERRA (ESP) 403
19 2:09:36 Ghebrezgiabhier KIBROM (ERI) 396
20 2:09:50 Mohamed Reda EL AARABY (MAR) 490
21 2:09:52 Cutbert NYASANGO (ZIM) 572
22 2:09:59 Munyo Solomon MUTAI (UGA) 551
23 2:10:32 Robert CHEMONGES (UGA) 548
24 2:10:35 Abdelhadi EL HACHIMI (BEL) 361
25 2:10:51 Desmond MOKGOBU (RSA) 526
26 2:10:52 Callum HAWKINS (GBR) 422
27 2:11:08 Daniele MEUCCI (ITA) 457
28 2:11:11 Stefano LA ROSA (ITA) 456
29 2:11:20 Robert CURTIS (USA) 564
30 2:11:21 Eric GILLIS (CAN) 370
31 2:11:31 Elkanah KIBET (USA) 566
32 2:11:43 Sibusiso NZIMA (RSA) 527
33 2:11:55 Ezekiel JAFARY (TAN) 539
34 2:11:56 Mert GIRMALEGESSE (TUR) 543
35 2:12:04 Ihor OLEFIRENKO (UKR) 557
36 2:12:07 Mikael EKVALL (SWE) 533
37 2:12:46 Ihor RUSS (UKR) 558
38 2:12:55 Iván FERNÁNDEZ (ESP) 401
39 2:13:00 Marius IONESCU (ROU) 522
40 2:13:04 Mumin GALA (DJI) 389
41 2:13:10 Seungyeop YU (KOR) 481
42 2:13:12 Remigijus KANCYS (LTU) 488
43 2:13:21 Ricardo RIBAS (POR) 520
44 2:13:26 Raúl MACHACUAY (PER) 511
45 2:13:47 Anuradha Indrajith COORAY (SRI) 530
46 2:13:53 José Amado GARCÍA (GUA) 434
47 2:14:03 Abdi Hakin ULAD (DEN) 388
48 2:14:16 Aguelmis ROJAS (URU) 562
49 2:14:19 Stephno Gwandu HUCHE (TAN) 538
50 2:14:21 Juan Carlos TRUJILLO (GUA) 437
51 2:14:24 Valerijs ŽOLNEROVICS (LAT) 482
52 2:14:50 Valentin PFEIL (AUT) 359
53 2:14:53 Josh GRIFFITHS (GBR) 421
54 2:14:58 Hassan CHANI (BRN) 366
54 2:14:58 Ricardo RAMOS (MEX) 495
56 2:15:11 Andrew DAVIES (GBR) 420
56 2:15:11 Mick CLOHISSEY (IRL) 444
58 2:15:13 Jean-Pierre CASTRO (PER) 510
59 2:15:19 Hyosu KIM (KOR) 477
60 2:15:25 Thonakal GOPI (IND) 440
61 2:15:27 Mariano MASTROMARINO (ARG) 352
62 2:15:31 Lebenya NKOKA (LES) 485
62 2:15:31 Nicolás CUESTAS (URU) 561
64 2:15:39 Tsepo MATHIBELLE (LES) 484
65 2:15:40 David NILSSON (SWE) 537
66 2:15:57 Jorge CASTELBLANCO (PAN) 508
67 2:16:00 Brad MILOSEVIC (AUS) 357
68 2:16:14 Abraham NIYONKURU (BDI) 360
69 2:16:16 Yuriy RUSYUK (UKR) 559
70 2:16:17 Daviti KHARAZISHVILI (GEO) 425
71 2:16:22 Sean HEHIR (IRL) 446
71 2:16:22 Ernesto Andrés ZAMORA (URU) 563
73 2:16:23 Derlys AYALA (PAR) 509
74 2:16:26 Byambajav TSEVEENRAVDAN (MGL) 501
75 2:16:31 Luis Carlos RIVERO (GUA) 436
76 2:16:43 Kwangsik SHIN (KOR) 480
77 2:16:45 Ercan MUSLU (TUR) 545
78 2:16:52 Pardon NDHLOVU (ZIM) 571
79 2:17:08 Josh HARRIS (AUS) 356
80 2:17:11 Segundo JAMI (ECU) 392
81 2:17:20 Girmaw AMARE (ISR) 449
82 2:17:35 Enzo YÁÑEZ (CHI) 377
83 2:17:46 Leslie ENCINA (CHI) 376
84 2:17:54 Roman FOSTI (EST) 408
85 2:17:55 Maru TEFERI (ISR) 451
86 2:17:59 Tiidrek NURME (EST) 409
87 2:18:04 Manuel CABRERA (CHI) 375
88 2:18:16 Paulus IIYAMBO (NAM) 503
89 2:18:20 David CARVER (MRI) 502
90 2:18:22 Rok PUHAR (SLO) 529
91 2:18:23 Millen MATENDE (ZIM) 570
92 2:18:31 Namupala REONARD (NAM) 504
93 2:18:32 Jack COLREAVY (AUS) 354
94 2:18:33 Augustus MAIYO (USA) 567
95 2:18:53 Luis Alberto ORTA (VEN) 568
96 2:18:54 Munkhbayar NARANDULAM (MGL) 500
97 2:18:56 Ignas BRASEVICIUS (LTU) 487
98 2:18:58 Thomas TOTH (CAN) 372
99 2:20:44 Bhumiraj RAI (NEP) 505
100 - Happy NDACHA MCHELENJE (MAW) 491


ハワイ


女子マラソン スタートリスト
Marathon WOMEN Start List
2017年8月6日(日)日本時間22:00スタート
(自己ベスト順)右の数字はBib No.
1 2:19:31 Aselefech MERGIA (ETH) 154
2 2:19:50 Edna Ngeringwony KIPLAGAT (KEN) 192
3 2:19:52 Mare DIBABA (ETH) 151
4 2:20:59 Shure DEMISE (ETH) 150
5 2:21:17 Eunice Jepkirui KIRWA (BRN) 115
6 2:21:19 Berhane DIBABA (ETH) 152
7 2:21:22 Flomena Cheyech DANIEL (KEN) 191
8 2:21:27 Helah Jelagat KIPROP (KEN) 193
9 2:21:36 Yuka ANDO (JPN) 183 安藤友香 (スズキ浜松AC)
10 2:23:23 Risa SHIGETOMO (JPN) 186 重友梨佐 (天満屋)
11 2:23:47 Mao KIYOTA (JPN) 184  清田真央 (スズキ浜松AC)
12 2:24:14 Rose CHELIMO (BRN) 113
13 2:25:14 Fate TOLA (GER) 164
14 2:26:09 Helalia JOHANNES (NAM) 214
15 2:26:48 Inés MELCHOR (PER) 218
16 2:26:53 Serena BURLA (USA) 252
17 2:26:57 Beata NAIGAMBO (NAM) 215
18 2:27:01 Jessica TRENGOVE (AUS) 108
19 2:27:03 Amy CRAGG (USA) 254
20 2:27:05 Hye-Gyong KIM (PRK) 227
21 2:27:20 Seongeun KIM (KOR) 199
22 2:27:58 Hye-Song KIM (PRK) 228
23 2:28:00 Filomena COSTA (POR) 223
24 2:28:34 Katharina HEINIG (GER) 163
25 2:28:54 Paula GONZÁLEZ (ESP) 145
26 2:29:06 Alyson DIXON (GBR) 161
27 2:29:07 Milly CLARK (AUS) 103
28 2:29:22 Un-Ok JO (PRK) 226
29 2:29:23 Charlotte PURDUE (GBR) 162
30 2:29:28 Lindsay FLANAGAN (USA) 266
31 2:29:41 Katarzyna KOWALSKA (POL) 220
32 2:29:56 Izabela TRZASKALSKA (POL) 221
33 2:30:10 Eva VRABCOVÁ NÝVLTOVÁ (CZE) 135
33 2:30:10 Catarina RIBEIRO (POR) 225
35 2:30:19 Mojie CAO (CHN) 119
36 2:30:42 Tracy BARLOW (GBR) 158
37 2:30:45 Wilma ARIZAPANA (PER) 216
38 2:30:47 Marta ESTEBAN (ESP) 143
39 2:30:58 Iuliia ANDREEVA (KGZ) 195
40 2:31:02 Mapaseka MAKHANYA (RSA) 234
41 2:31:37 Sinead DIVER (AUS) 104
42 2:32:19 Anne-Mari HYRYLÄINEN (FIN) 156
43 2:32:22 Marisa CASANUEVA (ESP) 142
44 2:32:27 Kyungsun CHOI (KOR) 197
45 2:32:49 Kyunghee LIM (KOR) 201
46 2:32:50 Vaida ŽUSINAITE (LTU) 205
47 2:32:59 Munkhzaya BAYARTSOGT (MGL) 211
48 2:33:08 Sara RAMADHANI (TAN) 241
49 2:33:21 Kenza DAHMANI TIFAHI (ALG) 100
50 2:33:28 Magdalena SHAURI (TAN) 242
51 2:35:29 Rosa CHACHA (ECU) 137
52 2:35:46 Tarah KORIR (CAN) 117
53 2:35:55 Darya MYKHAYLOVA (UKR) 249
54 2:35:59 Yelena DOLININ (ISR) 177
55 2:36:08 Dayna PIDHORESKY (CAN) 118
56 2:36:39 Louise WIKER (SWE) 240
57 2:36:44 Paula-Claudia TODORAN (ROU) 232
58 2:37:12 Jenna Leigh CHALLENOR (RSA) 233
59 2:37:27 Lisa RING (SWE) 239
60 2:37:44 Viktoriya KHAPILINA (UKR) 248
61 2:38:00 Claire MCCARTHY (IRL) 176
62 2:38:01 Ilona MARHELE (LAT) 203
63 2:38:08 Dailín BELMONTE (CUB) 132
64 2:38:36 Rosa GODOY (ARG) 102
65 2:38:48 Tetyana VERNYHOR (UKR) 251
66 2:39:08 Monika ATHARE (IND) 174
67 2:39:21 Khishigsaikhan GALBADRAKH (MGL) 212
68 2:39:52 Ouranía REBOÚLI (GRE) 167
69 2:39:57 Anita KAŽEMAKA (LAT) 202
70 2:39:58 Rutendo Joan NYAHORA (ZIM) 264
71 2:40:00 Mayada SAYYAD (PLE) 219
72 2:40:08 Carmen TOAQUIZA (ECU) 141
73 2:40:16 Lornah Chemtai KORLIMA (ISR) 178
74 2:40:22 Lavinia HAITOPE (NAM) 213
75 2:40:31 Fadime ÇELIK (TUR) 245
76 2:40:35 Viktoriia POLIUDINA (KGZ) 196
77 2:40:51 Bojana BJELJAC (CRO) 129
78 2:41:32 Yolymar PINEDA (VEN) 261
79 2:41:47 Teodora SIMOVIC (SRB) 235
80 2:41:54 Fortunate CHIDZIVO (ZIM) 263
81 2:42:12 Dagmara HANDZLIK (CYP) 133
82 2:42:18 Angela BRITO (ECU) 136
83 2:42:22 Maor TIYOURI (ISR) 179
84 2:42:28 Matea MATOSEVIC (CRO) 130
85 2:43:14 Qinghong LIU (CHN) 120
86 2:43:25 Chien-Ho HSIEH (TPE) 243
87 2:43:30 Yelena NANAZIASHVILI (KAZ) 188
88 2:43:31 Hiruni Kesara WIJAVARATNE (SRI) 236
89 2:43:58 Nikolina STEPAN (CRO) 131
90 2:44:39 Maria Grazzia BIANCHI (VEN) 260
91 2:45:15 Liliana Maria DRAGOMIR (ROU) 230
92 2:45:19 Gloria PRIVILÉTZIO (GRE) 166


マラソン経済研究所 2017.7/30〜8/5のトピック 世界陸上開幕 北海道マラソン招待選手 他

ロンドン世界陸上が開幕しました。
8月12日のベルリンの壁一周マラソンに先駆けて、昨日からロンドンに来ています。
今日は、午前の部をオリンピックスタジアムで観戦して来ました。

午前の予選から、ほぼ満員のスタジアムで、老若男女、特にお子様連れの家族が多かったです。盛り上がり方、盛り上げ方が上手で、スタジアムが一体となって、選手の力を発揮できるような雰囲気作りができていることを感じました。

明日は、いよいよ男女マラソンが行われます。
ロンドン中心部の周回コースなので、何度も選手を見ることができるので、しっかり応援していきたいと思います。





Facebookページ マラソン経済研究所

https://www.facebook.com/maraken2014

えきのる


世界陸上に向けて、男子マラソン・跳躍・ハードル選手出発
公務員ランナー・川内、日の丸ラストランへ「最後ぐらいは笑顔で帰国したい」ロンドン世陸へ出発  : スポーツ報知 http://bit.ly/2uJLpiR
川内優輝が“日の丸ラストラン”へ出陣「僕にとって生きていることがマラソン」/スポーツ/デイリースポーツ online http://bit.ly/2uNBiYw
川内優輝 日の丸ラストランへ出発「最後くらい笑顔で帰国したい」― スポニチ http://bit.ly/2u9tSgw



2018年2月18日開催 熊本城マラソン エントリー直前イベント
ランナーエントリーあすから
熊本地震の復興関連事業として、被災地連携する神戸マラソン実行委とパートナーシップ協定 締結

2017熊本城マラソン・熊日30kmロードレース 結果 http://bit.ly/2maDrrQ



7/30 全国高校総体 陸上 (山形) 男子1500m決勝 3分44秒57
半沢黎斗選手が優勝 学法石川高校(福島)が同種目3連覇達成
2015年 田母神一喜(現・中央大)
2016年 遠藤日向 (現・住友電工)
2017年 半沢黎斗



高橋尚子×野口みずき、世界陸上を語る 懐かしの思い出と今大会の「見どころ」 - スポーツナビ



8月27日 北海道マラソン 招待選手発表
男子
メラクアベラ (黒崎播磨)
丸山 文裕 (旭化成)
藤原  新 (富山陸協)
鈴木 卓也 (愛三工業)
濱崎 達規 (南城市役所)
吉村 大輝 (旭化成)
石田 和也  (西鉄)
山岸 宏貴 (GMO)
日下 佳祐 (日立物流)
山本  亮 (SGHグループ)
五十嵐真悟 (城西大学クラブ)
阿久津圭司 (SUBARU)
(日本人1 位かつ2時間15分以内 または 日本人2-6 位かつ2時間13分以内で、東京五輪選考レースの出場権獲得)
女子
田中 華絵 (第一生命グループ)
加藤 麻美 (パナソニック)
下門 美春 (ニトリ)
野上 恵子 (十八銀行)
高田 晴奈 (ヤマダ電機)
吉冨 博子 (メモリード)
前田 穂南 (天満屋)
内田 梨絵 (大塚製薬)
水口 侑子 (デンソー)
新井沙紀枝 (肥後銀行)
高山 琴海 (シスメックス)
(日本人1 位かつ2時間32分以内 または日本人2-6 位かつ2時間30分以内で、東京五輪選考レースの出場権獲得)
2016北海道マラソン 結果 (ラップタイム)完走率 http://bit.ly/2bqNOFi



瀬古利彦さんも6kmを走った
7/30 高知・本山汗見川清流マラソン (ハーフマラソン等)開催



気温は19.2度  涼しい気候の中
7/30 釧路湿原マラソン(30km等) 開催



2018年2月18日開催 青梅マラソン 「ふるさと納税枠」新設
先着100人 (3万円以上の寄付で参加料不要)
一般エントリーは9月から
2017青梅マラソン 結果 (ラップタイム) http://bit.ly/2lvlcAj



2018東京マラソン 一般エントリー開始
今回から始まる手荷物預けなしランナーについて整理しました。
手荷物預けなしランナー制度の狙いと参加者のメリット http://bit.ly/2vojC99



1回あたりの給水量、汗の成分までチェックしてこまめに指導
水はゴクでなくゴクゴク飲め!細かすぎるから伝わる、競歩日本“金メダル”への指導法 : スポーツ報知



3月末現役引退、現在、アメリカンフットボール・富士通フロンティアーズのマネージャー 柏原竜二さん
山の神・柏原竜二が語る引退の真相。「駅伝に逃げてはいけないと…」|陸上| web Sportiva http://bit.ly/2uXmh6V



2018年2月4日開催 愛媛マラソン 
アスリートエントリー 8月4日から 先着順 3000名
男子3時間30分、女子4時間以内の記録証を提出(2015年以降)
一般エントリー 8月21日~ 9月1日 抽選 7000名

2017愛媛マラソン 結果(ラップタイム) http://bit.ly/2l2RQcK
2015愛媛マラソン 完走記  http://bit.ly/1Aj4OFx
2015愛媛マラソン スタートからフィニッシュまで ダイジェスト https://youtu.be/nl_qYLFuMkg




ナイキの新機軸レーシングシューズ 市民ランナーの目標達成にも貢献することはできるのか!? - スポーツナビDo http://bit.ly/2vsBrUI
〜遠藤日向選手、服部勇馬選手
エリートランナーも認めるランニングシューズ”ペガサス”がスピードシューズとして進化する | onyourmark MAG http://bit.ly/2ujBjBO



女子マラソン安藤友香&清田真央。「世界はそんな遠くない」の根拠。 - 陸上 -Number925号(4月13日発売)掲載 http://bit.ly/2uWoq4k
2017名古屋ウィメンズマラソン 結果 (ラップタイム) http://bit.ly/2nGRiXV



柏原竜二が語った「引退とその先」(後編)
柏原竜二は真剣に思う。「スポーツとサブカルを結びつけられないか」|陸上| web Sportiva http://bit.ly/2umoCGe



マラソン経済研究所 2017年7月のアクセス数 TOP10   http://bit.ly/2w9x9Pc




男女マラソンは8月6日(日)
金哲彦が世界陸上の見所を一挙紹介。異例のマラソン男女同日開催の訳は? - 陸上 - Number Web - ナンバー

ロンドンとの時差に注意!8月4日に世界陸上2017が開幕―注目選手はいつ出場する? - All About NEWS http://bit.ly/2vuhQCS
熱狂的陸上ファンに聞く世界陸上の楽しみ方(前編) | ASICS Japan http://asics.tv/2vxvLJ5
熱狂的陸上ファンに聞く世界陸上の楽しみ方(後編) | ASICS Japan http://asics.tv/2wpSjaQ
男女同日開催で経費削減 世界陸上マラソンで組織委 - 陸上 : 日刊スポーツ http://bit.ly/2uctUt1



【業界初】ケガせずマラソン自己ベスト達成したいランナーのためのオンラインコミュニティ「マラソン大学」を開校:時事ドットコム
月1回、定例講義 とFacebookグループでの会員限定動画の配信
年に3回、学期末の文化祭&学校説明会として【日本ランニング変革会議】を開催
8月20日(日)は、100kmマラソン世界記録保持者の砂田貴裕さんがゲスト



箱根駅伝等
大学スポーツの価値を高めて活動資金を確保しつつ、ガバナンスやリスク管理を行う
日本版NCAA(大学横断的かつ競技横断的統括組織)創設の動き
日本版NCAA? 大学スポーツ変革への第一歩:日本経済新聞



8/6((日) 埼玉県久喜市で、川内優輝選手世界陸上ロンドン大会パブリックビューイングを開催
18:30から 久喜総合文化会館 等



お宿の予約なら阪急交通社


****************************
マラソン経済研究所のアクセス数TOP10
2017年6月 マラソン最速女性芸能人の練習 他
2017年5月  キプチョゲ非公認ながら世界記録超え、アートスポーツ自己破産 他
2017年4月 ボストンマラソン大迫選手3位、柏原竜二選手引退 他
2017年3月 世界陸上マラソン代表決定 名古屋ウィメンズマラソン 他
2017年2月  山中教授サブ3.5達成、東京マラソン、愛媛マラソン川内選手サブ10 他
2017年1月 豪華メンバーの丸亀ハーフマラソン  東京マラソン事前情報 他
2016年12月 福岡国際マラソン川内優輝選手3位 他
2016年11月 深刻な財政難に陥っている さいたま国際マラソン 他
2016年10月 出雲駅伝 箱根駅伝予選会  宮城でフルマラソン開催へ 他
2016年9月 リオパラリンピック ベルリンマラソン ぎふ清流ハーフ 他
2016年8月 リオ五輪マラソン・長距離 別大マラソン大会要項発表 北海道マラソン 
2016年7月 野口みずきさん結婚 豪・マラソン川内優輝選手サブ10
2016年6月 陸上日本選手権大迫傑選手2冠リオへ 東京マラソン2017大会要項発表
2016年5月 猫ひろしリオ五輪代表決定 大谷遼太郎選手 仙台国際ハーフ
2016年4月  野口みずき選手引退、 さいたま国際 制限6時間に、 フル走り方
2016年3月 スーツで走る川内選手、東京マラソンコース変更、リオ五輪代表決定
2016年2月 横浜マラソン10月末に 愛媛銀行陸上部 マラソン代表選考 
2016年1月 大阪国際女子マラソン福士選手 箱根駅伝のタブー 松本マラソン
2015年12月 マラソン大会ですぐに返金を求める風潮が怖い(湘南国際マラソン)
2015年11月 2時間42分で完走 神戸マラソン 上位猛追、コスプレランナーは実力派
2015年10月 第3回ちばアクアラインマラソン 2016年10月23日開催 決定
2015年9月 東京マラソン2016参加者申込  313,840人過去最高(抽選倍率11.3倍)
2015年8月 世界陸上女子5000m決勝 鈴木亜由子選手惜しくも入賞逃すも日本歴代5位
2015年7月 サロマ湖ウルトラマラソン  北海道内唯一 29年連続出場 好記録で完走
2015年6月 陸上 日本選手権 男子10000m 鎧坂 哲哉選手 独走で初優勝
2015年5月 黒部名水マラソン川内優輝選手 フル通算20回目の優勝 17週連続出場で達成
2015年4月 ニトリ女子陸上部創設会見 マラソン特化で、東京五輪でメダルを目指す
2015年3月 世界陸上女子マラソン選考問題/川内優輝選手が語る。
2015年2月 大迫傑選手、日清食品グループ退部。米国を拠点に
2015年1月 スタート直後から頑張ってはいけない最適なレースプラン

えきのる


マラソン経済研究所 2017年7月
7/23〜7/29のトピック 富士登山競走 新国立競技場は球技専用 他
7/16〜7/22のトピック マラソン強化方法 小布施見にマラソン 他
7/9〜7/15のトピック ホクレンDC網走大迫選手  Badwater135日本人優勝 他
7/2〜7/8のトピック 夫婦日本最速記録 24時間走世界一  日光ウルトラ他

マラソン経済研究所 2017年6月
6/25〜7/1のトピック 100km世界記録まで45秒、世界陸上日本代表発表 他
6/18〜6/24のトピック 陸上日本選手権  / 日米で死亡事故 他
6/11〜6/17のトピック 冠スポンサーがついたウルトラマラソン 日本最速夫婦GCMへ他
6/4〜6/10のトピック ウルトラマラソンシーズン 女性芸能人No.1の練習 他

マラソン経済研究所 2017年5月
5/28〜6/3のトピック 岩出選手ノーリツ退社  世界を走る川内優輝選手 他
5/14〜5/27のトピック 大阪・神戸・金沢・おかやま抽選大会の倍率、奥州でフルマラソン 他 
5/7〜5/13のトピック ART SPORTS自己破産 プラハマラソン川内選手6位 他
4/30〜5/6のトピック キプチョゲ選手フルマラソン2時間切り目前 他

マラソン経済研究所 2017年4月
4/23〜4/29のトピック ロンドンマラソン ぎふ清流ハーフ さいたま国際 他
4/16〜4/22のトピック ボストン大迫選手3位、代表選考新方針発表 等
4/9〜4/15のトピック パリマラソン夫婦で優勝 福士選手結婚 他
4/2〜4/8のトピック 柏原選手引退 ベンジャミン選手帰化検討 他

マラソン経済研究所 2017年3月
3/26〜4/1のトピック 東京五輪マラソン代表選考案 他
3/19〜3/25のトピック  川内選手久喜マラソン ニューヨークハーフ村山選手 他
3/12〜3/18のトピック 世界陸上代表決定 名古屋ウィメンズ 長崎市でフル開催 他
3/5〜3/11のトピック びわ湖毎日マラソン 日本学生ハーフマラソン 他
2/26〜3/4のトピック 新コースで東京マラソン キプサング3分台・井上選手8分台 他

マラソン経済研究所 2017年2月
2/19〜2/25のトピック 山中教授サブ3.5達成 大迫選手ボストンで初マラソン 他
2/12〜2/18のトピック 愛媛マラソン川内選手サブ10、最下位が優勝の珍事 他
2/5〜2/11のトピック 丸亀ハーフ 別大マラソン ハーフ女子世界新 他
1/29〜2/4のトピック  大阪国際女子マラソン 10km大会でランナー亡くなる 他

マラソン経済研究所 2017年1月
1/22〜1/28のトピック  横浜マラソン大会要項 那須川瑞穂選手引退 100km完走率他
1/15〜1/21のトピック 大雪の全国女子駅伝 所沢シティで不正失格 等
1/8〜1/14のトピック 川内優輝選手初戦、箱根駅伝青学の話題続く 他
1/1〜1/7のトピック 箱根駅伝青学3連覇 実業団は旭化成優勝 他

マラソン経済研究所 2016年12月
12/25〜12/31のトピック 掛川新茶マラソン開催へ 乗鞍天空マラソンがフルマラソン化 等 
12/18〜12/24のトピック 防府読売マラソン 大阪国際女子招待選手 等
12/4〜12/10のトピック 福岡国際マラソン、NAHAマラソン、新豊洲にランステ 等
11/27〜12/3のトピック 100km世界選手権日本人優勝 世界のマラソン大会サイト新設 他 

マラソン経済研究所 2016年11月
11/20〜11/26のトピック  神戸マラソン つくばマラソン 福知山マラソン 他  
11/13〜11/19のトピック 福岡・おかやま・いびがわ、財政難のさいたま国際マラソン他
11/6〜11/12のトピック ポルトマラソン NYシティマラソン 全日本大学駅伝 他
10/30〜11/5のトピック 大阪・水戸・富山マラソン 駅伝シーズン さいたま国際 他

マラソン経済研究所 2016年10月
10/23〜10/29のトピック 長井マラソン距離不足 アクアライン・金沢M 他
10/16〜10/22のトピック 85歳でサブ4、 最後の高島平ロード、鳥取地震で大会中止他
10/9〜10/15のトピック 出雲駅伝青学連覇  箱根駅伝予選会 シカゴマラソン 他
10/2〜10/8のトピック  第1回東北・みやぎ復興マラソン・松本マラソン 来年10/1開催 他 

マラソン経済研究所 2016年9月

9/25〜10/1のトピック  ベルリンマラソン、名古屋ウィメンズタキシード隊 他
9/18〜9/24のトピック   優勝商品はラクダ(モンゴル) パラリンピック道下選手銀 他  
9/11〜9/17のトピック  マラソン大会でスズメバチ トレイルコースで熊出没 等 
9/4〜9/10のトピック  リオパラリンピック開幕  松本薫選手金沢マラソンに 他 

マラソン経済研究所 2016年8月
8/28〜9/3のトピック 北海道マラソン 東京マラソン申込者数過去最高 他
8/21〜8/27のトピック リオ五輪男子マラソン 別大マラソン要項 青梅マラソン賞金 他
8/7〜8/20のトピック リオ五輪女子マラソン 女子10000mで世界新 日光で100km 他
7/31〜8/6のトピック リオ五輪開幕 塩尻選手追加招集 / 犬とマラソン 他 

マラソン経済研究所 2016年7月
7/24〜7/30のトピック ジョハナ・マイナ選手(富士通)死去 士別ハーフ 他  
7/17〜7/23のトピック 富士登山競走・五郎谷選手五合目大会新、リオ五輪壮行会 他
7/10〜7/16のトピック リオ五輪直前レース 大迫選手 福士選手 他
7/3〜7/9のトピック 野口みずきさん結婚 川内優輝選手サブ10 熊本城マラソン開催へ 他 

マラソン経済研究所 2016年6月
6/26〜7/2のトピック 函館マラソン 東京マラソン・福岡国際マラソン リオ五輪他
6/19〜6/25のトピック 日本選手権1万m大迫選手・鈴木選手初優勝 ゼッケン不正 等
6/12〜6/18のトピック エイドに海鮮丼(函館)、修学旅行でハーフマラソン 他
6/5〜6/11のトピック お伊勢マラソン野口みずき杯に 駿河台大・徳本一善監督 他 

マラソン経済研究所 2016年5月
5/29〜6/4のトピック 猫ひろしさんリオ五輪代表決定 室戸ー足摺242kmレース 他
5/22〜5/28のトピック 2017世界陸上選考要項 ウルトラマラソン 関東インカレ 等
5/15〜5/21のトピック  ぎふ清流ハーフ インドでも犬騒動 11/13フルマラソン 他
5/8〜5/14のトピック 仙台国際ハーフ今井選手 吉田香織選手世界一に 他
5/1〜5/7のトピック 鈴木亜由子選手派遣記録突破 川内村で川内優輝選手 他 

マラソン経済研究所 2016年4月
4/24〜4/30のトピック ロンドンマラソン とくしまマラソン チューリッヒマラソン 他
4/17〜4/23のトピック ボストン君原さん完走 東京マラソン参加料据え置き 地震 他
4/10〜4/16のトピック 野口みずき選手引退 さいたま国際制限6時間に 地震 等 
4/3〜4/9のトピック  ハセツネ30k失格問題 エルペ韓国帰化認めず パリマラソン 他

マラソン経済研究所 2016年3月
3/27〜4/2のトピック 東京マラソンコース変更 高島選手デンソー退社 他
3/20〜3/26のトピック 箱根からトライアスロンへ 千葉県民マラソン距離不足 他
3/13〜3/19のトピック 五輪マラソン代表決定 スーツで快走川内選手 名古屋 他
3/6〜3/12のトピック びわ湖毎日マラソン 藤原正和選手中大監督に 出岐選手引退 他
2/28〜3/5のトピック 横浜マラソン10月末に 愛媛銀行陸上部 マラソン代表選考 他

マラソン経済研究所 2016年2月
2/21〜2/27のトピック ベビーカーラン世界新 箱根5区短縮 名古屋福士選手 他
2/14〜2/20のトピック 高知龍馬マラソン救命 駅伝犬飛び出し 横浜マラソン10月に
2/7〜2/13のトピック 女子マラソン代表選考問題続く 別大マラソン 等
1/31〜2/6のトピック 女子マラソン福士選手リオ五輪確実に 前田選手名古屋欠場 他

マラソン経済研究所 2016年1月
1/24〜1/30のトピック 飛び出した犬がハーフ完走、降雪の沖縄、大阪国際 等
1/17〜1/23のトピック  全国女子駅伝愛知優勝 東京マラソン 米国留学 等
1/10〜1/16のトピック 松本でフルマラソン、いぶすき川内優輝選手優勝 等
1/3〜1/9のトピック 箱根駅伝 青山学院大学連覇・駅伝弊害論? 他
2015.12/27〜2016.1/2のトピック  箱根駅伝 ニューイヤー駅伝 富士山女子駅伝 等

マラソン経済研究所 2015年12月
12/20〜12/26のトピック 高校駅伝世羅男女優勝、防府読売藤原新選手優勝 等
12/13〜12/19のトピック クイーンズ駅伝 ホノルルマラソン 大迫選手他
12/6〜12/12のトピック 福岡国際マラソン、湘南国際マラソン ヤフーエントリーサイト参入等  
11/28〜12/5のトピック   福岡国際マラソン展望 箱根駅伝5区短縮へ 等

マラソン経済研究所 2015年11月
11/22〜11/28のトピック  男子1万m日本新、ガメラ大阪3連覇記録剥奪、つくば 等
11/15〜11/21のトピック  さいたま国際/金沢マラソン 成果と課題 等
11/8〜11/14のトピック  おかやまマラソン つくば 日光 さいたま国際ドーピング 他
11/1〜11/7のトピック  NY川内優輝選手6位 富山マラソン 東洋大学初優勝 等

マラソン経済研究所 2015年10月
10/25〜10/31のトピック 北陸新幹線沿線マラソン大会シリーズ開幕 等
10/18〜10/24のトピック  2016年10/23 アクアライン 10/30水戸黄門漫遊マラソン 決まる 他
10/11〜10/17のトピック  シカゴマラソン福士選手、出雲駅伝、箱根駅伝予選会、川内選手等
10/4〜10/10のトピック KLマラソン煙害で中止 世界最高峰エベレストマラソン開催 等
9/27〜10/3のトピック  ベルリンマラソン(佐藤選手) 有力大学4年生の進路 他

マラソン経済研究所 2015年9月
9/20〜9/26のトピック  柏原選手初マラソン(シドニー) 川内選手(ケープタウン) 他
9/13〜9/19のトピック  東京マラソン当選発表 柏原選手シドニーマラソンへ 等
9/6〜9/12のトピック  高尾山口駅に日帰り温泉 ベルリンの壁一周マラソン 他
8/30〜9/5のトピック  世界陸上 北海道マラソン 東京マラソン 他

マラソン経済研究所 2015年8月
8/23〜8/29のトピック  世界陸上マラソン・長距離、北海道マラソン 等
8/9〜8/22のトピック 世界陸上男子マラソン、100マイルベルリン等
8/2〜8/8のトピック 世界陸上代表決定、十八駅伝、東京五輪マラソン 等
7/26〜8/1のトピック 釧路湿原マラソン川内選手トップ、士別ハーフ、高校総体等

マラソン経済研究所 2015年7月
7/19〜7/25のトピック 大迫傑選手5000m日本新、トライアスロン水泳事故多発 等
7/12〜7/18のトピック 新国立競技場問題、金沢マラソン、ユニバメダル独占等
7/5〜7/11のトピック  ゴールドコーストマラソン、横浜マラソン、名古屋ウィメンズ等
6/27〜7/4のトピック  サロマ湖100km、世界陸上、東京マラソン 等

マラソン経済研究所 2015年6月
6/21〜6/27のトピック  東京マラソン準エリート枠、つくばマラソン時差スタート、陸上日本選手権等
6/14〜6/20のトピック  白樺高原で川内兄弟リレー実現、 理想的なフォーム 等
6/7〜6/13のトピック  東大から箱根へ、つくばマラソン、京都マラソン 等
5/31〜6/6のトピック  92歳女性フルマラソン完走、新国立競技場問題 等

マラソン経済研究所 2015年5月
5/17〜5/30のトピック  川内優輝選手フル20回目の優勝 リオ五輪選考方針 等
5/10〜5/16のトピック  仙台国際ハーフ 湘南国際マラソン 旭化成3組双子 等
5/3〜5/9のトピック  川内選手3日連続ハーフマラソンで3連勝、渡邉裕子選手世界一 等
4/25〜5/2のトピック  金沢マラソン ロンドンマラソン 森ノ宮エアトラック 等

マラソン経済研究所 2015年4月
4/19〜4/25のトピック  長野マラソン ボストンマラソン 等
4/12〜4/18のトピック  さいたま国際マラソン ニトリ女子陸上部創部 等  
4/5〜4/11のトピック   横浜マラソン距離不足の反応、大迫傑選手個人HP開設 等
3/29〜4/4のトピック  神戸マラソン年代別チャレンジ枠 大阪マラソンアスリート枠 等
マラソン経済研究所 2015年3月
3/22〜3/28のトピック  板橋City 花粉症対策マスク ウィメンズラン 神戸マラソン 等
3/15〜3/21のトピック  横浜マラソン初開催 開聞岳一周マラソン中止騒動 等
3/8〜3/14のトピック  名古屋ウィメンズマラソン 世界陸上代表選考問題 等
3/1〜3/7のトピック 名古屋ウィメンズマラソン、横浜マラソン、指導者の人事 等

マラソン経済研究所 2015年2月
2/22〜2/28のトピック 東京マラソン、大迫選手、米国拠点に専念 等
2/15〜2/21のトピック 東京マラソン関連情報等
2/8〜2/14のトピック  大阪マラソンの市民アスリート枠新設 等
2/1〜2/7のトピック  別大マラソン 京都マラソン古着を途上国に

2017年8月3日木曜日

マラソン経済研究所 2017年7月のアクセス数 TOP10 北海道、ゴールドコースト、大迫傑選手他

マラソン経済研究所 2017年7月のアクセス数 TOP10
※リーチ Facebookのタイムラインに投稿が配信された人数 2017.7/3現在

えきのる

第1位 リーチ21,975人
東京五輪マラソン代表選考会の出場権がかかる 8月27日開催北海道マラソン招待選手発表



第2位 リーチ13,454人
大迫傑選手 ロンドン世界陸上の出場権獲得を目指し 世田谷・砧公園で練習



第3位 リーチ13,050人
瀬古利彦「月1000kmくらい走らないとマラソンで勝てない」「好きな練習で日本記録破り1億円出たら頭下げる」NEWSポストセブン



第4位 リーチ12,435人
7/2 ゴールドコーストマラソン(オーストラリア) 野口拓也選手8分台で優勝
女子竹中理沙選手3位で、夫婦で表彰台 同一大会で夫婦日本最速記録
川内優輝選手70回目のフルマラソン9分台で3位




第5位 リーチ12,206人
7/28 富士登山競走 山頂の部は五郎谷俊選手が歴代2位の記録で優勝
2017富士登山競走 結果(ラップタイム) http://bit.ly/2uHSK0y



第6位 リーチ11,590人
12月福岡国際マラソンで東京五輪選考大会の出場権獲得を目指す
トヨタ自動車 服部勇馬選手  



第7位 リーチ10,728人
2016年4月長野マラソン 80歳で3時間29分57秒 サブ3.5達成 小口親司さん 
今後は85歳以上の世界記録(3:56:38)を目指す



第8位 リーチ10,141人
川内優輝選手ゴールドコーストマラソンから帰国  
野口選手の新婚パワーに“ジェラシー”「なかなか、強力な力だった」



第9位 リーチ10,064人
12/17開催 防府読売マラソン 大会要項決定 一般申込は7/31〜


第10位 リーチ9,960人
2007年全国女子駅伝では29人ごぼう抜きの女子駅伝最多記録を達成。引退後は、ランニングコーチに。  「死ぬほど走りたい」から走ることを仕事に。湯田友美さんインタビュー



えきのる


マラソン経済研究所のアクセス数TOP10
2017年6月 マラソン最速女性芸能人の練習 他
2017年5月  キプチョゲ非公認ながら世界記録超え、アートスポーツ自己破産 他
2017年4月 ボストン大迫選手3位、柏原選手引退 他
2017年3月 世界陸上マラソン代表決定 他
2017年2月  山中教授サブ3.5達成、東京マラソン、愛媛マラソン川内選手サブ10 他
2017年1月 豪華メンバーの丸亀ハーフマラソン  東京マラソン事前情報 他
2016年年間 野口みずきさん結婚 財政難のさいたま国際 等
2016年12月 福岡国際マラソン川内優輝選手3位 防府読売マラソン 新豊洲
2016年11月 深刻な財政難に陥っている さいたま国際マラソン 他
2016年10月 出雲駅伝 箱根駅伝予選会  宮城でフルマラソン開催へ
2016年9月 リオパラリンピック ベルリンマラソン ぎふ清流ハーフ
2016年8月 リオ五輪マラソン・長距離 別大マラソン大会要項発表 北海道マラソン 
2016年7月 野口みずきさん結婚 豪・マラソン川内優輝選手サブ10
2016年6月 陸上日本選手権大迫傑選手2冠リオへ 東京マラソン2017大会要項発表
2016年5月 猫ひろしリオ五輪代表決定 大谷遼太郎選手 仙台国際ハーフ
2016年4月  野口みずき選手引退、さいたま国際 制限6時間に、 フル走り方
2016年3月 スーツで走る川内選手、東京マラソンコース変更、リオ五輪代表決定
2016年2月 横浜マラソン10月末に 愛媛銀行陸上部 マラソン代表選考 
2016年1月 大阪国際女子マラソン福士選手 箱根駅伝のタブー 松本マラソン
2015年12月 マラソン大会ですぐに返金を求める風潮が怖い(湘南国際マラソン)
2015年11月 2時間42分で完走 神戸マラソン 上位猛追、コスプレランナーは実力派
2015年10月 第3回ちばアクアラインマラソン 2016年10月23日開催 決定
2015年9月 東京マラソン2016参加者申込  313,840人過去最高(抽選倍率11.3倍)
2015年8月 世界陸上女子5000m決勝 鈴木亜由子選手惜しくも入賞逃すも日本歴代5位
2015年7月 サロマ湖ウルトラマラソン 北海道内唯一 29年連続出場 好記録で完走
2015年6月 陸上 日本選手権 男子10000m 鎧坂 哲哉選手 独走で初優勝
2015年5月 黒部名水マラソン川内優輝選手 フル通算20回目の優勝 17週連続出場で達成
2015年4月 ニトリ女子陸上部創設会見 マラソン特化で、東京五輪でメダルを目指す
2015年3月 世界陸上女子マラソン選考問題/川内優輝選手が語る。
2015年2月 大迫傑選手、日清食品グループ退部。米国を拠点に
2015年1月 スタート直後から頑張ってはいけない最適なレースプラン


2017年8月1日火曜日

2018東京マラソン 手荷物預けなしランナー制度の狙いと参加者のメリット

東京マラソンの一般エントリーが開始されました。

今回から新たにエントリー時に手荷物預けありかなしを選択するようになりました。


東京マラソン2018 8月1日から一般エントリー開始! 手荷物預けなしランナーを試行的に募集します! |  東京マラソン2018 http://bit.ly/2tYUIfY


(主催者側の観点)
手荷物預けなしランナー制度が導入された訳
参加定員増加と返却場所の集約か?
  
2017年の大会から、コースが変更され、フィニッシュ地点が東京駅前となりました。
帰りの利便性が高くなる一方で、手荷物の返却場所は、日比谷公園などフィニッシュ地点から約1km離れた場所になり、室内から屋外になりました。


大手町の手荷物返却場所

日比谷公園だけではスペースが足りず、返却場所は、大手町(準エリート等)、丸の内(チャリティ枠)と3箇所に分散されています。

実際、手荷物返却・更衣室のスペースの問題から、今年2017年の東京マラソンは、昨年の大会より定員が1000人減っています。

手荷物預けなしランナーが増えれば、
今後、参加定員を増やすことも可能になりますし、返却場所の集約ができます。

そのような狙いがあり、今回の制度が始まったと思います。


(参加者側の観点)
手荷物預けなしランナーのメリットは
  
手荷物預けなしランナーの場合は、フィニッシュ後、ポンチョをもらえますがそれ以外メリットはあるでしょうか。 

まず、スタート前のセキュリティチェックは、手荷物検査がない分、待ち時間なくスムーズに通過できます。


混雑する手荷物預けのトラックも並ばずに通過できます。



飲み物、食べ物は、スタート会場で十分に調達できます。
(ペットボトルの持ち込むも制限されています。)


フィニッシュ後、昨年は東京メトロの1日無料乗車券が参加賞についていましたので、1km歩かずに、すぐに地下鉄・JRの駅に乗って帰ることができます。

悪天候の場合、地下にすぐに入ることができ、手荷物は、ないので濡れません。


手荷物預けなしで走る方法

スタートまでの寒さを凌ぐ対策ができれば、手荷物預けなしでも対応できると思います。

新宿駅でコインロッカーに荷物を預け、フィニッシュ後、地下鉄(ランナーは東京メトロ無料乗車券あり)で新宿に戻る 
又は、

都内(例えば東京駅近く)のランステに荷物を預けて、地下鉄(ランナーは東京メトロ無料乗車券あり)に乗って新宿へ、フィニッシュ後、ランステでシャワーを浴びて帰る。


といったことで対応できそうです。



手荷物預けありか なしかで当選確率が変わる?

手荷物預けのトラックは、1台で1200人分の荷物を運搬します。
トラックの台数が減れば、返却スペースも減りますので、手荷物預けなしランナーもトラック単位で定員を考えていると思います。

例えば、手荷物預けなしランナーは、全体の1割と想定した場合、トラック3台分、3600人となります。(実際の定員は分かりません。)

したがって、今回の東京マラソンでは、手荷物預けあり と 手荷物預けなし で 当選倍率が変わってくると考えた方がいいと思います。
(想定よりも、手荷物預けなしランナーの応募が少なければ、当選確率が上がりますし、多ければ、下がります。)


えきのる

2017東京マラソン完走記
(レース編1) http://bit.ly/2lIeROn
(レース編2) http://bit.ly/2lI2WQK

2017年7月31日月曜日

2017 Overnight 60km みちくさウルトラマラソン(横浜ー箱根湯本)

2017年7月15日-16日 第11回Over Night 60kmみちくさウルトラマラソン
http://michikusa-ultra.com/event/overnight11.html
8月のベルリンの壁一周マラソン(161km)に向けて、
横浜・みなとみらいから箱根湯本まで、ほぼ箱根駅伝と同じルートを走る60km
非競走の大会にエントリーしました。

7月15日(土)午後5時前、みなとみらい駅で下車。
クイーンズスクエアで、ニューシューズを購入。
ここで試走して、ベルリンで、走っても大丈夫かチェックします。


歩いて、高島中央公園へ。午後5時40分頃に到着しました。


受付で参加賞のタオル、ドリンクの他に、地図と蛍光のタスキを受け取りました。
(タスキはフィニッシュ後返却)


参加者は約200人、着替えなどの荷物はゴールまで預けてもらえますが、エイドは2箇所(浜須賀・大磯)のみなので、必要な飲み物・食料は持参したり、コンビニで調達することになりますので、大半の人は、荷物を背負っています。




午後6時、いくつかのグループに分かれて、ウェーブスタートしました。

私は、6時5分スタートの組でした。



コースは、箱根駅伝2区の途中から→権太坂を越えて、(2区の終盤は歩道がないため、別ルートを通りますが)、その後は、フィニッシュの箱根湯本駅まで、箱根駅伝と同じコースを走ります。



今回は、非競争で朝まで安全に箱根湯本まで行くことが大会趣旨でもあり、早く到着しても電車が動いていないので、始発電車の時間に合わせて、午前4時(10時間)のゴールを目指してゆっくり、ベルリンの壁一周マラソンの深夜時間帯を想定して走ることにしました。


序盤は、信号が多く、集団のため、キロ9分程度のペースでゆっくり走ります。





権太坂を通過する頃には、辺りが暗くなりはじめ、コンビニ休憩するランナーも増え始め、集団がばらけてきました。




その後は、自分のペースでゆっくり進みます。


日が暮れても、蒸し暑さが続き、大量の汗をかき、コンビニや自販機で、お茶やスポーツドリンク、炭酸飲料を購入して、水分を補給しました。



戸塚駅前を通過して、戸塚中継所付近を通り、箱根駅伝の3区のルートに戻りました。


箱根駅伝の2区のラストの坂は、やはり厳しかったです。


箱根駅伝3区のコースに入り、藤沢市へ。遊行寺の坂を下ります。




途中、コンビニでおにぎりを食べ、冷凍のペットボトルを買って、体を冷やしながら進んできます。



茅ヶ崎市に入り、松下政経塾を過ぎると、浜須賀の交差点、ここで、エイドが準備されていました。



フルーツなどを頂き、栄養補給しました。
ここまでで27km、だいたい10時間ペースで進んでいます。
足の不安はありませんが、夜中に近づきましたが、なかなか涼しくならず、蒸し暑さに苦しんでいます。



ここからは、しばらく、湘南海岸沿いの134号線、沿道には建物がなくなり、暗い道、単調な直線が続きます。

歩きたい誘惑を抑えて、走っていきます。

この辺りから、段々とランナーを追い抜くことができました。


サザンビーチ茅ヶ崎を過ぎ、湘南大橋を渡り、平塚中継所の手前の花水川橋の手前のコンビニで大休憩をとりました。








暑過ぎて、食べものの選択に困りましたが
ここでは、冷やしとろろそばを買って、空腹を満たしました。



走りを再開して、しばらくすると、大磯のエイドがありました。
スタートから37km。半分を切り、元気も回復してきました。


カップ麺を食べる感じではなかったので、ここでは杏仁豆腐を頂いて、すぐに出発しました。


コースは箱根駅伝4区に入っています。


国道1号線に再び、戻ると、アップダウンの連続した道になってきました。


こうして実際走ってみると、箱根駅伝は3区よりも4区の方がハードだと実感できます。



時計は深夜0時を回っていますが、暑さが続いています。


二宮を過ぎ、ついに、小田原市へ。

ここまで来ると、ゴールが近づいてきたと実感します。


小田原の中心部に入り、旧箱根駅伝の小田原中継所(メガネスーパー前)を通過。


ここからあと、5kmだと思って、気持ちが上向いてきました。


ペースも10時間ペースを維持しています。



小田原の中心部を抜けると、上り坂が続きます。


現在の小田原中継所、鈴廣前を通過。あと少しになりました。


そして、箱根町へ。


辺りが多少、明るくなってきた感じもあります。

箱根湯本の駅前の明かりが見えてきました。


多少10時間は超えてしまいましたが、10時間2分で、箱根湯本駅に到着しました。


余力を残して、走ったつもりでしたが、フィニッシュ後は、結構、疲労が溜まって動けなくなっていました。


フィニッシュでは、おにぎり、ビール、スープなどを頂きました。


始発までの1時間ちょっと、ゆっくり休み、着替えが終わると、外は明るくなっていました。






始発の時間が近づいたので、箱根湯本駅のホームへ移動






徹夜で走ったランナーは、電車の中で眠りに入っている人も多く見られました。




大会スタッフに見送られて、午前5時半過ぎ、箱根湯本駅を出発。小田原方面に戻りました。


この時期のウルトラマラソンの練習には最適で、いいトレーニングになりました。



タイム 10:02:25 (ネットタイム)
グロスタイム 10:07:25


参加賞・サービス
タオル、経口補水液、水素水、ビール、カップ麺、おにぎり、スープ

(横浜ー箱根湯本)第11回Over Night 60kmみちくさウルトラマラソン 動画https://youtu.be/bn1O8-55xoc 

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)