2011年12月6日火曜日

2011おんきょうマラソンin東京サマーランド

2011年12月3日(土)



冷たい雨が降り続く中、初めて東京サマーランドに行ってきました。

1月出場予定の駅伝に備えて、今回は5キロでの参加です。

この大会は、5㎞×4人の駅伝の部と10㎞の部、5㎞の部があり、5㎞はお昼前のスタートでした。

電車を乗り継ぎ、初めて五日市線に乗って秋川駅に下車、そこから臨時バスで東京サマーランドへ、テレビで見覚えがある建物に少し感動しながら受付を済まし、雨で準備が大変だなと思っていたら、休園中のサマーランドの室内プールの建物に入れて、快適な雰囲気でした。



室内プールは水がはってなく、その中をウォーミングアップでぐるぐる周回する人たち、ちょっと不思議な光景です。




駅伝がメインの大会で、いつもの大会よりは年齢層は若め、走り終わった人たちはすでに、打ち上げモードに入っていました。

5キロの部のエントリーは百人ほど、雨のため出走者はそれより少なく、見た目、速そうな人は10数人といった感じ、いつも5000mは最下位争いなので、少しは上位争いができるかと思いました。

室内は快適でしたが、外は冷たい雨が降り続く中、5キロの部がスタートしました。サマーランドの園内を周回する5キロのコース、序盤は10数番手の位置で、多少飛ばしました。しかし、道幅せまく、雨で滑りやすくなっていて、急なカーブの下り坂では、思いっきり下れず慎重に転ばないように注意してスピードダウンしてしまいました。

1キロは4分10秒で通過、アップダウンが多く、途中ブレーキをかけたことを考えると、結構早めの出足だったので、少しスピードを緩めました。

ここからは、比較的フラットなコースになりましたが、最初飛ばし過ぎたためか、2キロは8分33秒、徐々に抜かれはじめました。折り返して、3キロは12分56秒、自己ベストは厳しくなってきました。それでも、3キロ以降は、いつもトラックではペースダウンしていたところですが、ここは踏ん張って、4キロ地点の看板は確認できなかったのですが、ゴールに向けてペースを維持しました。

ラスト1キロはまた、滑りやすくて大変でしたが、何とかスパートしてゴール。気がつけば、女性ランナーには一人も抜かれずに18位でゴールしていました。

タイムは21分1秒。 




(14秒自己ベスト更新?と思ったのですが、ラスト2キロが8分5秒で走れたは考えにくいので、どうも距離は百メートルちょっと短い感じです。)

周りのランナーの会話でも、口々に距離が短かったと言っていました。

まあ、駅伝がメインで、コースもアップダウンがあり、ファンラン中心の大会なので、そこは御愛嬌ということで。。。

ゴール後は、売店で、東村山B-1ご当地グルメの黒やきそばを食べ、その後、豪華賞品盛りだくさんの表彰式と抽選会がありました。結局当たりませんでしたが。。。



ちなみに6位まで入賞で、駅伝や10㎞はレベルが高かったですが、5㎞女子の部では26分台でも表彰されていたので、狙い目かもしれません。




季節はずれのサマーランドでしたが、雨の中、楽しめた一日でした。

参加賞:Tシャツ、ドリンク
 
大会ホームページ
http://www.mspo.jp/onkyo/

0 件のコメント:

Buy me a coffee

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間01分39秒 エリウド・キプチョゲ(ケニア) 2018年9月 ベルリンマラソン (2分53秒/km)

◆男子日本記録 2時間04分56秒 鈴木 健吾 2021年2月 びわ湖毎日マラソン(2分57秒7/km)

◆女子世界記録 2時間14分04秒 ブリジッド・コスゲイ (ケニア) 2019年10月 シカゴマラソン (3分11秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間09分14秒 風見 尚 (日本)  2018年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分42秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 57分32秒 キビウォット・カンディエ(ケニア) 2020年12月(スペイン・バレンシア)(2分43秒6/km)
◆男子日本記録 1時間00分00秒 小椋 裕介 2020年2月(香川丸亀国際ハーフ)(2分50秒6/km)
◆女子世界記録 1時間04分02秒 ルース・チェプンゲティッチ(ケニア)2021年4月トルコ・イスタンブールハーフマラソン (3:02.1/km)
◆女子日本記録 1時間06分38秒 新谷仁美 2020年1月 米国・ヒューストンハーフマラソン (3:09.5/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)