2012年7月16日月曜日

リスタートタイムトライアルin織田フィールド(第16回)





2012年7月16日(祝) 1500m 

3連休の最終日に、織田フィールドで行われた記録会に参加しました。
真夏の大会ということで、5000mでは、どんなに頑張っても記録が出ないので、

暑くても記録を狙える1500mで自己ベストを目指すことにしました。

この日の代々木公園は、今までに見たことのないような人の数、脱原発集会が開かれていて、日本全国から集まっていました。福島から来られた方も多かったですが、福井県の敦賀ナンバーのバスも来ていて、時代が変わってきたと感じました。

人の波をかき分けて、ようやく織田フィールドに到着して、いつもは開いている門が、今日は、関係者以外が入らないように、鍵がかけられていて、係りの方に開けて頂いて中に入りました。

うだるような暑さの中、午後3時、1500mがスタートしました。
最初200mはあせらず、そして、多少ペースを上げようとして、レーンの右側に位置を変えた途端に、足がひっかかり、大胆に顔から転倒。

一瞬の静寂のあと、再び走りはじめました。300mは67秒で通過、転んだにしては速いペース、というか、転んだ後は、完全に冷静さがなくなり、ペース配分無視して、飛ばしていました。

案の上、700m以降は、急に失速しました。最後の100mは頑張ったものの6分をやっと切るタイムで自己ベストの5分32秒の更新はなりませんでした。

1500m 5分57秒8

残念ですが、この日はついてなかったと割り切って、次、頑張りたいと思います。



0 件のコメント:

Buy me a coffee

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間01分39秒 エリウド・キプチョゲ(ケニア) 2018年9月 ベルリンマラソン (2分53秒/km)

◆男子日本記録 2時間05分50秒 大迫 傑 2018年10月 シカゴマラソン (2分59秒/km)

◆女子世界記録 2時間14分04秒 ブリジッド・コスゲイ (ケニア) 2019年10月 シカゴマラソン (3分11秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間09分14秒 風見 尚 (日本)  2018年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分42秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分01秒 ジョフリー・カムウォロル(ケニア) 2019年9月(デンマーク・コペンハーゲン)(2分45秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分00秒 小椋 裕介 2020年2月(香川丸亀国際ハーフ)(2分50秒6/km)
◆女子世界記録 1時間04分31秒 アバベル・イエシャネ(エチオピア)2020年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3:03.5/km)
◆女子日本記録 1時間06分38秒 新谷仁美 2020年1月 米国・ヒューストンハーフマラソン (3:09.5/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)