2008年9月16日火曜日

箱根駅伝のコースを走る

2008年9月13日

この連休は、正月の箱根駅伝の往路、東京・大手町から箱根・芦ノ湖までの108.0kmを走遊会のメンバー20数人でつなぐイベントに参加してきました。

通常の大会とは違うので、たすきの中継地点の設定、区間配置、配車計画、ドライバーの確保、宿の手配など、全て自分達でやらなければいけないので、各自役割分担をして当日を迎えました。

スタートは9月13日の午前1時半(なぜこんな深夜にと思われるかもしれませんが、この時間にスタートしないとゴールの箱根に明るいうちに到着できないので。)、金曜日は21時ぐらいまで仕事だったので、仮眠をとれず、そのまま参加することになりました。

金曜の深夜にランナーの怪しい集団がスタートの大手町・読売新聞社前に集まり、箱根に向けて出発しました。正月の箱根駅伝は1区間20km前後を5人で繋ぎますが、今回は1区間平均4kmずつに分けて計26区間を2チームで走ります。1人2~3区間を受け持ち平均10km走ることになります。(私は2区の中盤と、5区の最初と終盤を走りました。)

終電を過ぎたオフィス街はタクシーだけが道を占領しているという状態で、その中を車が走り、歩道をランナーが走ります。東京タワーを過ぎ、品川駅では、終電を乗り過ごした人たちが、あちらこちらで寝ている光景が目に入ってきました。

その中をリレーして、しながわ水族館、蒲田と通過し、蒲田では怪しい集団と思われたのか、警察官に職務質問される場面も。。
1区鶴見中継所を過ぎて、明るくなりはじめ、走る番がまわってきました。新子安から戸部までの間で、横浜駅を通るコースなのですが、歩道がコース沿いになく、横道に反れて走っていたら、本ルートがどんどんはずれて、みなとみらい方面まで出てしまいました。慌ててコースを戻り、何とか中継所にたどり着き、次の走者へ。

花の2区の山場、権太坂を過ぎて、戸塚中継所手前の上りの急さに驚き、3区では、県道30号に入らなければいけないところ、そのまま国道1号を直進する車が続出して、ランナーが中継所に到達しているのに、次走者の乗った車が来ないというトラブル発生、10数分後、再出発できましたが、今度は湘南海岸を左に見る134号線に入って、連休の初日で好天に恵まれたことにより、大渋滞が発生し、車が全く動かない状態に、ランナーの方がはるか前方に行き、平塚中継所には、ランナー到着後45分遅れで車が到着、ここまでで予定より1時間30分遅れ、日没までにゴールできるか不安がよぎります。

4区の区間に入って、車はスムーズに動くようになったのですが、気温が上昇し、睡眠不足の参加者にとっては健康状態も不安な状況です。それでも途中でコンビニで食べ物や飲み物を補給しながら、何とか小田原中継所まで到達しました。道中、背広姿で背中に「ひとり箱根駅伝実施中」と書かれたランナーに遭遇、仲間意識を感じました。

5区の最初の数キロは、私の担当で小田原本町から風祭までを走りました。箱根が近づいて、足取りも幾分軽くなってきました。そして、いよいよ箱根湯本を抜けて、山道に入ってきました。テレビでよく見る光景ですが、実際やはり険しい坂です。歩道もなくランナーは車に注意しながら走ることになりますが、函嶺洞門、大平台、宮ノ下と進みました。富士屋ホテルのあたりで、一段と賑やかになり、小湧園を過ぎて、ついに国道1号の最高地点874mを通過、ここからまた私の担当で、そこからの下りを気持ちよく下っていきました。元箱根で最終走者にバトンタッチ、あとは余祐のある人は後ろから追走します。大鳥居をくぐって、ついに芦ノ湖のゴール。
1時40分に大手町をスタートして、到着は16時半をまわっていました。約15時間の長旅でした。

最後は記念撮影をして、箱根のコテージへ移動してバーベキューによる盛大な打ち上げをしました。仲間と一つになって、大きなことを成し遂げるというのは、フルマラソンやウルトラマラソンとは、また違う魅力を感じました。






0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)