2012年4月16日月曜日

2012年春季陸上競技大会

2012年春季陸上競技大会

2012年4月7日(土)駒沢陸上競技場 5000m

昨年は最下位だった大会、今年も参加してきました。
この大会は誰でも参加できる大会で、短距離から長距離、フィールド種目まであり様々な年代の人が参加しています。

桜が満開の駒沢公園、お花見を楽しむ人々が多い中、
陸上競技場内では、熾烈な争い?が繰り広げられました。


昨年の大会は5000m22分10秒で最下位。しかし、
ここ1年は短距離も重点的に練習してきて、ペースメーカー付ですが、5000m20分45秒を出して、あわよくばこの大会で20分切りを狙うつもりでエントリーしたのですが、風邪気味で、くしゃみ、咳が止まらない状況で、どこまで耐えられるか、せめて最下位を脱出したいという思いで、スタートラインに立ちました。

当日は、晴れたものの風が強く、集団で走りたいところですが、レースは予想以上に速いペースで進み、1000mを4分2秒で通過するものの、集団から離れ、最下位を独走する状態になってしまいました。

こうなると、なすすべなく、踏ん張ろうとしても、タイムがあらず、2000mは4分17秒、3000mは4分23秒、じわりじわりと落ちてきます。4000mではついに、4分31秒、ハーフマラソンに近いペースになってしまいました。

ラスト1000mはスパートしましたが、21分30秒、昨年より40秒記録は良かったですが、今年も残念ながら最下位脱出できませんでした。

ペースメーカーがいる大会、いない大会では、全然違うことを実感しました。
トラックの大会でも、ちゃんと駆け引きができるよう、5000m20分以内の実力を早くつけたいと思いました。



LAP
1000m 4:02
2000m 4:17
3000m 4:23
4000m 4:31
5000m 4:17

タイム
21分30秒14

ホームページ
http://www18.ocn.ne.jp/~tokyo-rc/

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)