2013年2月14日木曜日

2013府中駅伝

2013年2月11日(祝・月) 第66回府中駅伝競走大会
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/tanoshimu/ibento/suport/ekidenntaikai/index.html


2週間前の真剣モードの奥むさし駅伝が無事、繰り上げなく襷がつながって、ほっと一息して、しばらく、ランを休憩していましたが、復帰のレースもまた、駅伝でした。

府中駅伝は、一般の部は、5キロ×5人で争われる、府中市外の人でも参加できる大会です。

会場は、11月の府中多摩川マラソンと同じ、郷土の森です。

会場までのアクセスは、駅は、西武多摩川線の是政駅、JR府中本町駅、JR・京王の分倍河原駅、京王府中駅などあるのですが、会場から近い駅は、乗換が面倒で、乗換なしでいける駅は、会場から離れているなど、非常に悩みます。

今回は、京王線の急行で東府中から待ち時間なしで、府中競馬正門前駅行きの電車に乗り換えることができたので、利用してみました。

それでも、歩いて25分ほど、でも、ウォーミングアップと思えば、天気もよく、ちょうど良い距離でした。

会場に到着して、体育館内では、開会式が行われていました。



外のスタート地点では、大型ビジョンが用意されて、意外と本格的と思いながら、スタートを待ちました。


午前10時半にレーススタート、自分は4区なので、ウォーミングアップしながら、待っています。大型ビジョンで、コース途中の様子も、映し出され、レース状況も把握できました。 





1時間後、出番となり中継所へ、遠くからランナーも確認できて、中継も混乱なくスタートできました。

身体が重い状態なので、タイムをあまり気にせず走ることにしました。

奥むさし駅伝は、参加者のレベルが高く、今年は結局、1人も抜くことができず終わりましたが、今回は、抜かされる数より、抜く数が多く、駅伝を楽しむことができました。

ただ走りは重く、最初の1キロをいいペースでいったものの、その後は、上がらず苦労しました。後半は、自分より少し速い女子高生について、離されないようにしてペースを維持する(やや姑息な?)作戦で、大幅なペースダウンをせずに5キロ襷リレーをしました。

5キロ:21分25秒 記録的にはやはり不本意なタイムでした。

無事チームは、1時間40分を切るタイムでゴールして、分倍河原駅で打ち上げをしました。
参加料1人当たり1000円、結構お得で楽しめる大会でした。



0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)