2008年9月29日月曜日

2008一関国際ハーフマラソン

2008年9月28日

レースシーズンのスタートです。会場は岩手県で前泊しようかと迷ったのですが、次週も宿泊するので、午前4時に起きて、東京6時4発の始発の新幹線で一ノ関に行くことにしました。この早い時間ですが、ランナーの姿もちらほら、東北新幹線の隣の上越新幹線の乗客は、「越後湯沢秋桜マラソン」の案内を持っている人を見かけました。

一ノ関駅に定刻どおり、8時36分に到着しました。(後で分かったのですが、新幹線が午前中ストップしていたことを考えると、無事到着できてよかったです。)

会場の一関市役所まで歩いていきました。薄曇りで暑くもなく、寒くもなく絶好のコンディションです。さらにこの大会は、昨年、山梨学院のモグス選手がハーフで59分58秒という日本記録よりも速い大会記録を出しており、好記録が出る予感。参加者も記録狙いと思われるランナーが大半でした。

受付で、水2リットルが渡され、ちょっとびっくりしながら市役所の中で準備をして、スタート地点につきました。この大会は、地元のラジオ局が生中継をしていて、スタート地点の実況の音声が聞こえます。スタート10秒前の合図もラジオの実況でした。

9時50分ハーフの部がスタートしました。800人弱ということもあり、スタートはスムーズで、思いのほかハイペースで走り始めました。ハーフは、いつもなら前半1キロ5分のペースで走るのですが、今回の1キロは4分35秒、夏の走りこみの成果?と思ったのですが、ちょっと速すぎました。少しペースを落としました。コースは市街地を抜けて田んぼ道へ、小刻みにアップダウンが続きます。第1折り返しが近づき、先頭集団とすれ違いました。駒沢大学(太田選手)VS早稲田大学(神澤選手)、今年の箱根駅伝10区アンカー対決の再現でした。5km通過、24分50秒(スタートロス10秒含む)と速めに通過して、その後、折り返してまた市中心部に戻り、沿道の声援もまた大きくなってきました。10km49分54秒、キロ5分ペースに戻り、後半のスパートに備えます。10kmを過ぎて風が強くなりはじめ、向かい風との戦いとなりました。それでも15km1時間14分30秒、残りの6km次第で、自己記録更新も可能なペース、しかし第2折り返しを曲がっても、向かい風が続きペースがあがらず、おもけにエネルギー切れ気味で、ペースダウンして、最後は苦しみました。結局自己記録には、3分足りない1時間47分台でのゴールとなりました。





この時期を考えれば、タイムとしてはまずまずでしたが、自己記録を狙える状態だっただけに少し残念な結果でした。ちなみに、トップは駒沢大学太田選手、上位も駒沢大学勢で、箱根駅伝、今年も強そうです。


ゴール後は、ひとめぼれのおにぎりと美人汁、バナナのサービスがあり、さらに市内の商店街には、参加選手に餅バイキングと芋の子汁がサービスされるコーナーがあり、お金を使わずに一関の名物を堪能しました。おまけに、近所の銭湯も無料で入れて、言うことなしです。





帰りは、新幹線が動き始めていましたが、混乱していたこともあり、仙台までは在来線を使いました。1時間半近くかかりましたが、小牛田の駅では、SLに遭遇し、思わず写真をとりました。




仙台から大宮までは新幹線を使い、ダイヤ混乱の影響でいつもより1時間以上かかってしまいましたが、無事に東京に戻ってこられました。

http://news.ibc.co.jp/item_9419.html


<ラップタイム>
0-5km 24:40
5-10km 25:04
10-15km 24:35
15-20km 26:34
ゴール: 1時間47分17秒

参加賞:Tシャツ、芋の子汁、美人汁、おにぎり、餅バイキング、水(2リットル)、スポーツドリンク、バナナ、飴、麦茶、入浴無料

交通費:20,850円
土日きっぷ(18,000円)
古川~一ノ関<新幹線自由席>(1,900円)
一ノ関~小牛田(在来線)(950円)

0 件のコメント:

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)