2010年9月26日日曜日

WGH RCタイムトライアル in ゆめのしま

25日(土)は、夢の島では今年3度目の5000m走に挑戦してきました。
先週までは暑かったのですが、昨日は肌寒く、朝から吹いた強い風も夕方にはなくなり、記録を狙うのには絶好の天気になりました。
今回のタイムトライアルは、ペースメーカーの3人が豪華で、
・砂田貴裕さん(100kmロード・公認世界記録保持者)
・平塚潤さん(元城西大学男子駅伝部監督)
・大崎栄さん(元東海大学陸上部コーチ)

箱根や世界で大活躍した選手が揃いました。
レースは、申告タイム順に5レースあり、私は、19分~21分台の部(3組目)に入りました。


1組目、2組目も申告タイムより速いタイムでゴールする選手が続出して、これは期待できそうだと思いました。
そして、3組目がスタートしました。

19分~21分の組ですが、大半は19分台を狙っている選手が集まったせいか、スタートからいきなりハイペースになりました。

自分のペースでいくか、できるだけ集団についていくか微妙なところでしたが、集団とあまり離れない位置で最後尾から走ることにしました。

1000mは4分6秒、予定よりも10秒くらい速いかなりのハイペース、でも何とか耐えられる感じです。最後尾は続いていますが、焦らず走りました。

2000mのラップは、4分9秒、あまり落ちず、20分台も狙えるタイム、ここで、後ろから2番目の人に追いついたので、離れないように走りました。

3000mのラップは、4分16秒、ちょっと落ちてきて苦しくなってきました。ここから課題なのですが、またしても、前の人についていけず徐々に離されてしまいました。

4000mのラップは、4分34秒、やはりこの区間でかなりペースダウン、周回遅れになって気持ちも切れそうなところ、しかし、このままでは自己ベストも厳しいと思い踏ん張りました。

ラスト1周、時計は19分50秒、自己ベスト(21分30秒)にはとても微妙なところ、
最後は大崎さんが並走、腕を引くなどアドバイスなどを頂き、ペースをあげることができました。
最後の100mを必死に走りきってゴール

21分20秒、10秒ですが、自己記録更新することができました。

しかし、来年1月の駅伝出場に向けて、ノルマは20分切りなので、あと80秒、まだまだ努力しないと駄目そうです。


1000m 4:06
2000m 4:09
3000m 4:16
4000m 4:34
5000m 4:15

21分20秒
参加賞 WghPro

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)