2013年8月22日木曜日

2013にちがくアクアスロン


にちがくアクアスロン 2013年8月18日(日) スイム300m ラン1.5km


短い距離ですが、初めてのアクアスロンに挑戦してきました。

会場は、家から徒歩圏内で、参加料が1000円と格安なので、気軽な気持ちでエントリーしてみました。

以前はジムで泳いでいたことは、ありましたが、最近は泳いでおらず、たまに泳ぐ時があっても、平泳ぎばかりで、クロールに関しては、25m泳いだら、疲れ切ってしまう感じなので、果たして300m泳ぎきれるか、一抹の不安を抱えながら、大会の当日を迎えました。

朝7時半過ぎ、徒歩で会場へ、今まで出場した中では、東京マラソンのスタート地点の新宿都庁が一番時間的に近い大会でしたが、今回の大会は距離も時間も速く20分足らずで、会場の日本学園中学校・高等学校に到着しました。




受付を済ますと、腕にレースナンバーを書いてもらいました。


トライアスリートになった気分です。

その後、プールが開放されているので、事前にウォーミングアップで50mほど泳いだのですが、やっぱり300mはかなり厳しいのではないかと感じ始めます。

そして、プールサイドのトランジットエリアで、ラン用のシューズ、Tシャツ、タオル等を置きました。

開会式が終わり、いよいよスタートです。


スイムは、プールの中に日本学園のトライアスロンの部の4人が立ち、その周りを周回する1周50mのコースで、一般の部は6周します。ランは、外に出て、学園内に作られた1周500mの周回コースを3周してゴールするコースとなっています。

20人弱でのウェーブスタートで、私は第3ウェーブでのスタートでした。

プールに入水して、スタートと同時に大きな波しぶきが立ち、いきなり、潜るタイミングを逸してしまいます。餌に群がる池の中の鯉のような状態で、体がぶつかりあってパニック状態になってしまいました。



自分ペースで泳ごうと思っていたのですが、そのような考えができないような密集状態で、息継ぎの時に水が入ってきたりして、パニック状態が続きました。

幸いプールなので、苦しくなったら立てば何とかなるのですが、時間はロスしてしまい徐々に集団から遅れはじめました。

人が少なくなったかと思ったら、後ろからまた速いスイマーが追い越しっていくので、また密集状態になって、10m泳いだら立ち、10m泳いだらまた、立つということを繰り返していました。

4周回したころから、先頭はすでに6周回を終えて、プールから上がりはじめました。

最下位かなと思ったら、後ろに1人いることが分かり、少しほっとします。5周回目からは、人がいなくなったので、平泳ぎをはじめます。(クロールとスピードが変わらずこちらの方が楽なことに気づきました。)

ようやく6周回を終えて、やっとプールを出ました。初めてのトランジットです。(これも憧れていたことです。)

Tシャツを着て、靴を履くだけなのですが、身体が濡れているので、なかなかTシャツが着れません。焦っているとなおさらです。さらに、靴を履くのにも多少手間取り、ランを始めるの時には、かなり疲労困憊してしまいました。

ランは構内の狭い道をくねくねと走るので、スピードが出ません。というより泳いだ後なので、力が入りません。

3周目のはじめに、ようやく1人抜き順位を上げます。その後、頑張って追い上げましたが、ゴールが近く、もう一人は抜けずに、この組の後ろから3番目でゴールしました。

5キロであれば、もう少し挽回できそうでしたが、1.5キロだと追いつく前に終わってしまいました。

結局16分55秒で50人中、42番目でした。



初めてのアクアスロン、楽しかったですが、もう少しクロールを泳げるようにならないと厳しいと実感させられました。



0 件のコメント:

Buy me a coffee

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間01分39秒 エリウド・キプチョゲ(ケニア) 2018年9月 ベルリンマラソン (2分53秒/km)

◆男子日本記録 2時間04分56秒 鈴木 健吾 2021年2月 びわ湖毎日マラソン(2分57秒7/km)

◆女子世界記録 2時間14分04秒 ブリジッド・コスゲイ (ケニア) 2019年10月 シカゴマラソン (3分11秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間09分14秒 風見 尚 (日本)  2018年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分42秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 57分32秒 キビウォット・カンディエ(ケニア) 2020年12月(スペイン・バレンシア)(2分43秒6/km)
◆男子日本記録 1時間00分00秒 小椋 裕介 2020年2月(香川丸亀国際ハーフ)(2分50秒6/km)
◆女子世界記録 1時間04分02秒 ルース・チェプンゲティッチ(ケニア)2021年4月トルコ・イスタンブールハーフマラソン (3:02.1/km)
◆女子日本記録 1時間06分38秒 新谷仁美 2020年1月 米国・ヒューストンハーフマラソン (3:09.5/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)