2013年9月12日木曜日

2013草津温泉熱湯マラソン

先週に引き続きの遠征で、初めて草津温泉に行き、熱湯マラソン走ってきました。


2013年9月7日(土)

今週も高速バス新宿10時発の「上州ゆめぐり号」で、草津温泉に向かいました。

料金は早割・ネット割で片道2,380円と格安ですが、3時間半以上の長旅です。

途中、上里SAの休憩では、SA名物のかつトーストを食べて、午後2時前に草津温泉バスターミナルに到着しました。




お昼すぎから雨が断続的に降る中、今回は合宿も兼ねているので、チームと合流して、前日受付会場の草津国際スキー場に向かいました。

参加賞はタオル、キャラメル、そして、無料の温泉入浴券が入っていました。




その後、雨の中、翌日の10キロコースの試走をしました。2キロ過ぎの地点からスタートしましたが、ずっと上り坂が続きました。途中多少下り坂はありましたが、ゴールまではほぼ上り坂でした。






そして、スタートから2キロまでは、急な下り坂で、名所・湯畑の前を通って、宿に戻りました。





1時間ほどで試走を終えて、10キロのコース中、下りが3割、上りが7割で、ほとんど上り坂を走っている感覚で、おまけにスタート地点よりゴール地点の標高が10m近く高くなっています。元々草津は標高1200mと高地なので、呼吸も厳しく、(ベストより6分以上遅い)50分を切るのは難しそうな印象を受けました。


2013年9月8日(日)大会当日

雨はやはり断続的に強く降ったり、弱くなったりする中、午前5時頃、目が覚めました。

テレビをつけるとちょうど、五輪の開催地が発表しようとしていました。

(ちなみに2009年の時の開催地発表は、知床で見ていました。)

予想外のイスタンブールと東京の決選投票の末、東京に決まりました。


興奮冷めやらぬ中、レース会場に向かいました。


会場では早速、地元・上毛新聞の五輪決定の号外が配られていました。




会場はスキー場なので、トイレなどスペースがあり快適に事前の準備をして、
6キロの部、2キロの部がスタートした後、9時20分、10キロの部(第1部)がスタートしました。




前日の試走で、作戦としては2キロまでの下りは、ここしか実質、スピードを出して走れないので、思いっきり下って、2キロ~3キロで呼吸を整えるため多少ペースを落として、その後の上り坂は、耐えながら上りきってゴールを目指すという感じです。


涼しく走りやすい天候の中、最初は勢いに任せて下って行きました。最初の1キロは4分15秒、次の1キロは3分58秒、5000mでもあまり走ったことないハイペースです。

湯畑の下りは、特に急でしたがブレーキをかけずに、多くの観光客が見守る中、気持ちよく下っていきました。



そして、上り坂に備えてペースを徐々に抑えていきました。

下りの勢いで、しっかり結んだはずの靴ひもがほどけてしまっていたので、上り坂が始まったあたりで、立ち止まって靴ひもを締め直しました。


ほどなくして、サイクリングロードの森の中にコースは入りました。

見た目以上に上り坂がきつく、キロ6分のペースを維持できません。下りの貯金は早々に無くなってしまいました。

前日のサイクリングロード(進行とは逆方向から)

周りのランナーも、完全に足が止まっています。

5キロの中間点は、24分33秒で通過。後半は上り基調の道ばかりなので、この時点で50分切りはかなり厳しくなってしまいました。

長かったサイクリングロードを抜けると、県道55号線へ。緩い上り坂の後、下り坂に入り、ここでリズムを若干取り戻します。

8キロ手前で、折り返すと、またゴールまでほぼ上り坂が続きます。

10キロなのに、心が折れそうなコース、空気が薄く酸欠の症状も出始めました。




ラスト1キロは、思ったほどスパートする力も残っておらず、失速気味でゴールしました。



51分11秒、このコースに完敗してしまいました。


とはいえ、種目別順位は3分の1、このタイムより速く走った女性は10名ちょっとで、コースの難易度の高さが分かります。

秋・冬に向けては良いトレーニングになりました。

ゴール後、ドリンク、記録証と温泉まんじゅうを頂き、雨が降り続いていたので、早めに会場を離れて、温泉を楽しみました。




コース上の湯畑周辺は、観光客がいっぱいでした。
ここを走れたのは、貴重な体験でした。





そして、湯畑のそばにも、温泉施設(御座之湯)があり、草津に来てから4度目の入浴をしました。温泉三昧を堪能しました。






草津に滞在中は、ずっと雨が降っていましたが、堪能して、帰りも高速バスで、途中、上里SAで、もつ煮を食べて、東京に戻りました。



1998年長野五輪は、開会式をはじめ、ジャンプ、スピードスケート、ノルディック複合など観戦することができました。
2020年東京五輪は、色々と観戦もしたいですが、何か五輪のお手伝いができればと思っています。

7年後の自分はどうなっているか、まだ走っているのか。。。。走っていたいです。

LAP TIME 
0-5km 24:33
5-10km 26:38

51分11秒


参加賞:タオル、無料温泉入浴券、キャラメル、ドリンク、温泉饅頭


草津温泉熱湯マラソンホームページ

草津温泉観光協会

1998長野五輪 開会式 


0 件のコメント:

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)