2008年1月27日日曜日

2008大阪国際女子マラソン 結果速報

大阪国際女子マラソンが終わりました。
予想通り、福士選手が飛び出す展開で、30km以降どのような走りをするのか注目されましたが、残念ながら失速してしまい、マーラ・ヤマウチ選手が35km手前でトップに立ち優勝しました。日本人選手は、森本選手の2位が最高で2時間25分台の記録でした。

福士選手のペースは、飛び出しはしましたが、無謀なラップタイムではなかったので、作戦自体は間違いではなかったと思います。やはりスタミナがマラソンを走る上では、足りなかったということでしょうか。

日本人が優勝しなかったため、これで五輪代表選びは、今までよりもめる要素がなくなりました。名古屋で勝った人が代表に選ばれることになるでしょう。高橋尚子選手は、無理なレース展開をする必要がなくなり、後半にギアチェンジをかける展開に持ち込めば選ばれる可能性が高くなります。ただ、代表へのタイムのボーダーラインが下がったことにより、嶋原選手など名古屋へ参加するその他の選手も選ばれる可能性が出てきました。

誰が名古屋で勝つか注目です。

2008大阪国際女子マラソン (1月27日)
1 Mara YAMAUCHI (英国) 2:25:09
2 森本 友 (天満屋) 2:25:34
3 Julia,MUMBI (アルゼ) 2:26:00
4 大平 美樹 (三井住友海上) 2:26:09
5 扇 まどか (十八銀行) 2:26:55
6 Lidia SIMON (ルーマニア) 2:27:17
7 奥永 美香 (九電工) 2:27:52
8 藤川 亜希 (資生堂) 2:28:06
9 Constantina TOMESCU (ルーマニア) 2:28:15
10 Christelle DAUNAY (フランス) 2:28:24
11 中山 亜弓 (ヤマダ電機) 2:28:50
12 安藤 美由紀 (第一生命) 2:29:07
13 大越 一恵 (ダイハツ) 2:29:31
14 Olesya NURGALIEVA (ロシア) 2:31:23
15 岡本 治子 (ノーリツ) 2:32:09
16 ナタリア・ベルクト (ウクライナ) 2:32:15
17 江崎 由佳 (九電工) 2:32:33
18 松原 由貴子 (旭化成) 2:34:05
19 福士 加代子 (ワコール) 2:40:54
20 ビリンダ・シップ (オーストラリア) 2:41:16

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)