2012年3月7日水曜日

2012びわ湖毎日マラソン 結果(ラップタイム)+五輪代表争い

ロンドン五輪の代表選考会のびわ湖毎日マラソンは、冷たい雨の中、行われましたが好記録が続出しました。

優勝は、ドゥング選手
日本人トップ争いは、逆転に次ぐ逆転で、山本選手が4位で日本人トップ、中本選手が5位、堀端選手が11位でした。

堀端選手大本命だと思っていたのですが、寒さと気負いで思うような走りができませんでした。
中本選手の安定した成績はすごいです。1万メートル29分台のベストで2時間8分台の記録は見事でした。
出岐選手も健闘、2時間10分2秒は、今後楽しみです。

その上をいったのが、山本選手、自分も走っていた2009年の北海道マラソンでも、後半驚異的な追い上げで2位でしたが、今回も、同様の展開で大逆転で日本人トップとなりました。


第67回びわ湖毎日マラソン大会 結果
The 67th LAKE BIWA MAINICHI MARATHON
2012年3月4日 12時30分スタート

1位 サムエル・ドゥング (KEN/愛知製鋼) 2:07:04 
 NDUNGU,Samuel  
  
  0- 5km 15:08 (3:02/km)
  5-10km 15:05 (3:01/km)
 10-15km 15:00 (3:00/km)
 15-20km 15:10 (3:02/km)
 20-25km 15:00 (3:00/km)
 25-30km 14:51 (2:58/km)
 30-35km 14:56 (2:59/km)
 35-40km 15:20 (3:04/km)
 40-Goal 06:34 (2:59/km)

前半 1:03:41  
後半 1:03:23  

2位 ヘンリク・ゾスト (POL) 2:07:39 
 SZOST,Henryk  
  
  0- 5km 15:10 (3:02/km)
  5-10km 15:04 (3:01/km)
 10-15km 15:01 (3:00/km)
 15-20km 15:09 (3:02/km)
 20-25km 15:00 (3:00/km)
 25-30km 14:50 (2:58/km)
 30-35km 15:12 (3:02/km)
 35-40km 15:27 (3:05/km)
 40-Goal 06:46 (3:05/km)

前半 1:03:43  
後半 1:03:56  

3位 アブデラ・タグラフェ (MAR) 2:08:37 
 TAGHRAFET,Abdellah  
  
  0- 5km 15:08 (3:02/km)
  5-10km 15:05 (3:01/km)
 10-15km 15:00 (3:00/km)
 15-20km 15:10 (3:02/km)
 20-25km 15:01 (3:00/km)
 25-30km 14:50 (2:58/km)
 30-35km 15:12 (3:02/km)
 35-40km 15:58 (3:12/km)
 40-Goal 07:13 (3:17/km)

前半 1:03:41  
後半 1:04:56  


4位 山本 亮 (佐川急便) 2:08:44 
 YAMAMOTO,Ryo  
  
  0- 5km 15:10 (3:02/km)
  5-10km 15:04 (3:01/km)
 10-15km 15:01 (3:00/km)
 15-20km 15:09 (3:02/km)
 20-25km 15:01 (3:00/km)
 25-30km 15:05 (3:01/km)
 30-35km 15:31 (3:06/km)
 35-40km 15:54 (3:11/km)
 40-Goal 06:49 (3:06/km)

前半 1:03:43  
後半 1:05:01  



5位 中本健太郎 (安川電機) 2:08:53
 NAKAMOTO,Kentaro  
   
  0- 5km 15:09 (3:02/km)
  5-10km 15:05 (3:01/km)
 10-15km 15:00 (3:00/km)
 15-20km 15:09 (3:02/km)
 20-25km 15:01 (3:00/km)
 25-30km 15:06 (3:01/km)
 30-35km 15:30 (3:06/km)
 35-40km 15:46 (3:09/km)
 40-Goal 07:07 (3:15/km)

前半 1:03:42  
後半 1:05:11  


6位 森田 知行 (カネボウ) 2:09:12 
 MORITA,Tomoyuki  
  
  0- 5km 15:09 (3:02/km)
  5-10km 15:05 (3:01/km)
 10-15km 15:01 (3:00/km)
 15-20km 15:09 (3:02/km)
 20-25km 15:00 (3:00/km)
 25-30km 15:06 (3:01/km)
 30-35km 15:35 (3:07/km)
 35-40km 16:04 (3:13/km)
 40-Goal 07:03 (3:13/km)

前半 1:03:42  
後半 1:05:30  


7位 堀口 貴史 (Honda) 2:09:16
 HORIGUCHI,Takashi  
   
  0- 5km 15:08 (3:02/km)
  5-10km 15:05 (3:01/km)
 10-15km 15:01 (3:00/km)
 15-20km 15:09 (3:02/km)
 20-25km 15:01 (3:00/km)
 25-30km 15:06 (3:01/km)
 30-35km 15:31 (3:06/km)
 35-40km 15:57 (3:11/km)
 40-Goal 07:18 (3:20/km)

前半 1:03:42  
後半 1:05:34  


8位 林 昌史 (ヤクルト) 2:09:55
 HAYASHI,Masashi  
   
  0- 5km 15:08 (3:02/km)
  5-10km 15:05 (3:01/km)
 10-15km 15:00 (3:00/km)
 15-20km 15:10 (3:02/km)
 20-25km 15:00 (3:00/km)
 25-30km 15:07 (3:01/km)
 30-35km 15:54 (3:11/km)
 35-40km 16:30 (3:18/km)
 40-Goal 07:01 (3:12/km)

前半 1:03:41  
後半 1:06:14  


9位 出岐 雄大 (青山学院大) 2:10:02
 DEKI,Takehiro  
   
  0- 5km 15:10 (3:02/km)
  5-10km 15:03 (3:01/km)
 10-15km 15:01 (3:00/km)
 15-20km 15:09 (3:02/km)
 20-25km 15:01 (3:00/km)
 25-30km 14:50 (2:58/km)
 30-35km 15:44 (3:09/km)
 35-40km 16:42 (3:20/km)
 40-Goal 07:22 (3:21/km)

前半 1:03:41  
後半 1:06:21  


10位 エルネスト・ケベネイ (KEN) 2:10:04 
 KEBENEI,Ernest  
  
  0- 5km 15:09 (3:02/km)
  5-10km 15:04 (3:01/km)
 10-15km 15:00 (3:00/km)
 15-20km 15:10 (3:02/km)
 20-25km 15:00 (3:00/km)
 25-30km 14:51 (2:58/km)
 30-35km 15:20 (3:04/km)
 35-40km 16:32 (3:18/km)
 40-Goal 07:58 (3:38/km)

前半 1:03:41  
後半 1:06:23  
   
  
11位 堀端 宏行 (旭化成) 2:10:05
 HORIBATA,Hiroyuki  
   
  0- 5km 15:08 (3:02/km)
  5-10km 15:04 (3:01/km)
 10-15km 15:01 (3:00/km)
 15-20km 15:10 (3:02/km)
 20-25km 15:00 (3:00/km)
 25-30km 14:51 (2:58/km)
 30-35km 15:29 (3:06/km)
 35-40km 16:29 (3:18/km)
 40-Goal 07:53 (3:35/km)

前半 1:03:41  
後半 1:06:24  


12位 ルジェロ・ペルティレ (ITA) 2:10:06
 PERTILE,Ruggero  
   
  0- 5km 15:11 (3:02/km)
  5-10km 15:03 (3:01/km)
 10-15km 15:00 (3:00/km)
 15-20km 15:10 (3:02/km)
 20-25km 15:00 (3:00/km)
 25-30km 15:23 (3:05/km)
 30-35km 16:00 (3:12/km)
 35-40km 16:08 (3:14/km)
 40-Goal 07:11 (3:16/km)

前半 1:03:43  
後半 1:06:23  


13位 石川 末廣 (Honda) 2:11:13 
 ISHIKAWA,Suehiro  
  
  0- 5km 15:10 (3:02/km)
  5-10km 15:04 (3:01/km)
 10-15km 15:01 (3:00/km)
 15-20km 15:10 (3:02/km)
 20-25km 15:00 (3:00/km)
 25-30km 15:15 (3:03/km)
 30-35km 16:03 (3:13/km)
 35-40km 17:12 (3:26/km)
 40-Goal 07:18 (3:20/km)

前半 1:03:43  
後半 1:07:30  


14位 佐藤 智之 (旭化成) 2:12:19 
 SATO,Tomoyuki  
  
  0- 5km 15:09 (3:02/km)
  5-10km 15:06 (3:01/km)
 10-15km 15:01 (3:00/km)
 15-20km 15:10 (3:02/km)
 20-25km 15:10 (3:02/km)
 25-30km 15:43 (3:09/km)
 30-35km 16:30 (3:18/km)
 35-40km 16:58 (3:24/km)
 40-Goal 07:32 (3:26/km)

前半 1:03:46  
後半 1:08:33

  
15位 岡本 直己 (中国電力) 2:12:31 
 OKAMOTO,Naoki  
  
  0- 5km 15:11 (3:02/km)
  5-10km 15:03 (3:01/km)
 10-15km 15:05 (3:01/km)
 15-20km 15:41 (3:08/km)
 20-25km 15:30 (3:06/km)
 25-30km 15:45 (3:09/km)
 30-35km 16:12 (3:14/km)
 35-40km 16:42 (3:20/km)
 40-Goal 07:22 (3:21/km)

前半 1:04:28  
後半 1:08:03

***************
五輪選考会の成績を整理するとこうなります。

'11年9月4日 テグ世界選手権
7位 堀端 宏行 2時間11分52秒
10位 中本健太郎 2時間13分10秒
18位  川内 優輝 2時間16分11秒

'11年12月4日 福岡国際マラソン
3位 川内優輝 2時間9分57秒
4位 今井正人 2時間10分32秒
6位 前田和浩 2時間11分46秒

'12年2月26日 東京マラソン
2位 藤原新 2時間7分48秒
6位 前田和浩 2時間8分38秒
14位 川内優輝 2時間12分51秒

'12年3月4日 びわ湖毎日マラソン
4位 山本亮 2時間8分44秒
5位 中本健太郎 2時間8分53秒
11位 堀端宏行 2時間10分5秒

3つの視点で整理すると

1)大会別の出場選手層の厚さ (順位)
(上位に入るのが難しい大会)

世界陸上 > 東京 > びわ湖 > 福岡
(自己ベストで比較)

2)日本人選手層の厚さ
(日本人1位に入るのが難しい大会)

世界陸上 > びわ湖 > 東京 > 福岡


3)気象条件の厳しさ 
(タイムが出るのが難しい大会)

世界陸上 > びわ湖 > 福岡 > 東京


最近の陸連の選考基準

1)選考会重視 (過去の実績はあまり考慮されない。)
2)日本人1位重視
3)追試の場合は、厳しい評価 (優勝等の成績でないと選ばれない)

以上を踏まえると、

あの豪華メンバーでトップと10数秒差の2位で2時間7分台に入った藤原新選手は、今回の選考会の中で別格の強さであったといえるでしょう。 

次に、びわ湖で雨の中2時間8分台で、なおかつ、日本人トップに入った 山本亮選手も、まず選ばれるでしょう。

残る1人は、
世界陸上7位の堀端選手
福岡3位の川内選手
東京6位の前田選手
びわ湖5位の中本選手 

の4名の中から選ばれることになると思いますが、

前田選手はこの4人うち記録がよいですが、追試の東京で日本人2位、福岡で川内選手に負けているので厳しいでしょう。

川内選手は、東京マラソンの成績が考慮されないとしても、世界陸上で先着の堀端、中本選手と比べて、福岡でのタイムは、中本選手より悪く、堀端選手とほぼ変わらない。順位も福岡は有力選手が走っていないため3位だとインパクトに欠ける。

堀端選手は、世界陸上の成績の優先度が高ければ、選ばれる可能性が高いですが、過去メダルに近い5位までの選手は選ばれていますが、7位で選ばれた実績はありません。また、また、世界陸上10位の中本選手との直接対決に負けて、自己ベストでも他の候補選手よりも遅いタイムなので、選出は厳しいでしょう。

以上を踏まえると、中本選手が3人目として、選ばれる可能性が高いと思います。 
(中本選手以外を選ぶとどうじても矛盾が生じると思います。)

補欠については、レース間隔が短くても走ることができる川内選手が選ばれるような気がします。
(実業団選手は、調整が難しいとの理由で補欠は敬遠されているので。。)

今、強い、マラソン選手3名を選ぶとしたら、藤原、堀端、川内の3名だと思いますが、選考会なので、若い堀端・川内選手は、まず日本記録更新を目指して、切磋琢磨してほしいです。

それにしても、もし中本選手があのまま日本人1位でゴールしていたら、3人目の選手は堀端・川内・山本・前田の4選手の争いになっていたので相当もめていたと思います。

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)