2016年3月19日土曜日

2016よろこびのまち久喜マラソン

2016年3月13日(日)第1回よろこびのまち久喜マラソン(埼玉・ハーフマラソン)
http://www.kuki-marathon.com/

川内優輝選手の地元、埼玉県久喜市で第1回のマラソン大会が開催されました。

3月13日(日)朝6時20分頃の新宿駅は、ランナーで溢れていました。
JR宇都宮線沿線では、この日、古河はなももマラソンも行われます。


午前7時15分頃、久喜駅に到着。
久喜駅は東武伊勢崎線も乗り入れているので、久喜駅で降りる人もランナー、久喜駅から乗る人も(古河を走る)ランナーという状態でした。


久喜駅から送迎バスで、会場の久喜市総合運動公園に到着


広々とした会場です。


参加賞を受け取り、体育館内で準備を進めます。


会場内では、久喜市の歌「笑顔のまち永遠なれ」が女性、男性、様々なバージョンで流れて、頭から離れなくなりました(笑)。



久喜市PRビデオ1000人一発撮り「ワンカット撮影編」 https://youtu.be/tNbvU7_x83w



そして、陸上競技場に移動。
出店では、川内優輝選手が過去に出場した大会のナンバーカードが展示されていました。






そして、開会式では、川内優輝選手の挨拶で、地元のコースの紹介、そして、今回は楽しみながら走ると宣言していました。


「走るときには、着替えて走ってください。スーツじゃいいタイムが出ないと思うので」
とMCの方からツッコミが入りましたが。。。。(この後、意外な展開が)


開会式が終わり、一旦、体育館へ。

先週とは、一転して、冬に逆戻りしたような天候で、ギリギリまで、暖をとって、スタート地点に向かいました。


今回のタイム計測は、紙を靴紐で輪っかにして接着するタイプでした。

久喜市のゆるキャラに見送られて、午前9時ハーフマラソンがスタートしました。

フルマラソンから1週間後ということもあり、無理しない程度に走ることにしました。


久喜市役所、総合文化会館前を通過して、久喜駅方面に向かいます。





久喜駅前では、太鼓での応援がありました。



その後、コースはJR宇都宮線や東武線の電車を横目に走ることにします。


最初はキロ5分を超えるペースでしたが、混雑がなくなりペースが上がって、キロ4分50秒台のペースになってきました。


走るには、風もなく、気温も汗がほとんど出ず、自分にとっては最高のコンディションでした。


コースは、コスモスふれあいロードに入り、長閑な雰囲気です。


5kmは、24分43秒で通過、最近では珍しくキロ5分を切るペースで走れています。


コースは河津桜の並木沿いに。
先導車とすれ違い、「川内選手がスーツ姿で走っています。」というアナウンスが流れました。

ランナーがどよめきます。

トップは、川内選手の練習パートナーの牧野選手、2番目に平成国際大学選手が通過して、

3番目に、スーツ姿の川内優輝選手が颯爽と通過していきました。




動画 スーツ姿で走る川内優輝選手 2016久喜マラソン 

そのあと、三男の川内鴻輝選手、次男の川内鮮輝選手が通過していきました。
スーツでも、 兄弟対決では負けていません。


コースは、(あまり詳しくありませんが。)アニメ「らき☆すた」の聖地「鷲宮神社」に、ここが折り返し地点になっています。


鳥居の前では、たくさんの地元の方の応援がありました。




給水もほとんど取らず、折り返してからもまずまずのペースで進んでいきます。


10kmまでの5kmは24分24秒、1時間45分は切れそうなペースになってきました。


前半は、ほとんどフラットでしたが、後半に入って、初めての大きなアップダウンのJR宇都宮線のアンダーパスの下りと上り、ここもいいペースで通過できました。


住宅街で、沿道からの声援も増えてきました。


コースは、JR東北新幹線の高架下の道を走ります。
15kmまでの5kmは、24分11秒。しかし、直近の1キロのペースが落ちてきました。


足は動かしているつもりですが、なかなかタイムが上がってこず、もがきはじめてきました。


往路は西口でしたが、復路は久喜駅東口を通過して、残り4km、ここからが踏ん張りどころです。


そして、最後の難所は、JR宇都宮線の陸橋、長い上り坂が続きます。


ここで、心が折れそうになったのですが、そんなところで、
1時間6分42秒でフィニッシュした川内優輝選手がランナーとハイタッチしながら、逆走してきました。(この時は、スーツではなかったです。)

20kmまでの5kmは、25分17秒
最後はキロ5分を超えるペースになりましたが、久しぶりに、ハーフマラソンをきっちり走ってフィニッシュしました。


1時間44分7秒、ベストよりはまだ7分遅いですが、徐々に良くはなってきました。


この日は、名古屋ウィメンズマラソンの結果も気になっていたので、早めに会場を後にしましたが、たくさんの出店があり賑わっていました。


どんな内容か分かりませんが、萌☆輪ぴっく というイベントも開かれていました。

久喜市らしいゆる〜い感じと、第1回のドタバタ感がありましたが、変化に富んでいながら走りやすいフラットなコースで楽しんで走ることができました。






LAP TIME
  0-  5km 24:43 (4:56.6/km)
  5-10km 24:24 (4:52.8/km)
10-15km 24:11 (4:50.2/km)
15-20km 25:17 (5:03.4/km)
20-Finish 05:32 (5:02.5/km)
ネットタイム 1:44:07 (4:56.1/km)
グロスタイム 1:44:35

参加賞:タオル、ドリンク

====
川内優輝選手の2016年の成績
1/10(日) いぶすき菜の花マラソン (鹿児島・フル)優勝 2:15:14 (3:12.3/km)
1/17(日) 奥球磨ロードレース (熊本・ハーフ)2位 1:04:00 (3:02.0/km)
1/24(日) 広野“ふる里ふれあい”マラソン (福島・ハーフ)ゲストランナー
1/31(日) 奥むさし駅伝 (埼玉・2区5.4km) 区間賞 16:45 (3:06.1/km)
2/ 7(日) 埼玉県駅伝 (埼玉・3区12.1km)区間2位 37:36 (3:06.4/km)
2/14(日) 唐津10マイル(佐賀・10マイル)13位 48:09 (2:59.5/km) 
2/21(日) 青梅マラソン(東京・30km)3位 1:32:40 (3:05.3/km)
3/ 6(日) びわ湖毎日マラソン(滋賀・フル)7位 2:11:53 (3:07.5/km)
3/13(日) 久喜マラソン(埼玉・ハーフ)ゲスト3位相当 1:06:42 (3:09.7/km)

川内優輝選手の2015年の全成績 http://bit.ly/1ZDLLyQ
川内優輝選手の2014年の全成績 http://bit.ly/1xw99no

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間04分51秒 ジョイシリネ・ジェプコスゲイ (ケニア)2017年10月(バレンシアハーフマラソン・スペイン) (3分04秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)