2016年11月12日土曜日

2016天童ラ・フランスマラソン



2016年11月5日(土)天童ラ・フランスマラソン(ハーフマラソン・山形)
http://www.lafrance-marathon.com/

11月5日(土)、6日(日)は、東北遠征 山形県天童市、岩手県久慈市の2つの大会に出場しました。

まずは、天童ラ・フランスマラソン

2016年11月4日(金)夜 23時50分

3度目のバスタ新宿、夜行バスでの利用は初めてですが、待合室は若者を中心に大混雑していました。




バスに乗って6時間ほど、午前6時前に山形駅に到着しました。
3列シート、カーテンで仕切りもあり、それなりに眠ることができました。


2年前に長井マラソン走りましたが、山形駅には来なかったので、約10年ぶりの山形駅?です。その時より、大きなビルが増えた気がします。


天童方面行きの電車は、1時間以上先なので、駅で朝食をとります。


とはいえ、この時間に唯一空いているのは、新幹線ホーム内にある駅そば、駅員さんに事情を話すと、新幹線の入場券なしで、入ることができました。



ここでは、山形名物の芋煮そばを頂きました。500円でもボリュームあり、走る前には十分な量で、そして、身体も温まりました。


午前7時過ぎ、JR奥羽本線に乗って、20分弱、天童南駅に到着しました。





天童南駅から歩いて会場の山形総合運動公園に向かいます。

将棋の街でもある天童、街の所々に、将棋の駒がありました。




8時前に、運動公園に到着、銀杏並木の紅葉は綺麗に色づいていました。






スタート・ゴール、J2 モンテディオ山形のホームスタジアム、NDソフトスタジアム山形


(NDソフトといえば、陸上部は初のニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝)の出場を11/3に決めました。)


立派なスタジアムです。
(トラックと観客席の距離が離れているので、陸上やサッカー観戦は少し遠く、見づらいかもしれません)

総合体育館で、参加賞のラフランスなどを受け取り、準備します。



観客席は、木製です。

荷物を預けて、スタート地点に向かいました。


午前8時45分に3キロの部がスタート。



3キロの部のランナーがゴールし終わって、午前9時20分ハーフマラソンがスタートしました。



今回は、土日連戦ということもあり、あまり無理せずイーブンペースを心がけてゆっくり楽しんで走ることにしました。


渋滞気味の競技場を抜けると、並木道の広い道路に入りました。


早朝は肌寒かったですが、スタートの頃には気温も上がり走りやすいコンディションになってきました。


ゲストランナーの金哲彦さん、中村優さんを抜いて、コースは住宅地へ、ここから5kmまでは上り坂と、沿道の方がスピーカーを使ってアナウンスしてくれています。




2キロ過ぎには、早くも、ラフランスのエイドが登場しました。


早速、食べることにしました。りんごや梨は食感があり、しっかり噛む必要がありますが、熟したラフランスだと、あまり噛まずに食べることができるので、マラソンのエイド向きの果物だと感じました。


最初キロ6分近くかかりましたが、少しペースを上げて、天童のくだもの畑を走っていきます。



5kmは、28分50秒で通過。今日はタイムを気にせず、エイドではしっかりラフランスを食べていきます。


5kmを過ぎると緩やかな下り坂が続きます。

りんご畑、そして、高台から天童市内の街並みを望むことができます。


心地よいペースで走って、地元の方のエイドが頻繁にあり、ぶどうも頂きました。




上り坂、下り坂とアップダウンを繰り返しながら、くだもの畑を走っていきます。



下り基調でペースも上がってきました。



徐々に風が強くなってきましたが、追い風気味なので、余力を持って進んでいきます。


天童の中心部に近くなり、沿道の応援が増えてきました。10kmまでの5kmは27分16秒。2時間切りのペースで、2週前の軽井沢よりも早くゴールできそうです。


12km手前で、折り返すと、強い向かい風を受けることになりました。


ここからは、長い上り坂、向かい風でタイムは上がりませんが、前を走るランナーはどんどん抜くことができ、気持ちよく走れています。



ラフランスを食べつつ、最近苦労している後半、ペースを維持しています。



15kmまでの5kmは、27分8秒。上り坂と向かい風が多いこの区間でペースが上がりました。



多くの声援を受けながら、第2折り返し地点でUターンすると、コースは下り坂、追い風気味でペースが上がっていきました。



あまり無理をしない程度のペースで走れて、久しぶりにラスト5km、あまり苦しまずに走れています。


ラスト2kmを切って再び、向かい風になりましたが、20kmまでの5kmは26分37秒。久しぶりにビルドアップでゴールを迎えられそうです。


美しい並木道を通り、運動公園内へ、NDソフトスタジアム山形のトラックを1周します。





1時間55分42秒、アップダウンの多いコース、風の影響を受け、ラフランスをたくさん食べましたが、2週前の軽井沢リゾートマラソンよりも4分近く速いタイムで余力を残してゴールできました。


久しぶりに後半の方が速いネガティブラップで、一時期のスランプ状態よりは良くなってホッとしました。全盛期よりはまだ遠いですが。。




レース後のお楽しみは、たっぷりの芋煮、そして、やっぱりラフランス。


走った後の芋煮は最高です。



今年のラフランスマラソンは、J2モンテディオ山形の試合が翌日・日曜日に行われる関係で、土曜日開催でしたが、仙台など近県からの参加者も多く、首都圏からもたくさん参加していました。


実際、走ってみて、人気の理由も分かった気がしました。


ラフランスの皮むき大会やじゃんけん大会、トークショーなどのイベントも見たかったのですが、残念ながら、久慈に行く時間が迫っていたので、仙台方面に近い山寺駅のシャトルバスに乗り込みました。


不勉強で、山寺を良く知らなかったのですが、駅前に着いたら、想像以上の観光客の多さにびっくりました。


山寺・立石寺に登って見たいと思うほどの景色でしたが、電車の時間が迫っているので、出店で燻製チキンだけ買って、駅付近を散策して、山寺駅のホームに向かいました。











(山寺駅、簡易型ですがSuicaも利用できます。)




13時15分発の仙台行きの電車に乗り込み、翌日の大会会場の久慈まで、長い移動が始まりました。

(久慈あまちゃんマラソンに続く





LAP TIME
  0-  5km 28:50 (5:46.0/km)
  5-10km 27:16 (5:27.2/km)
10-15km 27:08 (5:25.6/km)
15-20km 26:37 (5:19.4/km)
20-Finish 05:51 (5:19.6/km)
ネットタイム 1:55:42 (5:29.0/km)
グロスタイム 1:56:20 

参加賞:ラフランス3個、ラフランスジュース、バスタオル、芋煮、スポーツドリンク

http://www.lafrance-marathon.com/

2016天童ラ・フランスマラソン スタートからフィニッシュまでダイジェスト https://youtu.be/3QTKxo-5FJc

(久慈あまちゃんマラソンに続く

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)