2015年12月12日土曜日

2015いたばしリバーサイド・ハーフマラソン

2015年12月6日(日)いたばしリバーサイド・ハーフマラソン(荒川戸田橋陸上競技場)

次週のフルマラソンに備えて、久しぶりに荒川沿いのハーフマラソンに出場しました。

午前8時過ぎに、埼京線の浮間舟渡駅で下車。ここから路線バスもありますが、ウォーミングアップも兼ねて、30分ほど歩いて会場に向かいました。


途中、板橋Cityマラソン(旧・荒川市民マラソン)のメイン会場の広場を通過して、そこよりも上流の戸田橋陸上競技場に8時半過ぎに到着しました。


受付テントと更衣テント、貴重品預かり、荷物置き場、数軒の出店テント、簡易トイレ、
前週の江東シーサイドマラソンよりも、とてもシンプルな会場のレイアウトです。


混雑する前に、トイレを済ませて、走る準備を始めました。



トラックでアップをして、スタート時間を待ちました。

コースは、5km下流に走って折り返して、一旦フィニッシュ地点を通過して、約5.5km今度は、上流を走って、戻ってくる、アップダウンは、15km前後にあるだけのフラットな21kmです。



今回は、できれば1時間40分切りを目指したいところですが、現在の調子から考えて、11月の上尾ハーフの1時間43分台より速く走ることを目標にしました。



川沿いで強い強風が吹く中、午前9時45分にスタートしました。


最初は追い風に乗って、キロ4分40秒前後の速いペースで走っていきます。周りのランナーも公認大会ということもあり記録狙いの真剣モードの方が多いです。
東京スカイツリーが時折見える道を順調に走って、5kmは23分47秒で通過しました。

しかし、折返し後、向かい風になって、ペースは案の定落ちてしまいました。
単独走になったら、まともに、風を受けるので、そうならないように、ペースを調整して踏ん張りました。

スタート地点に戻って、10km通過、この5kmは24分57秒、キロ5分ペースになりました。とりあえず、あと5kmちょっと踏ん張れば、あとは追い風、それまで耐えようと思いました。


しかし、徐々にペースが落ちていき、折り返しの前の上り坂、そして、突風に完全に足が止まりました。15kmまでの5kmは、25分58秒かかってしまいました。

それでも、折り返して、何とか追い風で挽回しようとしますが、17kmで突然、右膝に激しい痛みを感じます。つくばマラソンの時に同じ場所、とても不安になりました。
一旦、立ち止まって、再び走り出します。ペースを上げなければ、痛みはそれほど感じないので、キロ6分ペースに落として、走ることにしました。



ラストスパートしたいのに、できないもどかしさ、なかなか思うような走りができず、モヤモヤ感を残しながら、1時間51分でフィニッシュしました。


本当に怪我で痛いのか、気持ちの問題か、色々と課題を残しながら、次週のフルマラソンを迎えることになりそうです。



レース後は、福岡国際マラソンを見たかったので、記録証と参加賞を頂いたら、すぐに家路に戻りました。


途中、ラジオでは聞いていましたが、家に到着した時(中間点付近)には、世界記録保持者のキメット選手も、川内選手も先頭集団にいないという波乱の展開になっていました。

2015福岡国際マラソン 結果 (全完走者) http://bit.ly/1NP28Xd
2015福岡国際マラソン 結果(ラップタイム)リオ五輪代表争いの行方 http://bit.ly/1LWm3vB


LAP TIME
  0-  5km 23:47 (4:45.4/km)
  5-10km 24:57 (4:59.3/km)
10-15km 25:58 (5:11.6/km)
15-20km 29:22 (5:52.3/km)
20-Finish 06:56 (6:19.0/km)
  
ネットタイム 1:51:00 (5:15.7/km)
グロスタイム 1:51:08

参加賞:Tシャツ、水

男子結果 (陸連登録、一般:共通)
1 狩野 良太 (ミウラスポーツクラブ) 1:12:09 (3:25.2/km)
2 細谷 祐二       1:12:33 (3:26.3/km)
3 庄子 将 (東京陸協) 1:12:40 (3:26.7/km)
4 坂本 貴亮 (坂本塾)  1:12:57 (3:27.5/km)
5 内藤 聖貴 (東京陸協) 1:13:01 (3:27.7/km)
6 野村 洋介 (風来坊RC) 1:13:27 (3:28.9/km)
7 田村 拓実 (板橋陸協) 1:14:03 (3:30.6/km)
8 戸田 昂 (ラフィネ)  1:14:17 (3:31.3/km)
9 渡辺 正博 (白岡RC) 1:14:25 (3:31.6/km)
10 田中 真一 (埼玉陸協) 1:14:46 (3:32.6/km)

女子結果 (陸連登録、一般:共通)
1 鈴木 莉紗 (アートスポーツ) 1:19:06 (3:45.0/km)
2 石橋 早希江 (熊谷市陸協) 1:19:52 (3:47.1/km)
3 橋本 美加 (鹿角陸協)  1:20:45 (3:49.6/km)
4 里中 志帆     1:21:47 (3:52.6/km)
5 加藤 美紀 (東京陸協)  1:22:38 (3:55.0/km)
6 松本 久昌     1:23:37 (3:57.8/km)
7 新城 かおり (東京陸協) 1:27:00 (4:07.4/km)
8 香取 玲子 (ハートブレイク) 1:28:33 (4:11.8/km)
9 田村 瑠紗 (東京陸協)  1:28:34 (4:11.9/km)
10 松田 由子 (アトミクラブ) 1:28:59 (4:13.1/km)


2016年、2017年東京マラソン 提携大会 Run as ONE 国内準エリート
http://www.marathon.tokyo/info/run-as-one/domestic/


動画

0 件のコメント:

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)