2008年8月21日木曜日

北海道マラソンまであと10日




連日、五輪観戦に熱中して更新が遅くなりました。

女子マラソンは、残念な結果でしたが仕方ないですね。マスコミは補欠の確保云々言われていますが、五輪で走れるか分からないのに追い込み練習を続けろというのはランナーにとって酷な話です。
それにしても代表選考がもめた方が結果がいいという皮肉なものです。

さて、北海道マラソンが近づいてきました。
奥武蔵ウルトラマラソン終了後は、しばらく走るのは休んでいましたが、先週末から走り始めました。16日(土)は、川崎の走遊会の夫婦宅で練習会兼バーベキュー兼花火大会見物がありました。

真夏の多摩川は、さえぎるものもなく、暑さは厳しくきつかったですが、いい練習になりました。しかしこの気温では絶対にフル完走できないので、当日は涼しくなってくれることを祈るばかりです。

当日は、大気の状態が不安定で、局地的に大雨が降る中、この場所だけは終日、雨を回避することができ、バーベキューと花火を楽しむことができました。

ただ近くで竜巻も発生していて、結構危険なバーベキューでした。

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)