2014年5月15日木曜日

セイコーゴールデングランプリ陸上2014東京 観戦

2014年5月11日

現在の国立競技場での最後の陸上大会、ゴールデングランプリ陸上を見てきました。

緑の芝、楕円系のスタジアム、まもなく見納めです。

 
当日の天気は、暑く、100m、200mは向かい風気味で、必ずしも記録の狙いやすい天候ではなかったのですが、好記録が連発して盛り上がりました。

特に男子800mは、川元奨選手が日本記録を更新しました。同じ日本大学の保坂選手が500mまで引っ張り、その後は川元選手がスパートして、最後まで抜かれることなく1位でゴール。中距離種目は、なかなか日本人が上位に入ることがないのですが、見事な連携プレーでした。

【日本新記録】男子800m 川元奨選手 (動画)

女子4×100mリレーは、福島選手が欠場しましたが、第1回世界リレー選手権の出場標準記録の43秒80を破り、出場を決めました。

【日本:世界リレー出場決定】 女子4×100mリレー

そして、男子走り高跳びは、日本勢も健闘しましたが、ボンダレンコ選手が2m40をクリア、世界記録の2m46は失敗しましたが、超人的な飛躍に興奮しました。
ボンダレンコ(ウクライナ)2m40跳躍 (男子走高跳)

大会終了後は、セレモニーが行われ、一般の方もトラックに入ることができ、いたるところで記念撮影が行われていました。



セイコーゴールデングランプリ陸上2014東京
http://goldengrandprix-japan.com/

0 件のコメント:

Buy me a coffee

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間01分39秒 エリウド・キプチョゲ(ケニア) 2018年9月 ベルリンマラソン (2分53秒/km)

◆男子日本記録 2時間04分56秒 鈴木 健吾 2021年2月 びわ湖毎日マラソン(2分57秒7/km)

◆女子世界記録 2時間14分04秒 ブリジッド・コスゲイ (ケニア) 2019年10月 シカゴマラソン (3分11秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間09分14秒 風見 尚 (日本)  2018年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分42秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 57分32秒 キビウォット・カンディエ(ケニア) 2020年12月(スペイン・バレンシア)(2分43秒6/km)
◆男子日本記録 1時間00分00秒 小椋 裕介 2020年2月(香川丸亀国際ハーフ)(2分50秒6/km)
◆女子世界記録 1時間04分02秒 ルース・チェプンゲティッチ(ケニア)2021年4月トルコ・イスタンブールハーフマラソン (3:02.1/km)
◆女子日本記録 1時間06分38秒 新谷仁美 2020年1月 米国・ヒューストンハーフマラソン (3:09.5/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)