2015年10月31日土曜日

2015四万十川ウルトラマラソン (その2)

四万十川ウルトラマラソンつづきです。

2015年10月18日(日)午前5時30分 まだ、夜が明けないうちに
100kmの部 1648人のランナーがスタートしました。


 暗闇の中、スタートするのは、過去には、お台場ナイトマラソン、葛西臨海公園ナイトマラソンなどありますが、100kmでは初めて、沿道ではライトでコースを照らしていますが、転倒しないように、気をつけながら、走り始めました。


徐々に空が白み始めて、山の稜線がみえてきました。


早朝で気温も低くも、高くもなく、走りやすいコンディション。
日中は、かなり暑くなる予報があったので、走りやすいうちに、やや速めのペースで走って行きました。


5km地点を32分で通過。キロ6分を切るペースで走っている感覚だったので、思ったより遅く、やはり、調子はあまり良くない感じです。


左側に見える川は、まだ四万十川ではなく、内川で、
その川沿いにコースは県道332号線を上って行きます。


前半は、車の通行もなく、走りやすいコースになっています。


緩やかな上り坂、徐々に道が狭くなりはじめて、10km通過。この5kmは30分台で、いいペースになってきました。


段々と長閑な風景になり、時折、集落を通過して、住民の方から温かい声援を受けて、進んで行きます。



景色に癒されながら、よいペースになり、15km通過。この5kmも31分台。上りが多いの中では、まずまずです。


ここから20キロ過ぎまでは、このコース最大の上り坂、数百メートル上ります。


ここは、歩くかなと思ったのですが、前半ということ、思ったほど坂が急ではなかったということもあり、歩かず走ることができました。


20キロ地点は、2時間10分で通過。この5kmは37分。
12時間を切るペースできています。


21キロ山の頂上に到達。ここのエイドでは、時間に余裕が出た分、バナナ、パン等しっかり補給して、この後に備えました。

コースは、四万十市から四万十町に入りました。
しばらくは、下り坂が続きます。


速く行きたい気持ちを抑えて、足に負担がかからないように、下って行きます。



 25kmを通過して、徐々に日差しが出てきましたが、森の中なので、暑さは感じず、気持ちよく走ることができています。


30kmを通過。3時間20分。この5kmを32分。序盤の3分の1は、無難に通過できましたが、日陰から日なたが増え始めて、そろそろ暑さが気になるようになってきました。

山の緑、空の青、最高の景色が続き、そして、コース右側には四万十川が見えてきました。

35kmまでの5kmも31分台で、良いペースを維持して、36.6kmの第1関門を通過。
四万十川を渡ります。


橋の上では、多くの方が応援していて、疲れ始める時間帯で元気をもらいました。



今までのコースは車の通行がなかったのですが、ここからしばらくは車の通行を気にしながら走ることになります。

四万十川は、土佐乃国横断遠足でもコースになっていますが、下流側で、そこより上流を走る四万十川ウルトラマラソンは、より自然を感じます。



トンネルを潜り、橋を渡ると、40km地点通過。4時間25分。この5kmは34分。
ここまでは、順調なタイムです。

時刻は10時、四万十川の対岸では、60kmの部がスタートする様子がみることができました。


しばらくして、60kmの部と合流して、ランナーが密集してきました。


42.195km地点を4時間40分。2週間前の別海町パイロットマラソンと、20分ほど遅いだけ、自己記録ペースで通過しました。


 しかし、60kmの部のランナーと合流して、どんどん抜かれはじめ、よかった走りのリズムが悪くなってきました。

45kmまでの5kmは、35分を越えました。
そして、日向が多くなり、お昼近くになる、気温もみるみるうちに上昇してきました。


 エイドでは、水をかけてもらい、体温が上がらないように心がけますが、まだまだ暑くなりそうです。


そんな中、中間点、50km地点通過。5時間37分。
12時間切りの自己ベストを狙うには、いいタイムですが、後半、暑さに負けず走りきれるかがポイントとなってきました。


その3へつづく

0 件のコメント:

Buy me a coffee

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間01分39秒 エリウド・キプチョゲ(ケニア) 2018年9月 ベルリンマラソン (2分53秒/km)

◆男子日本記録 2時間04分56秒 鈴木 健吾 2021年2月 びわ湖毎日マラソン(2分57秒7/km)

◆女子世界記録 2時間14分04秒 ブリジッド・コスゲイ (ケニア) 2019年10月 シカゴマラソン (3分11秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間09分14秒 風見 尚 (日本)  2018年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分42秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 57分32秒 キビウォット・カンディエ(ケニア) 2020年12月(スペイン・バレンシア)(2分43秒6/km)
◆男子日本記録 1時間00分00秒 小椋 裕介 2020年2月(香川丸亀国際ハーフ)(2分50秒6/km)
◆女子世界記録 1時間04分02秒 ルース・チェプンゲティッチ(ケニア)2021年4月トルコ・イスタンブールハーフマラソン (3:02.1/km)
◆女子日本記録 1時間06分38秒 新谷仁美 2020年1月 米国・ヒューストンハーフマラソン (3:09.5/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)