2015年5月4日月曜日

2015横浜駅伝

2015年4月29日 横浜駅伝 
7区間42.195㎞ (10km-3km-5km-8km-3km-5km-8.195km) 4区8km

ゴールデンウィーク前半、毎年恒例の横浜駅伝に参加しました。


3月の横浜マラソンは、みなとみらい地区がメイン会場でしたが、横浜駅伝は鶴見川沿いのランニングコース、海は見えません。
東横線の綱島駅は、毎年ランナーで賑わいます。

今年も、日差しが強く暑い中、行われました。


仮装するランナーも目立ちますが、ガチで走る人も多く、特に1区10kmには、元実業団ランナー、箱根駅伝ランナーなど、かなりの有力ランナーが集まって、トップは30分台で、高校駅伝並みのハイレベルなレースが展開されます。



今回の担当は、久しぶりの4区8km。
5kmだと勢いでなんとかいける距離、10kmだとペース配分を考えて慎重に走る距離
8kmはその中間で、ある程度速いペースでいきたいのですが、勢いだけで何とかならない距離で、苦手意識のある距離です。

おまけに、この4月は不調で、速く走れる感じがしない状態の中、36分台を目標に走ることにしました。

最初の1キロは思ったより軽く、4分20秒で通過。前の女性ランナーのペースも4分20秒ちょっとなので、ついて走れれば、それなりのタイムで走れると思い、必死についていきますが、2キロを過ぎて、ついていけずに離れてしまいました。

その後は、キロ4分50秒以上のペースに落ち込んでしまい、なかなか上がってきません。普段のハーフマラソンのペースでもきつく感じ、維持できません。

折り返して、後半、若干ペースを上げますが、上がりきらず、果てしなく8キロが長く感じてしまいました。

最後の1キロは多少挽回しましたが、37分55秒かかって、襷リレー。
不調期から抜け出せず、残念な結果でした。

それでも、レースが終わって、会場内での打ち上げ、ビールはやっぱり美味しいものでした。

1区タスキリレー(動画)

1km毎のLAP TIME 
4:20 - 4:30 - 4:53 - 4:54
4:57 - 4:48 - 4:53 - 4:41
4区8km 37分55秒

参加賞:タオル

2014横浜駅伝 6区5km
2013横浜駅伝 6区5km
2012横浜駅伝 1区10km
2010横浜駅伝 6区5km
2009横浜駅伝 4区8km
2008横浜駅伝 6区5km
2006横浜駅伝  4区8km
2005 横浜駅伝 4区8km



0 件のコメント:

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)