2009年10月26日月曜日

2009東京スポーツ祭典陸上

2009年10月24日(土)

東京スポーツ祭典陸上

土曜日は、国立競技場で行われた陸上大会5000mに参加しました。

陸上大会なので、長距離以外にも短距離ややり投げなどフィールド競技があり、誰でも参加できる大会です。ただ普段のマラソン大会とは違って、どことなく緊張感が漂っていました。
当然レベルの差が大きく100mを見ていると、走る服装で順位が予想できました。(露出度が高い人が速かったです。)

5000mは3組あり、タイムの遅い順に組まれていますので、当然1組目のスタート、レースは22分で打ち切られるため、自己ベスト21分37秒なので、とにかく完走、そして、最下位も避けたいなと思い、スタート地点に向かいました。

本格的なトラック競技なので、胸と背中に加えて、右腰にもゼッケンを初めてつけました。第1組はもう少し自分と同じぐらいの人がいるだろうと思ったのですが、参加者は高校の陸上部や見るからに速そうな人ばかりで、大変なところに来てしまったなと感じました。

そして、インコースとアウトコースに分かれて整列して、5000mがスタートしました。案の定、スタートから最下位へ、しかし、あまりペースを上げ過ぎると、つぶれそうな気がして我慢して走ります。

30~40mぐらい後方の集団から離れて、1000m通過、4分10秒を切っていました。最下位ですが、オーバーペース気味でした。しかし、このあたりから、前の2人の集団に徐々に近づいてきました。そして、1600mあたりで集団に追いつきました。何とかこの集団に離れずに粘ろうと思っていたところ2000m過ぎたあたりで、一人が遅れだしました。これで最下位脱出、ちょっとほっとしました。ただこの集団より前とはかなり離されたので、何とか最下位から3番目で終わりたいと思って、しばらく後ろについて走りました。

しかし、3400mぐらいで徐々に離されて、ついていけません。ペースもキロ4分20秒ぐらいになってしまい22分も危なくなってきました。その間、多くのランナーから周回遅れになってしまい悔しい気分になりました。もがきながらラスト1周を20分ちょっとで通過し、何とか打ち切られずにすみそうです。へろへろになりながら、最後の1周をしブービーでゴール。

タイムを見たら21分39秒、自己記録より2秒足りませんでした。自己記録はペースメーカーの方について走ったタイムなので、今回はオーバーペースから粘ったといえるけど、最後の1周はもうちょっと早く走れたのではないかと、ちょっと悔しさが残りました。

その後行われた壮年の部5000mをスタンドから見学したのですが、自分と同じくらいのタイムで走っている人があまりにも遅く感じ、自分の走りがこう見られていたかと思うとちょっとショックでした。

ウルトラマラソンやフルマラソンに走りに慣れてしまって、スピード不足が解消されません。もう少し、短い距離を強化しなければと思いました。

















0 件のコメント:

Buy me a coffee

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間01分39秒 エリウド・キプチョゲ(ケニア) 2018年9月 ベルリンマラソン (2分53秒/km)

◆男子日本記録 2時間04分56秒 鈴木 健吾 2021年2月 びわ湖毎日マラソン(2分57秒7/km)

◆女子世界記録 2時間14分04秒 ブリジッド・コスゲイ (ケニア) 2019年10月 シカゴマラソン (3分11秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間09分14秒 風見 尚 (日本)  2018年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分42秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 57分32秒 キビウォット・カンディエ(ケニア) 2020年12月(スペイン・バレンシア)(2分43秒6/km)
◆男子日本記録 1時間00分00秒 小椋 裕介 2020年2月(香川丸亀国際ハーフ)(2分50秒6/km)
◆女子世界記録 1時間04分02秒 ルース・チェプンゲティッチ(ケニア)2021年4月トルコ・イスタンブールハーフマラソン (3:02.1/km)
◆女子日本記録 1時間06分38秒 新谷仁美 2020年1月 米国・ヒューストンハーフマラソン (3:09.5/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)