2012年9月26日水曜日

2012信越五岳トレイルランニングレース(その7・完)


つづき、これが最終回です。
2012年9月17日(月)


21時間43分で完走後、豚汁とおにぎりのサービスがあり、それを頂いて、すぐに、飯綱高原から、今夜?というか今朝の宿、閉会式会場のある妙高高原行きのバスの乗車待ちの列に並びました。並んでいるほとんどの人が制限時間ぎりぎりまで走ってきたので、疲労困憊で眠りに入る人多数でした。午前4時半にバスが来て、妙高高原へ、眠りから覚めると、すでに夜が明けていました。

午前5時半にチェックイン、着替え、お風呂を済ませ、6時過ぎに就寝、8時起床、朝食、午前9時50分にはチェックアウトして、旅館の車で、表彰式会場の妙高ふれあいパークへ向かいました。

この2日での睡眠時間は、合わせても5時間いくかいかないかで、体はかなり疲れているはずですが、完走したせいか、その疲れもなく意外と元気でした。

激走のランナーが集まっての10時半過ぎから表彰式が食事つきで賑やかに行われました。20時間前半までにゴールできていれば、木製の完走賞をその場で頂けたのですが、制限時間ぎりぎりのゴールだったので、残念ながら後日発送となりました。それでも、昨日のビデオ上映や写真掲載があり、昨日の暑かったレースについて、振り返りで盛り上がりました。



表彰式が終わり、送迎バスで長野駅へ、そのまま、安曇野の実家に寄って、一泊、ゆっくり睡眠をとって、火曜日に東京に戻りました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで、初めての山の110キロの挑戦が終わりました。

ウルトラマラソンと似ているようで、全く違って、かなり苦労しましたが、
前半から積極的に走って、暑くて厳しいところも踏ん張れたので、終始制限時間をあまり気にせず走れました。後半の険しい山のセクションも、貯金を使ってなんとか耐え抜いて、最後は眠ってしまったら、危なかったですが、過去4回で完走率が最も低い68.9%でしたが、無事完走することができました。

弱気にならず、完走することだけを考えて走れたのですが、集中力は20時間半までしか持たず、最後の1時間ちょっとは、緊張の糸がほどけたのか、よれよれでした。
それでも、約22時間中でしっかり食べることができたということも大きかったと思います。暑い中でも食欲はありました。暑さにも耐えられました。

ペーサーはいると、いないとでは、大きな違いがあると思いました。特に初参加の人は、ペーサーと一緒に走るとナイトトレイルは全然違ってくると思います。その分、タイムが後半伸びませんでした。

110キロ完走したことで、来年のUTMFの出場権をゲットすることになりました。
レース中は、信越より長くて険しいUTMFなんて、絶対に無理と思っていましたが、気になってUTMFのホームページをしばしばチェックしてしまう日々。ただ、山の経験をもっと積まないと危険なので、じっくり考えて決断したいと思います。

最後に地元の皆さん、大会事務局の皆さん、ボランティアの皆さん、長時間、不眠不休で大会を支えて頂いてありがとうございました。

選手の皆さんもお疲れ様でした。


ウルトラトレイル・マウントフジ

信越五岳トレイルランニングレース

LAP TIME

10km 1:09:57
20km 2:44:28 (1:34:31)
30km 4:42:14 (1:57:46)
40km 6:23:52 (1:41:38)
50km 8:10:38 (1:46:46)
60km 10:14:17 (2:03:39)
70km 12:31:11 (2:16:54)
80km 14:43:59 (2:12:48)
90km 16:52:55 (2:08:56)
100km 19:59:49 (3:06:54)
110km 21:43:32 (1:43:43)

1A 2:12:22 斑尾山菅川登山口(18.5km地点)
2A 3:20:13 斑尾高原レストランバンフ(23.9km地点)
3A 5:52:56 妙高高原兼俣(38.5km地点)
4A 8:22:45 黒姫高原第2駐車場(51.5km地点) 関門10:00:00
5A 11:31:50 笹ヶ峰高原乙見湖(66.6km地点) 関門12:30:00
6A 14:58:51 大橋(81.0km地点)
7A 16:12:30 鏡池(87.0km地点)
8A 17:20:46 戸隠スキー場ゲストハウス岩戸(92.3km地点) 関門18:30:00
102.3km 20:24:15

完走率:68.9%
(2011年74.1%、2010年70.8%、2009年76.6%)

参加賞:Tシャツ、テーピング類

ハイライト動画
(大会公式)
(筆者撮影)

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)