2017年3月4日土曜日

2017東京マラソン(その2:レース編1)

続きです

2017年2月26日(日)東京マラソン (フルマラソン)

自宅から見える 電車で10分の 東京都庁の近くて遠いスタートライン
5年ぶりに立つことができます。

午前5時前に起床。
手荷物預かりのボランティアで東京マラソンに参加する時は、もっと集合時間が早かったので、例年よりは遅めです。

食事・トイレを済ませ、走る格好・準備をして、上着を着ました。
ペットボトル飲料のスタート地点の持ち込みは禁止、手荷物預かりの荷物の袋も小さめなので、いつもより荷物を少なめにして、午前7時前に家を出ました。


平日と比べてガラガラの電車で、7時10分頃、新宿駅に到着。
都庁方面に歩いて向かいました。


セキュリティゲートには、やはり長い列が出来ていました。
5年前は、ナンバーカードチェック程度でしたが、今年は、手荷物検査、金属探知機の他、セキュリティリストバンドのチェックが導入されました。
(※セキュリティリストバンドによって、替え玉出走者の防止効果が一番あると思います。)


5分ほど待って、セキュリティバンド・ナンバーカードチェックを通過。



少し歩いて、手荷物検査、金属探知機のゲートもすんなり通過しました。


 時刻は、午前7時半。会場の全体のレイアウトをチェック。
トイレはどこも行列ですが、新宿中央公園前の小用トイレは、ガラガラだったので利用しました。



その後、新宿都庁の都議会議事堂前のミールサービスに向かいました。



ここで、水分を補給するとともに、ゼリー・トマト・バナナ・サプリメントを頂きました。


都庁の地下で食物を補給して、走る格好になり、ビニールを被り、荷物をまとめました。



 もう一度、トイレに寄ってから、8時10分に荷物を預けました。




8時15分には、スタートブロックに入りました。


Dブロック、意外と幅が狭かったので、そんなに急いで並ばなくてもよかったかなと思いつつ、まだガラガラだったので、体を動かしたり、写真を撮影したりして、スタートまでの時間をつぶしていました。



 気温は、例年より高めですが、待っている位置は、日陰だったため、時折吹くビル風が冷たく、徐々に冷えてきました。


徐々にスタート位置が混雑して、8時40分過ぎからか開会セレモニーが始まりました。
小池百合子東京都知事の挨拶、国歌斉唱などがあり、午前9時5分に車イスマラソンがスタートしました。


被っていたビニールを背中のポケットに入れて、スタートに備えますが、
この辺りで、かなりトイレに行きたくなってしまいました。

フルマラソンでは、5年前の東京マラソンの時以来、レース中にトイレに寄ったことはないので、スタートして、気温が上がって、汗をかけば我慢できると思って、スタートを待ちました。


午前9時10分、小池都知事の号砲で、新コースの東京マラソンがスタートしました。
(5年前は、石原都知事がスターターだったので、時代の流れを感じます。)


マーティ・フリードマンさんのギターの「天城越え」でスタートラインを2分43秒後に通過しました。


今回の目標は、前回の2012年、大失速で達成できなかったサブ4が目標です。
できれば、グロスタイムで余裕を持って達成したいので、ネットタイム3時間55分を目指して、この2ヶ月は嫌いな練習をしてきました(笑)。


最初の5kmの下りは、オーバーペースにならないことを気をつけながら、落ち着いて走り出しました。


新宿モード学園のコクーンタワーを通過して、新宿駅へ。
GPS時計の反応がおかしく、1km地点の表示のかなり手前でアラームが鳴りました。
しかしその時は、自分のペースが速いと勘違いして、少しペースを抑えました。


新宿駅のガード下をくぐって、歌舞伎町に。
(5年前は、小用を足す男性が数多くいましたが、今回は見かけませんでした。そういえば、スタート地点も警備が厳しくなったためか見かけませんでした。)



大都会の道路のど真ん中を走る、気持ち良さを感じます。


沿道からの声援が大きいのですが、スタート地点の時からそうでしたが、ランナーは、あまり会話が聞こえてきません。

本気モードで走っている人が多いということと、抽選倍率が高く、単身で参加している人が多いからだと思います。


トイレの看板も気になりながら、徐々に体が温まってきてペースが上がってきます。


キロ5分20秒ペースほどに落ち着いて、コースは市ヶ谷へ、外堀通りに入りました。


ビルの日陰がなくなり、日向になり、ようやくトイレがあまり気にならなくなりました。

飯田橋の5km地点通過。この5kmは27分29秒。思ったより時間がかかりましたが、オーバーペースを注意していたので、このタイムはむしろよかったです。


飯田橋で右折して、中央線・総武線のガードを潜ります。駅のホームからも応援してくれています。


ようやくペースを掴んで、いよいよここから新コースに入ります。


その3へ続く

2017東京マラソン スタート前 小池都知事挨拶 スタート https://youtu.be/XvfCycvj5SU 

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)