2012年9月22日土曜日

2012信越五岳トレイルランニングレース(その2)

2012年9月16日 午前5時30分

110kmの長い長いレースがスタートしました。



110kmなのに、スタートから速いペースで集団が走っていることに、戸惑いつつも、長丁場、焦らず自分のペースを乱さずに走りました。














一旦、コースは、スタート地点付近に戻り、ボランティア、ペーサー、応援の方が道の両脇から再び大声援で見送られます。




本当に長い旅路が始まりました。

コースは斑尾⇒妙高 ⇒ 黒姫 ⇒ 戸隠⇒飯縄 の順に走りますが、今振り返ると、斑尾エリアが一番走りやすいゾーンで、心地よいアップダウンが続き、早朝の木洩れ日の中を気持ちよく走っていきました。



※オフィシャルホームページより http://www.sfmt100.com/cousemap/cousemap.pdf





10kmは、1時間10分で通過。単純計算で、10km2時間ペースでいけば、制限時間の22時間で間に合うので、キロ7分ペースは、思ったよりも早かったですが、昼になると、暑さであまりペースを上げて走れないことを考えると、これでよいと思いました。






その後も、順調の非舗装の道を走って、野尻湖を見下ろしながら、スタート2時間12分で18.5kmの第1エイド(1A)に到着しました。ウルトラマラソンはエイドが5キロ感覚なので、エイドの感覚が長いのは、耐えられるかなと思ったのですが、ハイドレーションも装備していたし、まだ序盤ということもあり、問題なく通過できました。





1Aが終了すると、道は登山道へ、斑尾山頂を目指します。今まではほぼ走ってきましたが、ここから、完全に歩かないと登れない道になりました。苦手な登りも、列に遅れず、時には抜かしながら、登っていきます。

ただ、登っていくと心拍数が上がって、呼吸が苦しくなってきます。何とか耐えて20km地点を通過、この10kmも1時間34分、上り坂が続く中で、順調に貯金を作っていきます。



ほどなくして、斑尾山頂へ、雄大な景色にほっとしますが、まだゴールまで90キロ近い道のり、先は遠いです。



その後、急な下り、足への負担を気にしつつも、ブレーキをかけすぎないように下っていきました。



下りきったところで、23.9kmの第2エイド(2A)斑尾高原レストランバンフに到着しました。ここまでの所要時間は3時間20分、残り18時間40分。おそらく、自分の実力よりはペースが早いと思い、ここは少しゆっくりめの休憩、トイレ、ハイドレーションの水の追加、コーラやエイドの食べ物(バナナ、パン、果物、お菓子)を多めに摂って、約15キロの次のエイドまでの体力を蓄えました。




つづく

0 件のコメント:

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分25秒 佐藤 敦之 2007年10月(伊・ウディネ)(2分52秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)