2007年7月12日木曜日

やぶはら高原ハーフマラソン2004

2004年7月18日 ハーフ

大会前日、残業疲れが残る中、電車を乗り継いで藪原駅に到着しました。雨が降り、この時期にしては、驚くほど涼しかったです。 受付のため、送迎バスで現地に向かうと、見渡す限り坂だらけでちょっと不安になりました。

宿は、藪原駅の隣り駅、中山道の宿場「奈良井宿」の民宿なのですが、電車が来ず1時間30分待たされました。
奈良井宿に着いたのは、20時近くになり、民宿の温かい夕食とお風呂で、次の日に備えました。


夜半から断続的に強い雨、朝になってようやく小降りに朝食前に、付近を散歩しました。奈良井宿は、まるで江戸時代にタイムスリップしてしまったような街並みに驚きました。

朝食時、同じくマラソンに参加する夫婦に現地まで車で送って頂けることになり、同乗して現地へ行きました。

小雨で涼しい気候の中スタートしましたが、体のだるさが残っていました。いきなり壁のような坂、なかなかペースがあがらず苦労しました。コースは下りをはさみながら、9kmまではほとんど上り、木曽のダム湖のきれいな風景とは裏腹に、とても厳しいものでした。
後半は、下り中心ですが、たまに上りがあることで、なかなかペースがつかめず、ずるずるペースダウン、ついに、ハーフで久しぶりに、歩いてしまいました。 最後は、意識ももうろうとなりながら、かろうじてゴールへ
2時間16分、前回の洞爺(フル)の中間点のタイムより10分以上遅いタイム これで、暑かったら、どうなっていたか恐ろしかったです。

現地、周辺の環境はすばらしかったですが、コースは、ほとんど平らな所がなく、今まで一番きついコースでした。

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間01分39秒 エリウド・キプチョゲ(ケニア) 2018年9月 ベルリンマラソン (2分53秒/km)

◆男子日本記録 2時間05分50秒 大迫 傑 2018年10月 シカゴマラソン (2分59秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間09分14秒 風見 尚 (日本)  2018年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分42秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分18秒 アブラハム・キプタム(ケニア) 2018年10月(スペイン・バレンシア)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間04分51秒 ジョイシリネ・ジェプコスゲイ (ケニア)2017年10月(バレンシアハーフマラソン・スペイン) (3分04秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)