2007年7月9日月曜日

2005つくばマラソン

2005年11月27日 フル

20歳のとき、初マラソンがつくばマラソン。
マラソン大会は、毎年のこの大会のみ参加していた時期が長く続いていますが、頻繁に練習するようになってからは、初めてのつくばになります。

サブ4が最大の目標ですが、
この大会のベストは、恥ずかしながら初マラソンの時の4時間27分、この記録だけは必ず破らないといけないと思い参加しました。

コースは熟知しており、あとはいかにイーブンペースで走れるかを課題に走りました。

30kmまでは5kmを27分30秒~50秒のラップを刻み順調そのもの、暑さも感じずこのまま楽にゴールできるかと思いました。
しかし、30km過ぎから体に異変が、吐き気、腹痛をもよおし、横を走るランナーからも「大丈夫ですか」と声をかけられるほど、徐々にペースが落ち、「4時間ペースランナー」にも抜かされ、4時間はもうだめと半分あきらめかけていました。

しかし、こんな時に「サブ4いける」という仲間の応援が。これに奮起し、ゴールに向かって気力を振り絞って走りゴールへ、競技場内の時計は4時間を越えていましたが、ネットタイムは、「3時間59分32秒」。かろうじてサブ4達成しました。

グロスタイムで切れなかったのは、北海道マラソンの参加資格を満たさないため、少し残念でしたが、この1年間の目標が達成できほっとしております。周りの人々の支えがあって、この記録が達成できました。

0 件のコメント:

Buy me a coffee

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間01分39秒 エリウド・キプチョゲ(ケニア) 2018年9月 ベルリンマラソン (2分53秒/km)

◆男子日本記録 2時間05分50秒 大迫 傑 2018年10月 シカゴマラソン (2分59秒/km)

◆女子世界記録 2時間14分04秒 ブリジッド・コスゲイ (ケニア) 2019年10月 シカゴマラソン (3分11秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間09分14秒 風見 尚 (日本)  2018年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分42秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分01秒 ジョフリー・カムウォロル(ケニア) 2019年9月(デンマーク・コペンハーゲン)(2分45秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分00秒 小椋 裕介 2020年2月(香川丸亀国際ハーフ)(2分50秒6/km)
◆女子世界記録 1時間04分51秒 ジョイシリネ・ジェプコスゲイ (ケニア)2017年10月(バレンシアハーフマラソン・スペイン) (3分04秒/km)
◆女子日本記録 1時間06分38秒 新谷仁美 2020年1月 米国・ヒューストンハーフマラソン (3:09.5/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)