2013年10月30日水曜日

2013東京スポーツ祭典陸上

2013年10月26日(土) 5000m

東京五輪に向けて、新国立競技場が建設される前、最後になるかもしれない国立競技場でのトラックレースに参加しました。



一般のランナーでも5000m22分以内であれば、参加できる大会で、いつも最下位かブービーか、そんな状態ですがエントリーしました。

しかし、この1カ月は、明らかに例年のようにスピードが上がってこず、絶不調状態。
さらに、この日は台風接近、さらに長野マラソンのエントリー日ということもあり、状況次第では走れないかもしれないので、モチベーションが上がらないまま大会当日を迎えました。

台風は土曜の未明がピークだったようで、雨は降り続いているものの、電車も動いており、予定通り大会は実施されることとなりました。

問題は、午前10時開始の長野マラソンのエントリー。例年であれば2~3時間パソコンの前で待機してようやくできる状況です。システムが改善されてきたとはいえ、お昼すぎの5000mの出走は微妙かなと思いつつ、午前9時40分頃に国立競技場で、まず受付を済ませて、Wifi環境のある大江戸線の国立競技場駅で、午前10時のエントリーを待ちました。

長期戦を覚悟していたのですが、5分足らずで難なくエントリー画面に到達、無事エントリーが完了しました。

スタートまで2時間も余裕が出来てちょっと拍子抜けの感じです。



100mなどのレースを観戦しつつ、雨を凌げる場所で、ジョグをしました。




そして、5000m一般男子1組、ゼッケン番号は、この組の中で一番大きい数字。ということは、申告タイムが一番遅いことを意味しているので、やはり最下位を回避できるかが大きな目標となりました。

なんとか最下位でも最初は集団につくことができれば、後半、粘ることができるので、何とかキロ4分を切らないペースの人についていきたい、そんな考えで、スタートしました。



雨は小粒で走るには、良好なコンディションの中、最初の200mで定位置の最下位スタートながら、前の集団と離れることなく、よい位置取りでした。

自分も含む3人の集団で1000mまで粘ってついていきました。

1000mは、4分2秒、理想的なタイムで通過。

調子が良ければ、このままついていけるのですが、ここからずるずると、集団から離れていってしまいました。

2000mまでは見える位置で粘ったのですが、その後はペースが落ちて、周回遅れになりました。

課題の3000mから4000mも4分38秒と落ちてしまい、21分台も危ない状態になってきました。

22分を越えると競技を中止させられる可能性があり、ドキドキしながら走っていましたが、無事止められることなくラスト1周。

前を行く選手とは半周以上差が開き、1分以上は国立競技場のトラックを1人で独占して走ることに。(そう強がってみました。)

最後の直線はスパートして、かろうじて21分台でゴールしました。

前にちょうどよいペースで走っている人がいただけに、調子が良ければ、20分台を狙えたと思うと少し残念でしたが、最低限の結果でした。

4:02-4:16-4:29-4:38-4:22 
21分47秒

参加賞:タオル




東京ランニングクラブ http://www18.ocn.ne.jp/~tokyo-rc/

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)