2014年4月12日土曜日

平成26年度第1回世田谷陸上競技会 (観戦)

2014年4月5日(土)春季陸上競技大会終了後、駒沢公園から砧公園まで自転車で移動しました。

こちらも、満開の桜の下、お花見客でいっぱいでした。



そして、隣接した世田谷区立大蔵運動公園陸上競技場に向かい、
世田谷陸上競技会を観戦しました。

最近は、大学・実業団の主力選手が数多く参加しています。

メクボ・モグス選手(日清食品グループ)は、ペースメーカーして出場していました。



そして、東洋大学で今年優勝した設楽啓太選手がこの日は、初めてコニカミノルタのユニフォームを着て、ペースメーカーとして走っていました。






カネボウに入った代田選手(中央大学出身)も、この日がデビュー戦で3000mをトップでゴールしました。


3000m 第5組

1着 代田 修平 (カネボウ)  8:14.32
2着 青木  優 (カネボウ)   8:15.11
3着 大橋 秀星 (JR東日本) 8:16.08
4着 川上 遼平 (カネボウ)   8:16.42
5着 門田 浩樹 (カネボウ)  8:20.33
6着 山田 翔太 (千葉陸協)   8:21.15
7着 大西 一輝 (カネボウ)   8:27.72
8着 淺利宗一郎 (神奈川大学)  8:29.18
9着 清水 大輔 (カネボウ)   8:34.60
10着 斉藤雄太郎 (CREST)    8:39.50
11着 田代  僚 (神奈川大学)  8:41.21
12着 秋澤 啓尚 (神奈川大学)  8:42.77
13着 高良綾太郎 (東京農業大学)  8:43.75
14着 丸山翔太郎 (東京農業大学)  8:54.66
15着 矢口 寛大 (東京農業大学)  9:09.78

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

Books

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)