2013年4月11日木曜日

2013さが桜マラソン (その2)

さが桜マラソンつづきです。

2013年4月7日 午前9時 スタート

東京マラソンのような紙吹雪ほど盛大ではないですが、

桜の紙吹雪が舞い、スタート地点には、三分咲きの桜の苗木で、

散ってしまった桜の代わりに、大会を盛り上げてくれました。


年度末は、繁忙期だったため、3月の篠山マラソン以来、まともに走っておらず、ぶっつけ本番でのフルマラソンです。

ただ疲労の蓄積は、例年よりはないので、できれば今回もサブ4での完走が目標です。 


最初は、市内の中心部のコース、沿道にはたくさんの人が応援してくれています。

道幅も広く、気持ちよく走っているのですが、1キロのタイムを見ると、5分半を越えており、自分の感覚よりもペースが遅いので、やはり今回は厳しいレースになりそうだと感じました。


 

佐賀駅前のJRの高架をくぐって、佐賀県庁、佐賀城跡のエリアに入ると、緑が増えてきました。


 
 

桜が散ってしまったのは残念ですが、気持ちよく走れる道でした。



5キロ地点は27分17秒、やはりいつもより2分近く遅いペースでした。
この時点でファンランモードに切り替えて走ることにしました。



コースは、再び、スタート地点に戻る道になり、後続のランナーとすれ違います。仮装ランナーもちらほら見かけました。



9キロあたりで、10キロの部のランナーと分かれて、スタート地点を通過、また沿道から大声援を受けました。



10キロは26分56秒、少しペースが上がりました。 10キロ過ぎに、初めて坂らしい坂を越えると、コースは、都市部から一転、一面麦畑が広がるエリアに変わりました。

  

さすが、佐賀平野、雄大です。風も背中から強く吹いて、気持ちよく快適です。 小粒の雨が降りはじめましたが、心地よく感じます。














15キロは、26分40秒、気持ちよくてペースを上げたつもりが、思ったほど上がっていませんでした。やはり、いつもの調子ではないようです。

 


 このあたりでも、住民の方の熱烈の声援や、私設エイドもありました。 さらに、「まもなくエッフェル塔」の看板があり、何のことが気になります。 そして、エッフェル塔が見えてきました。思ったよりもしっかりした作り、地元の自動車工場の方が作られたそうです。

 


コースは桜並木に入り、ピンクの色がなくなりかけた木に、少し残念に思いながら、20キロ地点を通過しました。27分18秒、ここのラップタイムは、いつもより遅いのですが、すでに余裕があまりなくなってきてしまいました。




中間点は、1時間54分でしたが、この時点で、サブ4はかなり厳しいと感じていました。
さらに、今までは追い風でしたが、後半は向かい風、かなり不安になってきました。

コースは、この大会のメインの1つである吉野ヶ里歴史公園内に入りました。
普段は、有料の園内が、ランナーのために開放してくれています。

今までと雰囲気が変わり、リフレッシュした気持ちになります。
コース幅が狭くなり、両脇から声援を受け、もう一踏ん張りできそうな気持になりました。




公園内のエイドでは、神埼ソーメンと、いちご(さがほのか)のエイドがあり、ゆっくり味わって食べました。


















残り18キロ、ここからが勝負どころになります。

つづく

0 件のコメント:

Buy me a coffee

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間01分39秒 エリウド・キプチョゲ(ケニア) 2018年9月 ベルリンマラソン (2分53秒/km)

◆男子日本記録 2時間04分56秒 鈴木 健吾 2021年2月 びわ湖毎日マラソン(2分57秒7/km)

◆女子世界記録 2時間14分04秒 ブリジッド・コスゲイ (ケニア) 2019年10月 シカゴマラソン (3分11秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間09分14秒 風見 尚 (日本)  2018年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分42秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 57分32秒 キビウォット・カンディエ(ケニア) 2020年12月(スペイン・バレンシア)(2分43秒6/km)
◆男子日本記録 1時間00分00秒 小椋 裕介 2020年2月(香川丸亀国際ハーフ)(2分50秒6/km)
◆女子世界記録 1時間04分02秒 ルース・チェプンゲティッチ(ケニア)2021年4月トルコ・イスタンブールハーフマラソン (3:02.1/km)
◆女子日本記録 1時間06分38秒 新谷仁美 2020年1月 米国・ヒューストンハーフマラソン (3:09.5/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)