2017年9月9日土曜日

2017ベルリンの壁一周マラソン(100マイル・ベルリン)(その2)

2017年8月4日〜8月16日 
ロンドンーアムステルダムーベルリン
つづきです

海外ツアー

第6回100マイル・ベルリン ベルリンの壁一周マラソン 161.7km
Der Mauerweglauf / 100MeilenBerlin / The Berlin Wall Race 2016
2017年8月12日-13日

2017年8月12日(土)大会当日

午前3時過ぎ 起床 
3度目にして初めて、目覚し時計で目が覚めました。
(それだけ旅行中、睡眠不足が続いていたとも言えますが)

この日は、午前4時から開いているホテルのバイキングで朝食をとって
走る格好で、途中3箇所に預ける荷物を持ってホテルのロビーへ


昨年は運行していなかったのですが、今年はホテルから無料の送迎バスが出ており、大半の日本選手は午前4時40分発のバスに乗って、スタート会場へ



午前5時前に、スタート会場のフリードリッヒ・ルードウィッヒ・ヤーン・スポーツパークに到着しました。


会場でも朝食サービスがあります。
気温が低かったので、コーヒーを飲んで、温まりました。


途中3箇所に預ける荷物を係の方に渡し、フィニッシュ後の荷物を更衣室内に置いて、日本の参加者の皆さんと記念撮影をしました。


昨年までは、日本から男性しか参加していませんでしたが、今年は日本女性4名が参加されて、華やかな雰囲気です。







日本からの参加者の過去のウルトラマラソンの実績はすごく、ギリシアのスパルタスロン245kmの完走経験者も多く、おそらく自分が、日本ランナーの最後方を走ることになることが容易に想像できました。

さらに、今年は、練習不足、
例年より1週間近く早く欧州に入って、直前の体調管理にも不安があります。

完走できるが不安が残る状態なので、無理せず着実に、ゴールを目指すことにしました。



午前6時、霧雨が降りはじめ、8月とは思えない涼しい気候の中、今年の100マイルがスタートしました。




今年のコースは、北回り・反時計周り。
大雨や工事の影響で若干変更がありましたが、初めて走った2年前と同じルートになります。


最初は、陸上競技場をトラックの一周するのですが、大会前の大雨で、一部トラックが修繕中で、例年よりは少しショートカットして、競技場の外に出ました。


例年よりは空がまだ暗い状態です。


北回りコースは、序盤、住宅街で、観光名所を通る南回りよりも、信号が少なく、スムーズに進みます。


跨線橋を渡ると、例年よりも周りのペースが速く進んでいきます。


序盤はキロ7分ペースを目安に、足に負担をできるだけかけないようにゆっくり走っていきます。



アスファルトから鉄道沿いの土の道に入り、途中、水たまりができていました。


走りやすい気候ですが、これ以上、強い雨が降ると、場所によっては、コースがぬかるんで走りにくくなるため、気になる状況です。



7km過ぎ、第1エイドに到着。これからゴールまで27のエイドがあります。
例年は最初のエイドは水だけですが、今年は飲み物の種類が豊富でした。




まだまだ集団で、時折、日本語で話かけてくれるランナーと交流しながら進んでいきます。



10km地点、今年は、19歳でベルリンの壁で命を落とされた Dorit Schmielさんを偲んで、各ランナー、バラの花を供えました。




街を分断する壁がつい28年前まであったというのは、毎年、訪れて、改めて驚かされます。


ベルリンの壁の跡


北回りコースは、早くも田舎の景色になってきます。


2年前は、強い日差しが当たって暑くなり始めた草原の中も、今年はとても涼しく汗もほとんどかかずに進んでいきます。



12.6kmの第2エイドも順調にキロ7分ペースを守っています。




昨年、一昨年と明るい空の下、走っていたので、今年は少し違った景色に見えます。


18.3kmの第3エイドに到達。ここまで2時間6分。小腹が空きはじめたので、果物を中心に補給しました。




コース上、唯一のマクドナルドを通過、3年目でかなりコースを把握してきました。


20km過ぎて足に疲労がで始める頃ですが、2年前と比べると、明らかに速いペースで走れている実感があります。


雨で濡れた石畳は、滑りやすく、慎重に歩きをいれながら進んでいきます。



23kmの第4エイド、横の東屋に豪華なメニューが並ぶエイド。
2年前、感激した場所です。
今年はここを立ち寄らずに進んでいくランナーが多いようで、人は少なく、独占に近い状態でした。


2年前はかなり、ここで、休んでいる人が多かったので、今年のコンディションの良さがうかがえます。



このあとも、ベルリンの壁の跡に整備された道を進みます。





この辺りから、1時間後にスタートした駅伝の部のランナーに抜かれはじめました。


29.8キロの第5エイドに到達。ここまで、あっという間で、次はもう1つ目のドロップバックポイントです。






雨が幾分、強くなる中、淡々と進んでいきます。



2年前は、記録的猛暑で、かなりこの辺りでバテていましたが、今日はまだまだ元気です。


水辺、ボートの停泊所が見えると、第6エイド(第1ドロップバックポイント)33.9km



今年は、4時間7分。2年前より37分速いペースです。


ここからエイドにビールが登場しました。

ここでは、ペットボトルに事前に買っておいたアプフェルショーレを補充しました。


その3へつづく

海外ツアー

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分11秒 設楽 悠太 2018年2月 東京マラソン (2分59秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間04分51秒 ジョイシリネ・ジェプコスゲイ (ケニア)2017年10月(バレンシアハーフマラソン・スペイン) (3分04秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)