2007年6月28日木曜日

2006横浜駅伝




2006年4月29日 駅伝

鶴見川沿いで行われた7区間42.195kmの駅伝に参加してきました。サークルでは、男子3チーム(スペシャル、年長、年少)、女子1チームの参加で、私は年少組の4区8kmが担当でした。
昨年も4区でしたが、30度近い暑さの中、前半オーバーペースで失速したため、今回は、ゆっくり入ることを心がけました。そして、チーム内の年長組と年少組と激しいデットヒートの中、たすきを受け継ぐことになりました。序盤予定通りゆっくり入り、徐々にスピードアップを心がけましたが、中盤は思うように伸びず、年長組との差は広がるばかり、ラスト1kmはスパートでき昨年より2分ほど速いタイムでのリレーでしたが、この時点で年長組との雌雄が決してしまいました。
最終結果は、スペシャルチームが、見事総合優勝(2時間十数分台)、年長組、年少組は、3時間少々でのゴールでした。
レースの後は、バーベキューが行われましたが、にわか雨で、びしょぬれになりながらになってしまいましたが、楽しむことができました。
駅伝はプレッシャーがかかりますが、面白いですね。

0 件のコメント:

Buy me a coffee

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間01分39秒 エリウド・キプチョゲ(ケニア) 2018年9月 ベルリンマラソン (2分53秒/km)

◆男子日本記録 2時間04分56秒 鈴木 健吾 2021年2月 びわ湖毎日マラソン(2分57秒7/km)

◆女子世界記録 2時間14分04秒 ブリジッド・コスゲイ (ケニア) 2019年10月 シカゴマラソン (3分11秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間09分14秒 風見 尚 (日本)  2018年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分42秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 57分32秒 キビウォット・カンディエ(ケニア) 2020年12月(スペイン・バレンシア)(2分43秒6/km)
◆男子日本記録 1時間00分00秒 小椋 裕介 2020年2月(香川丸亀国際ハーフ)(2分50秒6/km)
◆女子世界記録 1時間04分02秒 ルース・チェプンゲティッチ(ケニア)2021年4月トルコ・イスタンブールハーフマラソン (3:02.1/km)
◆女子日本記録 1時間06分38秒 新谷仁美 2020年1月 米国・ヒューストンハーフマラソン (3:09.5/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)