2007年6月22日金曜日

2006小布施見にマラソン




2006年7月16日 小布施見にマラソン (ハーフマラソン)
http://www.obusemarathon.jp/index.php
三連休、帰省も兼ねて参加してきました。

前日は、湯田中温泉に泊まり、6時3分発の始発電車(大会参加者は無料)に乗り会場に向かいました。小布施まであと二駅のところで事件が起きました。

「車両故障、運転再開の目途が立たない」との車内アナウンス。会場まで走っても間に合わない距離だし、スタートに間に合わなくてもこの大会ハーフで制限時間5時間以上というゆるゆるの大会、慌てても仕方ない。だから、車掌に詰め寄る人もなく、ホーム上でアップする人、記念撮影する人、見知らぬ人たちで談笑も始まりかえって楽しい雰囲気になりました。

40分後、後続電車を連結して無事、運転再開、3000人が参加する大会、スタートは待ってくれないだろうと思ったのですが、スタート地点の小布施駅前には、3000人のランナーが待っていて電車に向かって手を振っています。7時20分のスタート予定を遅らせて頂いたみたいです。

予定より15分遅れてのスタート、この大会は、小布施の違う一面を見てもらいたいとのコンセプトから、楽しく走ることがメインで、工夫をこらした仮装が多く、自分も甚平を着て走りました。

コースは、りんご、ぶどう、くり等の果物畑などが中心で、未舗装の道も走ります。沿道では、楽団やフルート、ギター等の楽しい演奏がいたるところでありました。給水所は、プラム、りんごジュース、さくらんぼ、バナナ、きゅうりのサービスがあり、本当にゆっくり走らないと損とばかり、堪能しました。

2時間半かけて、ゆっくりゴール、ゴールでは、スイカ、トマト、キウイ、バナナが食べ放題、本当に美味しい大会です。特にスイカは何故か富里産で、6月のスイカマラソンに引き続き甘いスイカを味わいました。本当にのどかで楽しい大会でした。

0 件のコメント:

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間02分57秒 デニス・キメット (ケニア) 2014年9月 ベルリンマラソン (2分55秒/km)

◆男子日本記録 2時間06分16秒 高岡 寿成 2002年10月 シカゴマラソン (3分00秒/km)

◆女子世界記録 2時間15分25秒 ポーラ・ラドクリフ (英国) 2003年4月 ロンドンマラソン (3分13秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間13分33秒 砂田 貴裕 (日本)  1998年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分44秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分23秒 ゼルセナイ・タデセ(エリトリア) 2010年3月(ポルトガル・リスボン)(2分46秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分17秒 設楽 悠太 2017年9月(チェコ・ウースチー・ナド・ラベム)(2分51秒/km)
◆女子世界記録 1時間05分06秒ペレス・ジェプチルチル (ケニア)2017年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3分05秒/km)
◆女子日本記録 1時間07分26秒 福士 加代子 2006年2月 香川丸亀国際ハーフマラソン) (3分12秒/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)