2007年6月25日月曜日

長野マラソン2007



2007年4月15日 フル

地元の長野マラソンに参加してきました。
毎年恒例で今年が7回目になります。地元ということで参加回数は多いのですが、ここでは1度も自己ベストを更新したことがなく、実は相性が悪い高いです。

今年こそと思ったのですが、練習に当たる時期は繁忙期、今年は特に多忙で疲労が蓄積しベストの状態とは程遠く、おまけに3日前に風邪の症状、満身創痍で大会を迎えることになってしまいました。

今年は桜が満開の時と重なり、天気も穏やかでいいコンディション、4時間のペースメーカーはI・クリスチャンセン、記録を狙うには最高の舞台が整いました。

しかし、スタート地点に立っても吐き気がして体も重く、苦戦は必至、それでも自己記録ペースで序盤走りました。例年よりも多い声援に後押しされ進んでいきましたが、やはり重い。11km地点で、クリスチャンセンにあっという間に抜き去られてしまいました。このままでは完走も危うい感じで、ペースを落として走りましたが、やはり息が苦しくさらにペースダウン、中間地点でさえ非常に遠く感じました。

後半はひたすら我慢、途中満開の桜にいやされましたが、苦しさは変わらず、歩くようなスピード、それでも歩くのだけは避けようと踏ん張って、ようやく競技場に、4時間20分台でのゴールでした。とりあえず完走できて安堵の気持ちです。ただ兄弟対決では、兄に7分ほど負けてしまいちょっと悔しかったです。

来年こそは、長野で自己ベスト!(職を変えないと駄目かな)

0 件のコメント:

Buy me a coffee

ライザップ イングリッシュ

ライザップイングリッシュ

マラソンの記録

【フルマラソン】

◆男子世界記録 2時間01分39秒 エリウド・キプチョゲ(ケニア) 2018年9月 ベルリンマラソン (2分53秒/km)

◆男子日本記録 2時間05分50秒 大迫 傑 2018年10月 シカゴマラソン (2分59秒/km)

◆女子世界記録 2時間14分04秒 ブリジッド・コスゲイ (ケニア) 2019年10月 シカゴマラソン (3分11秒/km)

◆女子日本記録 2時間19分12秒 野口 みずき 2005年9月 ベルリンマラソン (3分18秒/km)

◆自己記録  3時間37分32秒 2013年12月 青島太平洋マラソン(5分09秒/km)


【100km】

◆男子世界記録 6時間09分14秒 風見 尚 (日本)  2018年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分42秒/km)

◆女子世界記録 6時間33分11秒 安部 友恵 (日本) 2000年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン (3分56秒/km)

◆自己記録 12時間13分41秒  2009年6月 サロマ湖100kmウルトラマラソン(7分20秒/km)

【ハーフマラソン】
◆男子世界記録
 58分01秒 ジョフリー・カムウォロル(ケニア) 2019年9月(デンマーク・コペンハーゲン)(2分45秒/km)
◆男子日本記録 1時間00分00秒 小椋 裕介 2020年2月(香川丸亀国際ハーフ)(2分50秒6/km)
◆女子世界記録 1時間04分31秒 アバベル・イエシャネ(エチオピア)2020年2月(RAKハーフマラソン・UAE) (3:03.5/km)
◆女子日本記録 1時間06分38秒 新谷仁美 2020年1月 米国・ヒューストンハーフマラソン (3:09.5/km)
◆自己記録  1時間37分12秒 2013年11月 江東シーサイドマラソン(4分36秒/km)